TPS

磁力で高精度にピントを合わせる広角レンズ「ライカ アポ・ズミクロン SL f2/28mm ASPH.」

ライカカメラ社は、ライカLマウントの広角レンズ「ライカ アポ・ズミクロン SL f2/28mm ASPH.」を2021年2月27日に発売する。35mm / 50mm / 75mm / 90mmの焦点距離をラインナップする「アポ・ズミクロン SL」シリーズに、本格的な広角レンズが加わることになる。価格は600,000円 (税別)。

ライカ アポ・ズミクロン SL f2/28mm ASPH.

■光学性能

レンズ構成は10群13枚で、そのうち3枚に両面非球面レンズを採用する。肌の自然な階調表現、シャープな部分からのなめらかなボケ効果、細部まで高コントラストで周辺部まで歪曲収差がないくっきりシャープな画質という、ライカレンズならではの描写を実現した。絞り開放時にも優れた描写性能を発揮する。

ライカ アポ・ズミクロン SL f2/28mm ASPH.

■アポクロマート補正

さらに、焦点距離28mmのレンズでアポクロマート補正を施していることも大きな特徴の一つ。光学系を構成するレンズ群の大部分に異常部分分散特性を持った高品質な特殊ガラスを採用し、色収差をほぼ認識できないレベルにまで低減する。精巧な構造のレンズには、ライカの革新的な製造技術が注ぎ込まれている。

■フォーカス性能

オートフォーカス機構には、DSD (Dual Syncro Drive = デュアル シンクロ ドライブ) を採用した、高性能で耐久性に優れたステッピングモーターを搭載。これにより、約0.25秒の高速オートフォーカスを実現する。

マニュアルフォーカスを行うためのフォーカスリングは、磁極を反転させることができるリング状の磁石を搭載した独特の構造と仕組みを採用する。フォーカスリングを回すと、この磁石の磁極が反転し、それをセンサーが検知してその情報をメインプロセッサーに伝達、その情報からフォーカスリングの回転量と速度に基づいてピントの位置を調節する仕組みだ。これにより、非常に高速かつ高精度なマニュアルフォーカスが可能となっている。

■軽量化と堅牢性

精度の高い製造方法と計測技術を採用し、コンパクト化と大幅な軽量化、描写性能の向上を実現した。レンズの表面には上質なコーティングを施し、反射を極限まで抑えている。また、水滴やホコリの侵入を効果的に防ぐシーリングを採用。フロントレンズの表面に「ライカ アクアデュラ」コーティングを施すなど、堅牢な設計で耐久性の高いレンズに仕上がっている。

ライカ アポ・ズミクロン SL f2/28mm ASPH.
ライカ SL2-S」装着イメージ

 

ライカ アポ・ズミクロンSL f2/28mm ASPH. 主な仕様

マウント ライカLバヨネット
焦点距離 28mm
開放絞り F2
最小絞り F22
レンズ構成 10群13枚 (非球面レンズ3枚6面)
画角 (対角線 / 水平 / 垂直) 75.4°/ 65.5°/ 46.4°
最短撮影距離 0.24m
最大撮影倍率 1 : 5
フィルターサイズ E67
サイズ (最大径×長さ) 約φ73×102mm (レンズフードを除く)
質量 700g (レンズフードを除く)
付属品 レンズフード (スクリュータイプ)

 

 

〈文〉柴田 誠

 

女性を通して東京という街の物語を写し出した写真集『東京 | 美人景』

熊切大輔さんの写真集『東京 | 美人景』が発売された。

熊切大輔『東京 | 美人景』

 

東京は隣り合う場所でも街の佇まいがガラリと変わる。建物の景観とともに、そこに集まる人々が街の個性を作っている。熊切さんは都内28の街を選び、そこに所縁のある女性を通して街の貌を探った。晴海はコスプレーヤーの杉浦和歌乃を、後楽園はアイドルの長月翠を選んだ。

東京に惹かれ、この地で人生の一時期を過ごす彼女たち。写真と文章で東京が持つもう一つの物語を奏でる。

 

熊切大輔『東京 | 美人景』
182×183mm・112ページ
本体 2,000円(税別)
2021年1月14日発売
日本カメラ社

 

 

〈文〉市井康延

 

カメラやレンズが当たる! みんなが決める「カメラグランプリ2021」あなたが選ぶベストカメラ賞の投票募集

この1年間に発売されたカメラから、もっとも優れた製品を選ぶ「カメラグランプリ2021」の選考がスタートする。ユーザー投票で決定する「あなたが選ぶベストカメラ賞」の投票受付は、2021年4月11日まで。投票者には抽選で当たるプレゼントも用意されている。

カメラグランプリ2021

 

「カメラグランプリ」は、写真・カメラ関連媒体が加盟するカメラ記者クラブ (2021年2月現在で7媒体が加盟) が主催し、カメラグランプリ実行委員会が運営。1984年より開催されており、今回で38回目を数える歴史ある賞だ。

一般ユーザーの投票で決定する「あなたが選ぶベストカメラ賞」は、カメラ記者クラブのWEBサイトから投票を受け付けるが、今回は「CP+2021 ONLINE」と連動し、「CP+2021 ONLINE」公式サイト経由でも投票ができるようになった。投票者の中から抽選でカメラやレンズなどの賞品をプレゼントする。

「カメラグランプリ2021」の選考対象は、2020年度の1年間に日本国内で新発売された機種。「あなたが選ぶベストカメラ賞」に加え、もっとも優れたスチルカメラを選出する「大賞」、もっとも優れた交換レンズを選出する「レンズ賞」、カメラ記者クラブメンバーの合議によって選出する「カメラ記者クラブ賞」が設けられている。

プレゼント賞品

OLYMPUS Tough TG-6 レッド キヤノン PowerShot G7 X Mark III コダック インスタントカメラプリンター C300WH KamLan FS 28mm F1.4 シグマ 45mm F2.8 DG DN | Contemporary 銘匠光学 TTArtisan 35mm f/1.4 C タムロン 28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXD ニコン 10×25 STABILIZED ハッセルブラッド マスターズブック Vol.6 パナソニック LUMIX DC-G100V 富士フイルム X-E4 XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZレンズキット

 

カメラグランプリ2020
カメラグランプリ2020では、「ソニー α7R IV」が大賞と「あなたが選ぶベストカメラ賞」をダブル受賞した。

 

カメラグランプリ2021「あなたが選ぶベストカメラ賞」投票要項

受付期間
2021年2月25日 (木) ~4月11日 (日) 23:59

投票方法
WEBサイトの投票フォームより、投票するカメラと希望するプレゼントを選択し、必要事項を入力のうえ送信する。
http://www.cjpc.jp/

 

カメラやレンズが当たる! みんなが決める「カメラグランプリ2021」あなたが選ぶベストカメラ賞の投票募集

この1年間に発売されたカメラから、もっとも優れた製品を選ぶ「カメラグランプリ2021」の選考がスタートする。ユーザー投票で決定する「あなたが選ぶベストカメラ賞」の投票受付は、2021年4月11日まで。投票者には抽選で当たるプレゼントも用意されている。

カメラグランプリ2021

 

「カメラグランプリ」は、写真・カメラ関連媒体が加盟するカメラ記者クラブ (2021年2月現在で7媒体が加盟) が主催し、カメラグランプリ実行委員会が運営。1984年より開催されており、今回で38回目を数える歴史ある賞だ。

一般ユーザーの投票で決定する「あなたが選ぶベストカメラ賞」は、カメラ記者クラブのWEBサイトから投票を受け付けるが、今回は「CP+2021 ONLINE」と連動し、「CP+2021 ONLINE」公式サイト経由でも投票ができるようになった。投票者の中から抽選でカメラやレンズなどの賞品をプレゼントする。

「カメラグランプリ2021」の選考対象は、2020年度の1年間に日本国内で新発売された機種。「あなたが選ぶベストカメラ賞」に加え、もっとも優れたスチルカメラを選出する「大賞」、もっとも優れた交換レンズを選出する「レンズ賞」、カメラ記者クラブメンバーの合議によって選出する「カメラ記者クラブ賞」が設けられている。

プレゼント賞品

OLYMPUS Tough TG-6 レッド キヤノン PowerShot G7 X Mark III コダック インスタントカメラプリンター C300WH KamLan FS 28mm F1.4 シグマ 45mm F2.8 DG DN | Contemporary 銘匠光学 TTArtisan 35mm f/1.4 C タムロン 28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXD ニコン 10×25 STABILIZED ハッセルブラッド マスターズブック Vol.6 パナソニック LUMIX DC-G100V 富士フイルム X-E4 XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZレンズキット

 

カメラグランプリ2020
カメラグランプリ2020では、「ソニー α7R IV」が大賞と「あなたが選ぶベストカメラ賞」をダブル受賞した。

 

カメラグランプリ2021「あなたが選ぶベストカメラ賞」投票要項

受付期間
2021年2月25日 (木) ~4月11日 (日) 23:59

投票方法
WEBサイトの投票フォームより、投票するカメラと希望するプレゼントを選択し、必要事項を入力のうえ送信する。
http://www.cjpc.jp/

 

必写スポットだらけ!自然写真の“徹底修行”に使える「南紀熊野ジオパーク」の魅力

「絶景写真」と聞くと、つい海外の遺跡や大自然を思い浮かべてしまうところですが、もちろん日本にも絶景や珍しい風景写真が撮れるスポットはたくさんあります。

たとえば、こんな写真。

実は今お見せした写真、すべて「ある地域」で撮られたものなんです。

そこは、朝日、夕日、星空まで、一日まるごと自然撮影を楽しめる、和歌山県の「南紀熊野ジオパーク」です。

 

和歌山県にある、自然写真の宝庫

多様な生物がおり世界的にも珍しい地質を有するこの場所は、自然写真や風景写真にとって格好の“修行の地”!

南紀熊野ジオパークは、和歌山県南部と奈良県の一部にある10市町村で構成されており、「日本ジオパーク」に認定されています。

和歌山県新宮市、白浜町、上富田町、すさみ町、那智勝浦町、太地町、古座川町、北山村、串本町、そして奈良県十津川村の一部が範囲です。

瀞八丁(新宮市・十津川村)。和歌山県・奈良県・三重県の3県にまたがる渓谷“瀞峡”。その中でも下流部の下瀞は「瀞八丁」として、国の特別名勝及び天然記念物に指定されている。

ジオパークとは「地球・大地(Geo)」「公園(Park)」を組み合わせた言葉で、歴史・文化・動植物・食などを通じて、土地と人の暮らしの関わりを実感しながら楽しむことができる場所をいいます。見どころとなる場所は「ジオサイト」として保護し、地域を元気にするため、資源を活かす取り組みが行われています。

アクセスは自動車はもちろん、飛行機や電車でも。東京からなら、羽田空港より南紀白浜空港まで約70分。京阪神方面は新大阪駅より「JRきのくに線」特急で約2時間30分で、JR白浜駅に到着。名古屋方面も、名古屋駅からJR新宮駅まで約3時間30分です。

撮影時の移動には、レンタサイクルや電車移動も手段ですが、レンタカーがあると機動力アップ!でオススメ。

地図を見ての通り、とても広範囲なのも南紀熊野ジオパークの特徴。山河あり、海岸あり、地層あり、大樹ありと、あらゆる自然がそろっています。

広大なエリアだけに、安全に見どころを案内してくれる「ジオパークガイド」として認定を受けた方々もいらっしゃいます。

今回は、ガイドの一人で、毎年開催される『南紀熊野ジオパークフォトコンテスト』の入賞者でもある長谷洋さん(@gottsu_hiroshi)に、「写真を一日中楽しむ」という観点から、撮影地としての魅力を教わりました!

長谷さん、最近は自分を被写体にして撮るのにもハマっているそうです。躍動感!


「串本町にある本州最南端の地、潮岬(しおのみさき)を基点に、朝日を撮るなら東側エリア、夕日を狙うなら西側エリアへ進むのが基本です。あとは、メインを海岸にするか、山間部にするかを決めておくと、時間も配分しやすいと思います。ちなみに、冬場の時期の潮岬なら、朝日と夕日を同じ立ち位置から同時に見ることもできますよ!」

たとえば、こんな土日はどうでしょう。

初日は東京・羽田空港から南紀白浜空港へ。白浜町や上富田町といった西側エリアで、海岸線や地層の褶曲、渓谷などを撮影します。「夕日が海食洞門に重なる」という珍しい円月島も楽しみ、一泊。明朝早くに大きく串本町方面へ移動して、橋杭岩や荒船海岸から朝日を狙い、その後は那智の滝や新宮方面を攻める……と、すると、2日間たっぷり撮れます。

 

「南紀熊野ジオパーク」の“必写”スポット

そんなことも踏まえつつ、いったい南紀熊野ジオパークでどんな写真が撮れるのか、まずはいくつかの特徴的なスポットを紹介しましょう。印象的な写真を交えて、テーマごとにまとめてみました。

「絵画的・海」

橋杭岩(串本町)。約850 mにわたり、幅約15mの橋脚のような岩塔が直線状に並んでいる。ちなみに、もっと岩に近づいてローアングルで広角レンズで撮影すると、全く異なる雰囲気に。さまざまな撮り方ができるスポットだ。
海金剛(串本町)。鋭く切り立った「離れ岩」が林立する景観が見られる。
紀の松島(那智勝浦町)。海食洞や動物の形をした奇岩などの海岸美が堪能できる。観光船によるクルージングが行われている。

 

「ありえない!岩!!」

神倉山のゴトビキ岩(新宮市)。山の斜面にヒキガエルのような姿で鎮座する巨岩。「御燈祭り」の祭祀の中心でもある。
梶取崎(太地町)。絶壁が熊野灘に向かって突き出した岬。沖を通る船はこの岬を目印として梶を取ったといわれる。

 

「水と自然のシンフォニー」

滝の拝(古座川町)。岩石を豊富な水流が穿ち、さまざまな形と大きさのポットホールと呼ばれる円形の穴が形成されている。超広角レンズを使って、岩の不思議な形を誇張して表現しても面白く撮れる。
那智の滝(那智勝浦町)。この滝の奥の山中には、二の滝、三の滝など多くの滝が存在し、那智四十八滝と呼ばれている。
富田川の潜水橋(上富田町)。氾濫を繰り返す富田川では、水の抵抗を受けない潜水橋が架けられている。

「絵になる太陽」

志原海岸(白浜町)。海食洞の鳥毛洞窟から見る夕陽。
円月島(白浜町)。中央部に海食洞門がぽっかりと空いているのが特徴。

ここに載せたスポットは、どれもジオサイトとして登録されているところ。ジオサイトは行きやすく安全なところが多いため、南紀熊野ジオパーク初心者にはうってつけの撮影場所だとか。

ただし、干潮時でないと行けないような場所もあるので、事前に南紀熊野ジオパークセンター(串本町)で情報収集するのもいいでしょう。


「たとえば、有名スポットの“串本町の橋杭岩”でも、太陽の加減や天候で毎日表情が違うものなんです。僕は大きな岩や地質を“何かに見立てて撮る”というのも楽しんでいて、『この角度から見ると口を開けたゴリラみたいだ』なんて思うと、また面白く撮れます。撮る人の想像力でいくらでもアングルは見つかりますからね!」

 

107箇所のジオサイトに、手つかずの自然たち

長谷さんの一作は、令和元年度の『南紀熊野ジオパークフォトコンテスト』最優秀賞をゲット!

さて、いくつかを“必写”スポットとして紹介しましたが、ほんとうにこれらは一部分。

他にも、絶景や景勝地の撮影となると“最高のアングル”がありそうだと、ガイドの長谷さんに「ここは絶対に行くべし!というポイントはありますか?」と聞いてみました。すると、「一生かかっても撮りきれないほどの自然が魅力なんですよ」と笑って返してくれました。


「南紀熊野ジオパークには107箇所のジオサイトがあります。僕はガイド歴5年で、ここらが生まれ故郷でもあるのですが、まだまだ回りきれていません!もちろん、ジオサイト以外にも自分で撮影スポットを見つけ出す楽しみもありますからね

嬉々として語る長谷さんの作品を見せてもらうと、これらが自分の行ける範囲で、刻一刻と変わる雄大な自然を相手に、いつでも狙えるという代えがたい写欲が伝わってきます。

古座川町で撮れた雲海。「古座川は標高400mほどのところからでも雲海が見られることがあります。いつかだるま朝日と雲海を一緒に撮るのが目標!」
北山村の北山峡は、関西最大のラフティングスポットでもある。アクティビティを組み合わせるのも楽しみのひとつ。
串本町にある大きな岩も、角度を変えると、まるで大きな亀のよう。長谷さんよるこの写真のタイトルは「命名『ガメラ岩』」です。

長谷さんと写真との付き合いは、25歳の頃にスキューバダイビングを始め、ニコンのフィルムカメラにNexusっていうハウジングを付けて、海底写真を撮ったことから。

それから地元に戻って、5年ほど前にジオパークガイドの講習を受けてみると、子供の頃から当たり前にあった自然の景色や紀伊半島の成り立ちが、勉強するほど面白くなっていったそう。


「地質や自然を勉強しようという思いから、5年ほど前から本格的にカメラを手に。そうしたら、カメラのほうにも熱中してきてしまいました(笑)」

OLYMPUS OM-D E-M10のレンズキットに始まり、今もOLYMPUSのマイクロフォーサーズが愛機。自然めぐりのときは「OM-D E-M1 Mark II」に、レンズは「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」と「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO」の2本。これに1.4倍テレコンバーターの「MC-14」を合わせることで、幅広く対応できているといいます。


「三脚は使わず、手持ちが基本です。やはり自然は待ってくれませんから、少しのズレなら自分で微修正したい。特に朝日や夕日だと刻々と情景が変わるので、三脚では追いつけません。今では“人間三脚”といわれるくらい、得意になってきました(笑)。その意味では、まさしく自然撮影の修行になると思いますね!」

長谷さんのように写真が得意なジオパークガイドに撮影同行をお願いすることも可能だとか。2名以上からの申し込みで、料金は2時間5千円より。

たとえば、世界的にも有名な「フェニックス褶曲」のあるポイントは、大潮の干潮時でないと渡れない場所にあるため、地形をよく知るガイドとめぐったほうが安心とのこと。

そして、これまでの常識を覆すほどの手つかずの自然や、豊富な生物に出会える場所でもあります。それを裏付けるのが、長谷さんの“ものすごい発見”エピソードでした。


「シダ植物を勉強して山に入ったら、日本では絶滅危惧Ⅱ類に指定されている“ヒメホウビシダ”を見つけました。このシダはずっと屋久島にしかないと言われていたのが、株の大きさなどから推察するに、この南紀にも自生していたんです。まだまだ私たちの知らない自然の大発見がありえるでしょう!」

動植物のことも学んでから赴けば、撮影だけでなく歴史を変える証人になれてしまうのかもしれませんね。

 

紹介しきれない、南紀熊野ジオパークの魅力

黒島(すさみ町)。2つの島と大小の岩礁からなり、両側から打ち寄せる波が躍動的!

四季によって撮りがいがあり、また撮り方によって表情の異なる岩や海などの自然物が豊富な南紀熊野ジオパークは、まさに修行や撮影旅行にぴったりです。ここでしっかり腕を磨いて、また安心に世界へ渡航できるようになってからなら、さらに写真紀行も楽しめるはず。

また、エリア各地の自然物や広大な地形は、ポートレートやコスプレ撮影など、人物フォトでも強い味方となってくれます。長谷さんも最近、某大人気マンガのキャラに扮して、天狗の面を着けて撮影を楽しんでいるのだとか……!

昨今、なかなか移動がしにくい世情ですが、動けるようになったら身軽な装備で1泊2日、ぜひ撮りまくり旅に出たいものです。

撮影地を含めた地域情報を得るなら、串本町の南紀熊野ジオパークセンターがおすすめ。

南紀熊野ジオパークの情報発信や調査研究の拠点となる施設で、紀伊半島の大型立体模型に、火山の噴火など迫力ある映像で投影するプロジェクションマッピング、大地のでき方を再現する体験装置、館内ガイドによる河川や津波の実験などで、南紀熊野の自然を楽しみながら学べます。

所在地:和歌山県東牟婁郡串本町潮岬2838-3 (潮岬観光タワー西隣)(※地図
開館時間:午前9時から午後5時まで
休館日:年末年始(それ以外は土日祝も開館)
入館料:無料
駐車場:あり(無料・21台)

また、長谷さんを始め、ジオパークガイドの申し込み・問い合わせはこちらより行えます。

南紀熊野ジオパークガイドの会事務局(和歌山県立南紀熊野ジオパークセンター)
住所:〒649-3502 和歌山県東牟婁郡串本町潮岬2838-3
TEL:0735-67-7730
FAX:0735-67-7191
E-mail:nankikumano.gpgc@gmail.com

必写スポットだらけ!自然写真の“徹底修行”に使える「南紀熊野ジオパーク」の魅力

「絶景写真」と聞くと、つい海外の遺跡や大自然を思い浮かべてしまうところですが、もちろん日本にも絶景や珍しい風景写真が撮れるスポットはたくさんあります。

たとえば、こんな写真。

実は今お見せした写真、すべて「ある地域」で撮られたものなんです。

そこは、朝日、夕日、星空まで、一日まるごと自然撮影を楽しめる、和歌山県の「南紀熊野ジオパーク」です。

 

和歌山県にある、自然写真の宝庫

多様な生物がおり世界的にも珍しい地質を有するこの場所は、自然写真や風景写真にとって格好の“修行の地”!

南紀熊野ジオパークは、和歌山県南部と奈良県の一部にある10市町村で構成されており、「日本ジオパーク」に認定されています。

和歌山県新宮市、白浜町、上富田町、すさみ町、那智勝浦町、太地町、古座川町、北山村、串本町、そして奈良県十津川村の一部が範囲です。

瀞八丁(新宮市・十津川村)。和歌山県・奈良県・三重県の3県にまたがる渓谷“瀞峡”。その中でも下流部の下瀞は「瀞八丁」として、国の特別名勝及び天然記念物に指定されている。

ジオパークとは「地球・大地(Geo)」「公園(Park)」を組み合わせた言葉で、歴史・文化・動植物・食などを通じて、土地と人の暮らしの関わりを実感しながら楽しむことができる場所をいいます。見どころとなる場所は「ジオサイト」として保護し、地域を元気にするため、資源を活かす取り組みが行われています。

アクセスは自動車はもちろん、飛行機や電車でも。東京からなら、羽田空港より南紀白浜空港まで約70分。京阪神方面は新大阪駅より「JRきのくに線」特急で約2時間30分で、JR白浜駅に到着。名古屋方面も、名古屋駅からJR新宮駅まで約3時間30分です。

撮影時の移動には、レンタサイクルや電車移動も手段ですが、レンタカーがあると機動力アップ!でオススメ。

地図を見ての通り、とても広範囲なのも南紀熊野ジオパークの特徴。山河あり、海岸あり、地層あり、大樹ありと、あらゆる自然がそろっています。

広大なエリアだけに、安全に見どころを案内してくれる「ジオパークガイド」として認定を受けた方々もいらっしゃいます。

今回は、ガイドの一人で、毎年開催される『南紀熊野ジオパークフォトコンテスト』の入賞者でもある長谷洋さん(@gottsu_hiroshi)に、「写真を一日中楽しむ」という観点から、撮影地としての魅力を教わりました!

長谷さん、最近は自分を被写体にして撮るのにもハマっているそうです。躍動感!


「串本町にある本州最南端の地、潮岬(しおのみさき)を基点に、朝日を撮るなら東側エリア、夕日を狙うなら西側エリアへ進むのが基本です。あとは、メインを海岸にするか、山間部にするかを決めておくと、時間も配分しやすいと思います。ちなみに、冬場の時期の潮岬なら、朝日と夕日を同じ立ち位置から同時に見ることもできますよ!」

たとえば、こんな土日はどうでしょう。

初日は東京・羽田空港から南紀白浜空港へ。白浜町や上富田町といった西側エリアで、海岸線や地層の褶曲、渓谷などを撮影します。「夕日が海食洞門に重なる」という珍しい円月島も楽しみ、一泊。明朝早くに大きく串本町方面へ移動して、橋杭岩や荒船海岸から朝日を狙い、その後は那智の滝や新宮方面を攻める……と、すると、2日間たっぷり撮れます。

 

「南紀熊野ジオパーク」の“必写”スポット

そんなことも踏まえつつ、いったい南紀熊野ジオパークでどんな写真が撮れるのか、まずはいくつかの特徴的なスポットを紹介しましょう。印象的な写真を交えて、テーマごとにまとめてみました。

「絵画的・海」

橋杭岩(串本町)。約850 mにわたり、幅約15mの橋脚のような岩塔が直線状に並んでいる。ちなみに、もっと岩に近づいてローアングルで広角レンズで撮影すると、全く異なる雰囲気に。さまざまな撮り方ができるスポットだ。
海金剛(串本町)。鋭く切り立った「離れ岩」が林立する景観が見られる。
紀の松島(那智勝浦町)。海食洞や動物の形をした奇岩などの海岸美が堪能できる。観光船によるクルージングが行われている。

 

「ありえない!岩!!」

神倉山のゴトビキ岩(新宮市)。山の斜面にヒキガエルのような姿で鎮座する巨岩。「御燈祭り」の祭祀の中心でもある。
梶取崎(太地町)。絶壁が熊野灘に向かって突き出した岬。沖を通る船はこの岬を目印として梶を取ったといわれる。

 

「水と自然のシンフォニー」

滝の拝(古座川町)。岩石を豊富な水流が穿ち、さまざまな形と大きさのポットホールと呼ばれる円形の穴が形成されている。超広角レンズを使って、岩の不思議な形を誇張して表現しても面白く撮れる。
那智の滝(那智勝浦町)。この滝の奥の山中には、二の滝、三の滝など多くの滝が存在し、那智四十八滝と呼ばれている。
富田川の潜水橋(上富田町)。氾濫を繰り返す富田川では、水の抵抗を受けない潜水橋が架けられている。

「絵になる太陽」

志原海岸(白浜町)。海食洞の鳥毛洞窟から見る夕陽。
円月島(白浜町)。中央部に海食洞門がぽっかりと空いているのが特徴。

ここに載せたスポットは、どれもジオサイトとして登録されているところ。ジオサイトは行きやすく安全なところが多いため、南紀熊野ジオパーク初心者にはうってつけの撮影場所だとか。

ただし、干潮時でないと行けないような場所もあるので、事前に南紀熊野ジオパークセンター(串本町)で情報収集するのもいいでしょう。


「たとえば、有名スポットの“串本町の橋杭岩”でも、太陽の加減や天候で毎日表情が違うものなんです。僕は大きな岩や地質を“何かに見立てて撮る”というのも楽しんでいて、『この角度から見ると口を開けたゴリラみたいだ』なんて思うと、また面白く撮れます。撮る人の想像力でいくらでもアングルは見つかりますからね!」

 

107箇所のジオサイトに、手つかずの自然たち

長谷さんの一作は、令和元年度の『南紀熊野ジオパークフォトコンテスト』最優秀賞をゲット!

さて、いくつかを“必写”スポットとして紹介しましたが、ほんとうにこれらは一部分。

他にも、絶景や景勝地の撮影となると“最高のアングル”がありそうだと、ガイドの長谷さんに「ここは絶対に行くべし!というポイントはありますか?」と聞いてみました。すると、「一生かかっても撮りきれないほどの自然が魅力なんですよ」と笑って返してくれました。


「南紀熊野ジオパークには107箇所のジオサイトがあります。僕はガイド歴5年で、ここらが生まれ故郷でもあるのですが、まだまだ回りきれていません!もちろん、ジオサイト以外にも自分で撮影スポットを見つけ出す楽しみもありますからね

嬉々として語る長谷さんの作品を見せてもらうと、これらが自分の行ける範囲で、刻一刻と変わる雄大な自然を相手に、いつでも狙えるという代えがたい写欲が伝わってきます。

古座川町で撮れた雲海。「古座川は標高400mほどのところからでも雲海が見られることがあります。いつかだるま朝日と雲海を一緒に撮るのが目標!」
北山村の北山峡は、関西最大のラフティングスポットでもある。アクティビティを組み合わせるのも楽しみのひとつ。
串本町にある大きな岩も、角度を変えると、まるで大きな亀のよう。長谷さんよるこの写真のタイトルは「命名『ガメラ岩』」です。

長谷さんと写真との付き合いは、25歳の頃にスキューバダイビングを始め、ニコンのフィルムカメラにNexusっていうハウジングを付けて、海底写真を撮ったことから。

それから地元に戻って、5年ほど前にジオパークガイドの講習を受けてみると、子供の頃から当たり前にあった自然の景色や紀伊半島の成り立ちが、勉強するほど面白くなっていったそう。


「地質や自然を勉強しようという思いから、5年ほど前から本格的にカメラを手に。そうしたら、カメラのほうにも熱中してきてしまいました(笑)」

OLYMPUS OM-D E-M10のレンズキットに始まり、今もOLYMPUSのマイクロフォーサーズが愛機。自然めぐりのときは「OM-D E-M1 Mark II」に、レンズは「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」と「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO」の2本。これに1.4倍テレコンバーターの「MC-14」を合わせることで、幅広く対応できているといいます。


「三脚は使わず、手持ちが基本です。やはり自然は待ってくれませんから、少しのズレなら自分で微修正したい。特に朝日や夕日だと刻々と情景が変わるので、三脚では追いつけません。今では“人間三脚”といわれるくらい、得意になってきました(笑)。その意味では、まさしく自然撮影の修行になると思いますね!」

長谷さんのように写真が得意なジオパークガイドに撮影同行をお願いすることも可能だとか。2名以上からの申し込みで、料金は2時間5千円より。

たとえば、世界的にも有名な「フェニックス褶曲」のあるポイントは、大潮の干潮時でないと渡れない場所にあるため、地形をよく知るガイドとめぐったほうが安心とのこと。

そして、これまでの常識を覆すほどの手つかずの自然や、豊富な生物に出会える場所でもあります。それを裏付けるのが、長谷さんの“ものすごい発見”エピソードでした。


「シダ植物を勉強して山に入ったら、日本では絶滅危惧Ⅱ類に指定されている“ヒメホウビシダ”を見つけました。このシダはずっと屋久島にしかないと言われていたのが、株の大きさなどから推察するに、この南紀にも自生していたんです。まだまだ私たちの知らない自然の大発見がありえるでしょう!」

動植物のことも学んでから赴けば、撮影だけでなく歴史を変える証人になれてしまうのかもしれませんね。

 

紹介しきれない、南紀熊野ジオパークの魅力

黒島(すさみ町)。2つの島と大小の岩礁からなり、両側から打ち寄せる波が躍動的!

四季によって撮りがいがあり、また撮り方によって表情の異なる岩や海などの自然物が豊富な南紀熊野ジオパークは、まさに修行や撮影旅行にぴったりです。ここでしっかり腕を磨いて、また安心に世界へ渡航できるようになってからなら、さらに写真紀行も楽しめるはず。

また、エリア各地の自然物や広大な地形は、ポートレートやコスプレ撮影など、人物フォトでも強い味方となってくれます。長谷さんも最近、某大人気マンガのキャラに扮して、天狗の面を着けて撮影を楽しんでいるのだとか……!

昨今、なかなか移動がしにくい世情ですが、動けるようになったら身軽な装備で1泊2日、ぜひ撮りまくり旅に出たいものです。

撮影地を含めた地域情報を得るなら、串本町の南紀熊野ジオパークセンターがおすすめ。

南紀熊野ジオパークの情報発信や調査研究の拠点となる施設で、紀伊半島の大型立体模型に、火山の噴火など迫力ある映像で投影するプロジェクションマッピング、大地のでき方を再現する体験装置、館内ガイドによる河川や津波の実験などで、南紀熊野の自然を楽しみながら学べます。

所在地:和歌山県東牟婁郡串本町潮岬2838-3 (潮岬観光タワー西隣)(※地図
開館時間:午前9時から午後5時まで
休館日:年末年始(それ以外は土日祝も開館)
入館料:無料
駐車場:あり(無料・21台)

また、長谷さんを始め、ジオパークガイドの申し込み・問い合わせはこちらより行えます。

南紀熊野ジオパークガイドの会事務局(和歌山県立南紀熊野ジオパークセンター)
住所:〒649-3502 和歌山県東牟婁郡串本町潮岬2838-3
TEL:0735-67-7730
FAX:0735-67-7191
E-mail:nankikumano.gpgc@gmail.com

持ち運びに便利なスライド式の高速USBメモリー「サンディスク Extreme Go USB ドライブ」

ウエスタンデジタルジャパンは、サンディスクのUSBメモリー「Extreme (エクストリーム) GO USB 3.2 フラッシュドライブ」256GBモデルを2021年2月19日に発売した。価格はオープンで、参考価格は約6,212円 (税込)。

サンディスク Extreme Go USB ドライブ

 

USB3.2対応、読み取り最大400MB/秒、書き込み最大240MB/秒の高速モデルで、スタイリッシュなメタル素材を採用する。コネクタを本体に格納できるスライド式の持ち運びに便利なコンパクトデザインだ。

サンディスク Extreme Go USB ドライブ

ファイル暗号化ソフト「サンディスク セキュアアクセス」が付属し、安心の無期限保証となっている。なお、容量128GBと64GBモデルは2021年6月頃の発売を予定している。

 

SanDisk Extreme Go USB ドライブ 主な仕様

製品番号 SDCZ810-256G-J35
容量 256GB
インターフェース USB 3.2
コネクタ USB Type-A
読み取り速度 最大400MB/秒
書き込み速度 最大240MB/秒
サイズ L60.3×W18×H7.4mm
保証期間 無期限保証

 

 

〈文〉柴田 誠

 

ソニー「α7S III」のピクチャープロファイルに新プリセットが追加

ソニーが、ミラーレスカメラ「α7S III」のファームウェアVer.2.00を2021年2月25日に公開した。ピクチャープロファイルのプリセット追加などが盛り込まれている。

α7S III

 

変更内容は以下のとおり。

SONY α7S III (ILCE-7SM3) ファームウェア Ver.2.00

  1. ピクチャープロファイルのプリセットに、肌色を美しく見せるスキントーンを中心としたルック「PP11 : S-Cinetone」を追加。
  2. スロー&クイックモーション動画で手ブレ補正モード「アクティブ」に対応。
    ※ただし「S&Qフレームレート」が120fps以上のときは「アクティブ」は選択できない。
  3. 動作安定性向上。

 

ファームウェアのダウンロードはこちらから。
https://support.d-imaging.sony.co.jp/www/cscs/firm/?mdl=ILCE-7SM3

 

PCを直感操作できるクリティブコントローラーがリツイートで当たる TourBox「CP+2021」出展記念キャンペーン

TourBox Tech (ツアーボックス テック) が、「CP+2021 ONLINE」への出展を記念して、クリエイティブコントローラーの新型「TourBox NEO」をプレゼントするTwitterキャンペーンを開始した。応募期間は2021年2月28日まで。

TourBox NEO

 

TourBox Techは、2021年2月25日 (木) ~28日 (日) 開催の「CP+2021 ONLINE」に初出展。「TourBox」の新型「TourBox NEO」を特設サイトで発表した。キャンペーンは、「CP+2021 ONLINE」の開催期間中にTourBox Tech公式Twitterアカウントをフォローのうえ、対象投稿をリツイートすることで応募可能。抽選で1名に「TourBox NEO」をプレゼントする。

TourBox NEO

「TourBox」は、Adobe PhotoshopやLightroomなどのクリエイティブツール使用時に、快適に制作できるようにするためのPC用ショートカットコントローラー。ショートカット操作でのツール切り替えや画像の拡大縮小、パラメーター数値の変更などを直感的に行うことができる。新型の「TourBox NEO」では電子部品のアップグレードが行われたほか、「ノブ」「ダイヤル」でのクリック操作が加わり、より制作効率を上げることができる。

TourBox NEO TourBox NEO TourBox NEO TourBox NEO TourBox NEO

TourBox Tech Twitterキャンペーン 概要

期間
2021年2月25日 (木) 〜28日 (日) 23:59

応募方法
TourBox Tech公式Twitterアカウント (@TourBoxJapan) をフォローのうえ、キャンペーン投稿をリツイートする。

 

 

〈文〉佐藤陽子

 

オフカメラストロボ撮影に必要なものが全部入りの入門キット「ポータブルライティング・キット」

ニッシンジャパンは、カメラからストロボを離して撮影するオフカメラ・ストロボ撮影の入門キット 「ポータブルライティング・キット」を2021年2月20日に発売した。ストロボとコマンダーに加えて、スタンド、アンブレラ、ホルダーなど、オフカメラ・ストロボ撮影を始めるために必要なものがすべて揃っている。参考価格は、バッグ付きで66,500円 (税別)。

ポータブルライティング・キット

 

クリップオンストロボ「i60A」、コマンダー「Air10s」、スタンド「スーパーライトスタンド LS-50C」、アンブレラ「コンパクトアンブレラ (トランスルーセント) CU-90T」、ホルダー「フリーチルター FT-01」が、機材バッグ「スピードライトバッグ SB-01」にパッケージされている。ストロボとコマンダーは、キヤノン用 / ニコン用 / ソニー用 / オリンパス・パナソニック (フォーサーズ) 用 / 富士フイルム用が用意されている。

「スピードライトバッグ SB-01」は、50cmの「スーパーライトスタンド LS-50C」が収納できるボディバッグタイプ。カメラバッグと一緒に持ち運びができるように、体の前にして持ったり、背負ったり、肩掛けができる仕様となっている。

ポータブルライティング・キット

撥水加工を施したコーデュラナイロン製で、YKK社製の止水ファスナーを採用する。ストロボやコマンダーはフロント収納部に収納可能。容量はメイン収納部6.3L、フロント収納部2.7Lと、キットを2セット余裕で収納できる大容量 (コマンダー「Air10s」は1台のみ収納)。なお「スピードライトバッグ SB-01」の単品販売は、未定となっている。

 

Nissin ポータブルライティング・キット 内容

  • ストロボ : i60A
  • コマンダー : Air10s
  • スタンド : スーパーライトスタンド LS-50C
  • アンブレラ : コンパクトアンブレラ (トランスルーセント) CU-90T
  • ホルダー : フリーチルター FT-01
  • バッグ : スピードライトバッグ SB-01

 

 

〈文〉柴田 誠

 

若子jetさんが鳥取で写真セミナーを開催

鳥取県写真家連盟が、2021年2月26日より米子市美術館で「第22回 合同写真展」を開催。会期中の2月28日には、関連イベントとして写真家の若子jetさんによる写真セミナーを実施する。

若子jet先生の写真セミナー

 

写真展では、鳥取県写真家連盟加盟団体の会員作品を一堂に展示する。写真セミナーでは、作品をスライドで上映しながら撮影テクニックを解説。また、画像処理のデモンストレーションも行う。セミナーの会場は、米子市美術館から徒歩14分ほどの米子市福祉保健総合センター「ふれあいの里」。参加費は無料だ。

若子jet先生の写真セミナー

鳥取県写真家連盟 第22回 合同写真展

会期 2021年2月26日 (金) ~3月2日 (火)
会場 米子市美術館 第4展示室
住所 鳥取県米子市中町12
時間 10:00〜18:00 (最終日は15:00まで)
休館日 水曜
料金 無料
問い合わせ 米子市美術館 (TEL 0859-34-2424)

写真セミナー

日時 2021年2月28日 (日) 13:30〜16:00
会場 米子市福祉保健総合センター「ふれあいの里」
参加費 無料

 

 

恒例のCP+アウトレットをオンラインで! ケンコー・トキナーが超特価アウトレットセール開催

ケンコー・トキナーは、「CP+2021 ONLINE」の開催に合わせ、オンラインでアウトレットセールを開始した。2021年3月31日 (水) 正午まで、最大82%OFFでアウトレット品を販売する。

CP+ONLINE 2021 ケンコー・トキナー オンラインアウトレット専門店 OUTLET SALE

 

カメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+」が2021年はオンライン単独開催となったことから、会場で毎年恒例だったケンコー・トキナーのアウトレットセールもオンラインで実施。会場での楽しさを再現するべく、大特価で数多くの製品を販売する。販売は、ケンコー・トキナーのオンラインアウトレット専門店にて。

CP+ONLINE 2021 ケンコー・トキナー オンラインアウトレット専門店 OUTLET SALE
ケンコー・トキナー オンラインアウトレット専門店より、製品の一例

販売される製品は保証書や化粧箱がないものもあるが、その分価格はグンとお得。また、オンラインアウトレット専門店には50円や100円という超特価品や、1円や10円で買えるジャンク品もラインナップされており、ガサガサと箱の中を探すようなワクワク感が味わえる。

期間中、毎週金曜の午前10時には賞品の入れ替えも行われる。いずれも早い者勝ちなのでマメなチェックがおすすめだ。

CP+ONLINE 2021 ケンコー・トキナー オンラインアウトレット専門店 OUTLET SALE
ケンコー・トキナー オンラインアウトレット専門店より、製品の一例

 

 

〈文〉佐藤陽子

 

カメラやグッズがさらにお得に! ニコンが「CP+2021 スペシャルセール」開催

ニコンイメージングジャパンは、「CP+2021」出展にともない、公式オンラインショップのニコンダイレクトにてスペシャルセールを開始した。2021年3月5日 (金) までアウトレット品がさらに特価になるほか、カメラやニコンダイレクト限定グッズのセット販売、プレゼント、クーポン配布も行われる。

ニコンダイレクト限定 CP+2021 スペシャルセール

■アウトレットコーナーがさらにおトクに

アウトレットコーナーでは、生産が終了したカメラやレンズ・双眼鏡などを特価で購入可能。いずれも新品で、もちろんニコンが品質保証している製品だ。キャンペーン期間中に限り、一部製品の価格が再値下げされる。いずれも在庫がなくなり次第販売終了となるので、チェックはお早めに。

ニコンダイレクト限定 CP+2021 スペシャルセール
アウトレットコーナーの製品例。「D3400 18-55 VR レンズキット」50,722円、「Nikon×MILLET カメラリュック KULA 20 N」6,000円 (いずれも税込)。

■「HAPPY BAG」を数量限定で販売

カメラやグッズがセットになった「HAPPY BAG」を数量限定で販売する。中身は届いてからのお楽しみ。光学83倍ズームレンズを搭載した「COOLPIX P900」とオリジナルグッズなどが入った「COOLPIX 5万円コース」、コンパクトデジタルカメラ「COOLPIX A100」とアクセサリーなどが入った「COOLPIX 1.2万円コース」に加え、ニコンダイレクト限定グッズのセットが3千円からの豊富なコースでラインナップされている。

■購入者プレゼント

キャンペーン期間中、ニコンダイレクトで合計1万円 (税込) 以上購入すると、公式Twitterのキャラクター“ニコンちゃん”がプリントされた「NDキャラクタークリーニングクロス」がもらえる。数量限定のため、なくなり次第プレゼントは終了する。

■LINEでクーポンもゲット

ニコンダイレクトのLINE公式アカウントにて、「CP++2021」期間中に使えるクーポンを配布。新規で友だち登録した人には、ニコンダイレクトクーポン500円分もプレゼント中だ。

 

 

〈文〉佐藤陽子

 

さまざまなレンズをGFXシリーズに装着できる17種類の「Fotodiox GFX用マウントアダプター」一挙発売

焦点工房は、Fotodiox (フォトディオックス) の富士フイルムGFXシリーズ用マウントアダプター17種を2021年2月16日に発売した。各種マウントのレンズを「GFX100」「GFX 50R」といった富士フイルムGマウントのカメラに装着するために開発されたマウント変換アダプターだ。

Fotodiox T2A-GFX

T (T2) マウントレンズを富士フイルムGマウントのカメラに装着するための変換アダプター。希望小売価格は8,000円 (税別)。

Fotodiox T2A-GFX
[対応レンズマウント] T (T2)  [対応カメラマウント] 富士フイルムG [質量] 約130g

Fotodiox CY-GFX

ヤシカ・コンタックスマウントレンズを富士フイルムGマウントのカメラに装着するための変換アダプター。希望小売価格は15,000円 (税別)。

Fotodiox CY-GFX
[対応レンズマウント] ヤシカ・コンタックス [対応カメラマウント] 富士フイルムG [質量] 約145g

Fotodiox FD-GFX

キヤノンFDマウントレンズを富士フイルムGマウントのカメラに装着するための変換アダプター。希望小売価格は15,000円 (税別)。

Fotodiox FD-GFX
[対応レンズマウント] キヤノンFD [対応カメラマウント] 富士フイルムG [質量] 約116g

Fotodiox L39-GFX

ライカL39マウントレンズを富士フイルムGマウントのカメラに装着するための変換アダプター。アジャスト機能付き。希望小売価格は15,000円 (税別)。

Fotodiox L39-GFX
[対応レンズマウント] ライカL39 [対応カメラマウント] 富士フイルムG [質量] 約96g

Fotodiox LR-GFX

ライカRマウントレンズを富士フイルムGマウントのカメラに装着するための変換アダプター。希望小売価格は15,000円 (税別)。

Fotodiox LR-GFX
[対応レンズマウント] ライカR [対応カメラマウント] 富士フイルムG [質量] 約144g

Fotodiox MD-GFX

ミノルタMD・MC|SRマウントレンズを富士フイルムGマウントのカメラに装着するための変換アダプター。希望小売価格は15,000円 (税別)。

Fotodiox MD-GFX
[対応レンズマウント] ミノルタMD・MC|SR [対応カメラマウント] 富士フイルムG [質量] 約150g

Fotodiox OM35-GFX

オリンパスOMマウントレンズを富士フイルムGマウントのカメラに装着するための変換アダプター。希望小売価格は15,000円 (税別)。

Fotodiox OM35-GFX
[対応レンズマウント] オリンパスOM [対応カメラマウント] 富士フイルムG [質量] 約155g

Fotodiox PK-GFX

ペンタックスKマウントレンズを富士フイルムGマウントのカメラに装着するための変換アダプター。ただしDAレンズには非対応。希望小売価格は15,000円 (税別)。

Fotodiox PK-GFX
[対応レンズマウント] ペンタックスK [対応カメラマウント] 富士フイルムG [質量] 約150g

Fotodiox PKa-GFX

ペンタックスKマウントレンズを富士フイルムGマウントのカメラに装着するための変換アダプター。絞りリング付きで、DAレンズにも対応する。希望小売価格は20,000円 (税別)。

Fotodiox PKa-GFX
[対応レンズマウント] ペンタックスK (DAレンズ対応) [対応カメラマウント] 富士フイルムG [質量] 約145g

Fotodiox SnyA-GFX

ソニー (ミノルタ) Aマウントレンズを富士フイルムGマウントのカメラに装着するための変換アダプター。絞りリング付き。希望小売価格は16,000円 (税別)。

Fotodiox SnyA-GFX
[対応レンズマウント] ソニー (ミノルタ) A [対応カメラマウント] 富士フイルムG [質量] 約145g

Fotodiox LM-GFX

ライカMマウントレンズを富士フイルムGマウントのカメラに装着するための変換アダプター。希望小売価格は18,000円 (税別)。

Fotodiox LM-GFX
[対応レンズマウント] ライカM [対応カメラマウント] 富士フイルムG [質量] 約100g

Fotodiox XPan-GFX

ハッセルブラッドXPAN / 富士フイルムTX用レンズを富士フイルムGマウントのカメラに装着するための変換アダプター。希望小売価格は18,000円 (税別)。

Fotodiox XPan-GFX
[対応レンズマウント] ハッセルブラッドXPAN/富士フイルムTX [対応カメラマウント] 富士フイルムG [質量] 約107g

Fotodiox ETR-GFX

ブロニカETRレンズを富士フイルムGマウントのカメラに装着するための変換アダプター。希望小売価格は22,000円 (税別)。

Fotodiox ETR-GFX
[対応レンズマウント] ブロニカETR [対応カメラマウント] 富士フイルムG [質量] 約222g

Fotodiox HBV-GFX

ハッセルブラッドVマウントレンズを富士フイルムGマウントのカメラに装着するための変換アダプター。希望小売価格は22,000円 (税別)。

Fotodiox HBV-GFX
[対応レンズマウント] ハッセルブラッドV [対応カメラマウント] 富士フイルムG [質量] 約325g

Fotodiox P67-GFX

ペンタックス67マウントレンズを富士フイルムGマウントのカメラに装着するための変換アダプター。希望小売価格は22,000円 (税別)。

Fotodiox P67-GFX
[対応レンズマウント] ペンタックス67 [対応カメラマウント] 富士フイルムG [質量] 約285g

Fotodiox P6-GFX

ペンタコンシックス│キエフ60マウントレンズを富士フイルムGマウントのカメラに装着するための変換アダプター。希望小売価格は22,000円 (税別)。

Fotodiox P6-GFX
[対応レンズマウント] ペンタコンシックス│キエフ60マウント [対応カメラマウント] 富士フイルムG [質量] 約260g

Fotodiox P645a-GFX

ペンタックス645マウントレンズを富士フイルムGマウントのカメラに装着するための変換アダプター。絞りリング付きで、DAレンズにも対応する。希望小売価格は24,000円 (税別)。

Fotodiox P645a-GFX
[対応レンズマウント] ペンタックス645 (DAレンズ対応) [対応カメラマウント] 富士フイルムG [質量] 約264g

 

 

〈文〉柴田 誠

 

多機能な自由雲台付き、グリップにもなる2千円台のミニ三脚「DN-916024」

上海問屋は、自由雲台付きのミニ三脚「DN-916024」を2021年2月10日に発売した。ドスパラ店舗・通販の限定販売で、価格は2,390円 (税別)。

DN-916024

 

「DN-916024」は、直径30mm×長さ180mm・重さ約178gのコンパクトサイズながら、耐荷重は約2kg。ミニ三脚としては剛性が高く、小型の一眼レフカメラなどにも耐えられる強度を持つ。

DN-916024

 

脚は2段階の長さ調節が可能で、閉じればグリップとしても使用できる。

DN-916024

 

アルミ合金製の自由雲台は、取り外しが可能。単独でも使用できるほか、台座を外してひっくり返せばアクセサリーシューにもなる。

DN-916024

 

自由雲台は、サイドにもアクセサリーシューを備えており、動画撮影やVlog撮影時にマイクなどを取り付けることができる。アクセサリーシューの締め付けや角度調整には、付属の六角レンチを使用する。

DN-916024

 

DN-916024 DN-916024 DN-916024 DN-916024

 

上海問屋 自由雲台付き高機能ミニ三脚 DN-916024 主な仕様

主な材質 ABS、アルミ合金
耐荷重 約2kg (目安)
サイズ φ30mm×180mm (突起部を除く)
重量 約178g
付属品 六角レンチ

 

 

〈文〉柴田 誠

 

低コストでプリントできるエコタンク搭載のA4プリンター「エプソン EP-M553T」

エプソンは、大容量インクタンクを搭載したインクジェットプリンターのエコタンク搭載モデル「EP-M553T」を2021年2月26日に発売する。

EP-M553T

 

染料4色インクを搭載したA4プリンターで、A4カラー文書1枚で約3.0円、L判写真で約9.3円 (いずれも税込) の低印刷コストを実現する。価格はオープン。参考価格は33,550円 (税込)。

■大容量インクボトル

「EP-M553T」は、コンパクトな本体にコピーやスキャン、無線LAN機能やスマホ対応などの基本機能を搭載。大容量インクタンクは使い切りサイズのインクボトルで、A4カラー文書を約600ページプリントすることができる。ボトルは挿すだけですぐにインク補充が開始され、満タンになると自動で止まるため、手も汚れにくく、手間もかからない。

EP-M553T

■染料インク採用

シアン・マゼンタ・イエロー・ブラックの高発色な染料インク4色を採用する。プリントに応じてインクのサイズをきめ細かく調整し、最大3段階で打ち分けることで、なめらかなグラデーションや繊細な明るさなどをより美しく表現。普通紙での写真画質が鮮やかでキレイなのが特徴だ。

「高速MACHヘッド」により、一度に吐出するインクの量も吐出回数も大幅アップ。L判1枚約33秒の高速プリントを実現する。人物写真も風景写真も自動で見分けて、自然で好ましい色に自動色補正をする写真自動補正「オートフォトファイン! EX」を搭載している。

■パソコンなしでプリント

USBポートを搭載し、USBメモリーの写真データをパソコンなしでダイレクトにプリントすることができる。また、カードリーダーを接続して、メモリーカードからのダイレクトプリントも可能だ。

■スマホ連携

スマホアプリ「Epson Smart Panel」に対応しており、スマートフォンからの操作でプリントやスキャン、コピーができる。またWi-Fi設定などの初期セットアップ作業も「Epson Smart Panel」からBluetooth LEを使って、簡単に行うことができる。

EP-M553T

■コピー機能

免許証、保険証などの両面を1枚の用紙の片面にコピーできる「IDカードコピー」、2枚のA4原稿をA41枚に縮小してコピーできる「割り付け印刷」、写真をフチなしでコピーできる「四辺フチなしカラーコピー」、冊子や本の見開き2ページ分の原稿を1枚の用紙にコピーできる「見開きコピー」などの機能を搭載する。

 

EPSON EP-M553T 主な仕様

最高解像度 5760×1440dpi
インク 染料4色独立型インク (ボトルタイプ)
用紙サイズ L判~A4
操作パネル 1.44型 液晶モニター
ネットワーク 有線LAN
サイズ (横幅×奥行き×高さ) 390×331×166mm (収納時)
質量 約5.6kg (本体のみ)
付属品 セットアップ用インク (フォトブラック、シアン、マゼンタ、イエロー)、電源コード ほか

 

 

〈文〉柴田 誠

 

いよいよ2/25開幕! プレゼントやオープニング企画も決定【CP+2021予習】

2021年2月25日 (木) ~28日 (日) に行われるカメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+2021 ONLINE」。初のオンライン単独開催となった今回は、出展各社のセミナーやトークショー、製品紹介などが特設サイトや公式チャンネルで配信されます。いずれも入場事前登録をすることで、無料でアクセスが可能です。

これまで数回にわたって、出展社別の見どころをお伝えしてきました。今回は、CP+主催の企画をご紹介します。自由なスタイルで、新しい形のカメラの祭典を存分に楽しみましょう。

CP+2021 ONLINE 主催者企画

CP+2021 ONLINE

「CP+2021 ONLINE」公式サイトでは、CP+主催のセミナー、ディスカッションも開催。イベント初日の2月25日 (木) 9:45からは赤城耕一さん、阿部秀之さん、水咲奈々さんによるオープニングトークショーが配信されます。また、出展社オリジナルグッズのプレゼント企画も決定しました。

■2月25日 (木)

  • 赤城耕一、阿部秀之、水咲奈々「オープニングトークショー」
  • キーノートスピーチ「スポーツ写真の過去・現在・未来」
  • CIPAデジタルカメラマーケット・セミナー
  • 上級エンジニアによるパネルディスカッション「ミラーレスがもたらしたもの」

■2月26日 (金)

  • キーノートスピーチ「スポーツ写真の過去・現在・未来」
  • CIPAデジタルカメラマーケット・セミナー

CP+出展社オリジナルグッズ プレゼントキャンペーン

入場事前登録のうえ「CP+2021 ONLINE」期間中に公式サイトへログインしてアンケートに回答することで応募完了となります。賞品の中には貴重な非売品も!?

 

■CP+2021 公式サイト
https://www.cpplus.jp/

 

 

〈文〉佐藤陽子

 

孤高の写真家と過ごした日々をお宝写真と共に綴った貴重な1冊『深瀬昌久伝』

瀬戸正人さんによるフォトエッセイ『深瀬昌久伝』が発売された。

瀬戸正人『深瀬昌久伝』

 

深瀬昌久は日本を代表する写真家の一人だが、これまで論評されることは少なかった。そこで深瀬に師事した瀬戸正人さんが、ともに過ごした日々を書くことにした。

そんな文章に深瀬作品やプライベートを写したお宝写真も豊富に掲載。森山大道さん、荒木経惟さんらとの交流や、知られざる写真家の素顔が次々と明かされていく。「写真は解釈じゃない」、いくつか登場する深瀬語録の一つだ。

 

瀬戸正人『深瀬昌久伝』
B6判変型・208ページ
本体 1,800円(税別)
2020年12月9日発売
日本カメラ社

 

 

〈文〉市井康延

 

望遠マクロ撮影が可能な小型軽量の望遠ズームレンズ「LUMIX S 70-300 mm F4.5-5.6 MACRO O.I.S.」

パナソニックは、LUMIX Sシリーズ用の望遠ズームレンズ「LUMIX S 70-300mm F4.5-5.6 MACRO O.I.S.」を2021年4月22日に発売する。Lマウントを採用したフルサイズミラーレス対応のレンズで、焦点距離70〜300mmをカバーし、マクロ撮影も可能。希望小売価格は160,600円 (税込)。

UMIX S 70-300 mm F4.5-5.6 MACRO O.I.S.

■小型軽量と描写性能を両立

UEDレンズ1枚、EDレンズ2枚、UHRレンズ1枚を配置し、収差を適切に抑制した。蛍石に近い性能のUED (Ultra Extra-Low Dispersion = 特殊低分散) レンズを採用することで色分散作用を抑えて軸上色収差を良好に補正し、全域で画面のすみずみまで鮮鋭性に優れた描写が得られる。

UMIX S 70-300 mm F4.5-5.6 MACRO O.I.S.

さらにカム溝の高密度配置による多成分ズーム構成を実現したことで、小型軽量と描写性能を両立した。レンズ構成は11群17枚、11枚の絞り羽根を採用する。

UMIX S 70-300 mm F4.5-5.6 MACRO O.I.S.

■望遠マクロ撮影

フォーカスレンズの長ストローク化に対応する新アクチュエータを開発し、望遠300mmで撮影倍率0.5倍を実現した。最短撮影距離は、広角端70mmで0.54m、望遠端300mmで0.74mとなっており、被写体を大きく強調した存在感のある表現を実現する。

■AF性能

ズーム位置検出専用回路の搭載に加えて、ウォブリング制御の高速化による高精度なズームトラッキング性能で、狙った被写体のピント外れを抑制した。毎秒480回のAF制御とコントラスト検出方式による高精度なフォーカシングが可能で、高速化も達成した。

■5.5段の手ブレ補正

高速・高精度AFとSシリーズのボディ内手ブレ補正 (B.I.S.) と連動して制御する手ブレ補正機能「Dual I.S.2」に対応。カメラのボディ内手ブレ補正とレンズ内手ブレ補正 (O.I.S.) をリアルタイムで連動させて制御することで、5.5段の手ブレ補正効果を発揮する。

■動画撮影性能

高精細な動画撮影に対応した光学設計と、鏡筒内部構造の最適化により、フォーカシング時のピント位置の移動に伴い画角が変化するブリージングを抑制する。また、手ブレ補正効果を高める「手ブレ補正ブースト」にも対応した。

フォーカスリングでリニア / ノンリニア設定の切替が可能で、ノンリニア方式ではフォーカスリング操作の回転速度に対して移動量可変でピントが移動し、俊敏なフォーカス合わせが可能となっている。リニア方式ではフォーカスリングの回転量に対して移動量固定でピント移動し、さらに撮影シーンに応じて回転量も設定できる。

■堅牢性

幅広いシーンに対応する防塵・防滴仕様、−10℃の耐低温設計を実現し、雪山やゲレンデなどの寒冷地でも快適に撮影できる。グリップ時の重心バランスに配慮した設計と手にしっくりなじむフォルムによりホールディングの負荷を軽減し、機動力のある撮影が可能だ。

UMIX S 70-300 mm F4.5-5.6 MACRO O.I.S.

UMIX S 70-300 mm F4.5-5.6 MACRO O.I.S.
LUMIX S5 装着例
UMIX S 70-300 mm F4.5-5.6 MACRO O.I.S. UMIX S 70-300 mm F4.5-5.6 MACRO O.I.S. UMIX S 70-300 mm F4.5-5.6 MACRO O.I.S. UMIX S 70-300 mm F4.5-5.6 MACRO O.I.S.

 

LUMIX S 70-300 mm F4.5-5.6 MACRO O.I.S. 主な仕様

品番 S-R70300
マウント Lマウント
焦点距離 70〜300mm
開放絞り F4.5〜5.6
最小絞り F22
レンズ構成 11群17枚 (UEDレンズ1枚、EDレンズ2枚、UHRレンズ1枚)
画角 34°(W) ~ 8.3°(T)
絞り羽根枚数 11枚 (円形虹彩絞り)
最短撮影距離 0.54m (W端) / 0.74m (T端)
最大撮影倍率 0.5倍
フィルター径 φ77mm
サイズ (最大径×長さ) φ84mm×約148mm
質量 約790g
付属品 レンズフード、レンズキャップ、レンズリアキャップ

 

 

〈文〉柴田 誠

 

カメラやレンズだけじゃない! 写真をランクアップさせるアイテムも要チェック【CP+2021予習】

2021年2月25日 (木) ~28日 (日) に行われるカメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+2021 ONLINE」。初のオンライン単独開催となった今回は、出展各社のセミナーやトークショー、製品紹介などが特設サイトや公式チャンネルで配信されます。いずれも入場事前登録をすることで、無料でアクセスが可能です。

どのメーカーも、趣向を凝らしたイベントをたっぷり用意。出展各社の見どころをご紹介します。自由なスタイルで、新しい形のカメラの祭典を存分に楽しみましょう。

マウスコンピューター

DAIV 7N

マウスコンピューターは、特設サイトにて写真家・公文健太郎さんのインタビューを公開予定です。クリエイター向けパソコン「DAIV (ダイブ)」を写真家はどう使いこなしているのか? インタビューの内容に注目です。

 

ATOMOS

Inter BEE 2019【ATOMOS】ニコンZ+ATOMOS NINJA V

ATOMOS (アトモス) は、HDRモニター/レコーダー「NINJA V」を使用した写真・動画撮影のテクニックを動画で紹介する「ATOMOS Special LIVE」を配信。さらに、「CP+2021 ONLINE」への出展を記念した購入キャンペーンも展開します。

ATOMOS Special LIVE

フォトグラファーやビデオグラファーの撮影体験談やクリエイター対談などが、2月24日から5日間にわたって配信されます。ライブ配信を見たうえでの質問も、各回の時間終了30分前まで、ATOMOS JAPAN公式TwitterへのDMにて受け付けます。

■2月24日 (水) 前夜祭

  • ギュイーントクガワ「ATOMOS Live Online 前夜祭!」
  • 香山正憲 (パナソニック)、伊藤祐二 (ATOMOS JAPAN社長) オンライン対談

■2月25日 (木)

  • 雪森るな、中山佳香「ATOMOSガールズトークナイト!」
  • SIGMA マスター若松、伊藤祐二 ライブ対談

■2月26日 (金)

  • 大石誠 (富士フイルム)、伊藤祐二 ライブ対談
  • 木村琢磨、伊藤祐二 オンライン対談

■2月27日 (土)

  • 伊禮太郎「ソニー FX6、EOS R5 Special Makingトーク」
  • 莊司知弘 (ニコン)、伊藤祐二 オンライン対談

■2月28日 (日)

  • 伊禮太郎「映像収録とオーディオ機器」(仮)
  • 伊藤祐二「ATOMOS製品紹介」

CP+2021 出展記念スペシャルセミナー&プレゼントキャンペーン

「CP+2021 ONLINE」への出展を記念して、2021年4月中旬にATOMOS JAPANの伊藤社長によるスペシャルセミナーが開催されます。2021年2月1日~3月31日の期間中に「NINJA V」を購入して応募した人の中から抽選で20名を招待。詳細は今後ATOMOS JAPANのオフィシャルサイトなどで案内予定です。また、「NINJA V」を購入すると先着でプレゼントがもらえるキャンペーンも2021年3月以降に実施予定です。

 

■CP+2021 公式サイト
https://www.cpplus.jp/

 

 

〈文〉佐藤陽子