TPS

「RICOH GR III」「RICOH GR IIIx」の最新ファームウェア公開、SDカードの動作安定性が向上

リコーイメージングが、コンパクトデジタルカメラ「RICOH GR III」「RICOH GR IIIx」の最新ファームウェアを2022年8月4日に公開した。

RICOH GR III
RICOH GR III

 

変更内容は以下のとおり。

  • SDカードの動作の安定性を向上。
  • ImageSyncアプリでリモート撮影機能を使用した際の不具合を修正。

なお、「RICOH GR III Street Edition」「RICOH GR IIIx Urban Edition」でファームアップしてもオリジナル終了画面は残る。

 

ファームウェアのダウンロードはこちらから。

→ RICOH GR III ファームウェア Ver.1.61
→ RICOH GR IIIx ファームウェア Ver.1.11

「RICOH GR III」「RICOH GR IIIx」の最新ファームウェア公開、SDカードの動作安定性が向上

リコーイメージングが、コンパクトデジタルカメラ「RICOH GR III」「RICOH GR IIIx」の最新ファームウェアを2022年8月4日に公開した。

RICOH GR III
RICOH GR III

 

変更内容は以下のとおり。

  • SDカードの動作の安定性を向上。
  • ImageSyncアプリでリモート撮影機能を使用した際の不具合を修正。

なお、「RICOH GR III Street Edition」「RICOH GR IIIx Urban Edition」でファームアップしてもオリジナル終了画面は残る。

 

ファームウェアのダウンロードはこちらから。

→ RICOH GR III ファームウェア Ver.1.61
→ RICOH GR IIIx ファームウェア Ver.1.11

アウトドア撮影に持って行きたいLOGOSのコンパクトなアウトドアギア

ケンコー・トキナーは、アウトドアに最適なLOGOS (ロゴス) の光学製品5モデルを2022年7月29日に発売した。

LOGOS 8×21DH

 

人気の高いアウトドアブランド「LOGOS」のライセンス製品として生まれた光学製品。3種類の双眼鏡とハンディ顕微鏡、単眼鏡・顕微鏡・拡大鏡などの7つの機能を持つアウトドアキットの5モデルが揃う。いずれも携帯性に優れ、お手軽価格なので、子どもの自然観察にも最適。

LOGOS 8×21DH 双眼鏡

初心者にも使いやすい倍率8倍の小型双眼鏡。直線的な光学系を持つダハプリズムタイプで、折りたたむことができる。重量はわずか170gで、首から下げたままでも負担にならない。

LOGOS 7~21×21

レンズにはマルチコートが施され、クリアな視界が得られる。生活防水設計なので、アウトドアでも安心して使うことができる。カラーはブラウンとグレーの2色。ネックストラップと腰のベルトに装着できるソフトケースが付属する。価格はオープン。参考価格は8,800円 (税込)。

[倍率] 8倍 [対物レンズ有効径] 21mm [実視界] 7.0° [見掛視界] 52.1° [1,000m先の視野] 122.3m [ひとみ径] 2.6mm  [最短合焦距離] 3m [サイズ] 84.4×35.1×105.3mm [重量] 170g [付属品] ソフトケース、ネックストラップ

LOGOS 7〜21×21 ズーム双眼鏡

シーンに合わせて倍率を7倍から21倍までズームできる小型双眼鏡。ズーム操作は、右接眼部の下に設けられたレバーで行う。低倍率の7倍で対象物を見つけ、21倍までズームアップして細部を観察する、という使い方ができる。

LOGOS 7~21×21

光学系はオーソドックスなポロプリズムタイプで、マルチコートが施されている。全長が短く、ゴロッとした形状で、手によくなじむ。ネックストラップと腰のベルトに装着できるソフトケースが付属する。価格はオープン。参考価格は8,800円 (税込)。

[倍率] 7〜21倍 [対物レンズ有効径] 21mm [実視界] 4.3〜2.3° [見掛視界] 29.4〜45.7° [1,000m先の視野] 75〜40m [ひとみ径] 3〜1mm  [最短合焦距離] 7m [サイズ] 96×49×115mm [重量] 257g [付属品] ソフトケース、ネックストラップ

LOGOS 10×21 双眼鏡

対象物を大きく拡大して観察できる倍率10倍の小型双眼鏡。オーソドックスなポロプリズムタイプを採用し、両手でホールドしやすい。

LOGOS 10×21

レンズにはマゼンタコーティングが施され、クリアな視界が得られる。重量は双眼鏡3モデルの中でもっとも軽い140g。アウトドアシーンにマッチするグリーン系のツートンカラーを採用する。ネックストラップと腰のベルトに装着できるソフトケースが付属する。価格はオープン。参考価格は6,050円 (税込)。

[倍率] 10倍 [対物レンズ有効径] 21mm [実視界] 6.5° [見掛視界] 59.2° [1,000m先の視野] 114m [ひとみ径] 2.1mm  [最短合焦距離] 7m [サイズ] 80×40×113mm [重量] 140g [付属品] ソフトケース、ネックストラップ

LOGOS ハンディ顕微鏡 スマホアダプター付き

携帯性の高いハンディタイプの顕微鏡。倍率は120〜240倍の可変式で、アウトドアでの植物観察、昆虫観察などに向いている。

LOGOS ハンディ顕微鏡 スマホアダプター付き

対物レンズ部にはプレパラートを差し込むスリットが設けられている。また、LEDライトを内蔵しているので、対象物を鮮明に見ることが可能。付属のスマホホルダーを使い、スマートフォンを取り付ければ、観察したものをそのまま撮影できる。夏休みの自由研究への活用もオススメ。価格はオープン。参考価格は2,860円 (税込)。

[倍率] 120〜240倍 [照明] LEDライト内蔵 [電源] 単4形乾電池×1  [サイズ] 48×29.5×111mm [重量] 約58g (電池を除く) [付属品] スマホホルダー、収納ポーチ、ネックストラップ

LOGOS アウトドアキット

単眼鏡 (倍率8倍)、顕微鏡 (倍率30倍)、拡大鏡 (倍率9倍)、時計、コンパス、LEDライト、ホイッスルの7つの機能を持つ多機能アウトドアギア。

LOGOS アウトドアキット

接眼部を伸ばすと遠方の対象物を見る単眼鏡、接眼部を縮めると簡易タイプの顕微鏡になる。拡大鏡は側面に収納されており、引き出して使用する。ボディカラーはよく目立つオレンジ。ホイッスルやLEDライトは緊急時にも役立つので、防災グッズとしても活用できる。価格はオープン。参考価格は2,420円 (税込)。

■単眼鏡
[倍率] 8倍 [対物レンズ有効径] 9mm [実視界] 3.3° [1,000m先の視野] 57.6m

■拡大鏡
[倍率] 9倍 [レンズサイズ] 17mm径

■顕微鏡
[倍率] 30倍

■製品本体
[電源] 単4形マンガン乾電池 ×2 [サイズ] 120×28×43mm [重量] 52g (電池を除く) [付属品] ネックストラップ

夏は涼しく冬は暖かく! クーラーとヒーターが1つになったネックバンド型の「QOOLA」

One Ridge Trading (ワンリッジトレーディング) が、ネッククーラー&ヒーター「QOOLA」の先行販売プロジェクトをクラウドファンディングサイト Makuakeで開始しました。プロジェクト終了日は2022年8月30日。すでに目標金額を達成しており、支援すると2022年12月末までに製品が発送されます。

QOOLA

 

「QOOLA」は、冷却機能と温熱機能の両方を備えた温度調節デバイス。首に装着することで、頸部を冷やしたり温めたりすることができます。

QOOLA

 

高度なICチップと強力なタービンを備えたペルチェ素子 (高精度の温度制御が行える半導体素子)、高い熱伝導率をもつステンレスプレートにより、電源を入れると数秒で温度変化を感じることができます。

QOOLA

 

冷却は25~15℃、温熱は38~45℃の範囲で各4段階に温度調節が可能。真夏から真冬まで、季節を問わず屋外での撮影時も快適に過ごせそうです。

QOOLA

 

動作音25~30デシベル程度の静音設計。ファンがないため、髪の毛などが巻き込まれてしまう心配もありません。温度センサーで冷却 / 温熱温度を自動調整するスマートモードも搭載。長時間使用しても体を冷やしすぎたり温めすぎたりせず、バッテリーの消耗も抑えることができます。

QOOLA

 

頚椎の曲線に合わせた形状で角度調整もできる柔軟なフレームを採用し、体型を問わずフィットします。

QOOLA

 

首の後ろに当たる部分にはシリコン素材のネックサポートを装備。動いてもズレにくく、190gと軽量なため長時間装着しても負担になりにくい設計になっています。

QOOLA

 

ディスプレイも搭載しており、バッテリー残量や設定温度を確認することができます。内蔵バッテリーはUSB-TypeCポートにて最大30Wの高速充電に対応。フル充電なら冷却モードで最大5時間、温熱モードで最大6時間稼働します。

QOOLA

QOOLA QOOLA QOOLA

支援額 (税・送料込)

  • 単品 14,380円 (超超早割) 限定150個
  • 単品 15,280円 (超早割) 限定300個
  • 単品 17,980円 (Makuake価格) 限定500個
  • 単品2個セット 23,370円 (超超超早割) 限定50個
  • 単品2個セット 26,970円 (超超早割) 限定150個
  • フルパック (専用ポーチ付き) 15,980円 (超超早割) 限定150個
  • フルパック (専用ポーチ付き) 16,980円 (超早割) 限定300個
  • フルパック (専用ポーチ付き) 19,980円 (Makuake価格) 限定500個
  • フルパック (専用ポーチ付き) 2個セット 25,970円 (超超超早割) 限定50個
  • フルパック (専用ポーチ付き) 2個セット 29,970円 (超超早割) 限定150個

QOOLA 主な仕様

バッテリー容量 3,000mAh
使用電圧 4W
入力電圧 DC 5V/2A
サイズ 164×150×50mm
重量 190g
付属品 USB Type-C充電ケーブル

 

〈文〉佐藤陽子

高い描写力を持つ明るい広角レンズ「TTArtisan APO-M 35mm f/2 ASPH.」ライカMマウント

焦点工房は、銘匠光学のライカMマウント向け広角レンズ「TTArtisan APO-M 35mm f/2 ASPH.」を2022年8月5日に発売した。希望小売価格は85,000円 (税込)。

TTArtisan APO-M 35mm f/2 ASPH.
フード装着時

 

「TTArtisan APO-M 35mm f/2 ASPH.」は、ライカMマウント用の広角レンズ。もちろんフルサイズ対応。開放値がF2と明るく、専用角型フードのデザインが特徴的。

TTArtisan APO-M 35mm f/2 ASPH.
 

レンジファインダーカメラで二重像合致式のMF撮影に対応。重厚感と剛性感のある金属製鏡筒を採用し、なめらかに動くフォーカスリングを持ち、心地よい操作感を味わえる。

TTArtisan APO-M 35mm f/2 ASPH.

 

光学系は、非球面レンズと3枚のEDレンズを効果的に配置したアポクロマート設計に基づく9群12枚。画面周辺部まで高い解像力と自然な色再現を達成している。

TTArtisan APO-M 35mm f/2 ASPH.

 

開放絞りF2から優れた描写性能を発揮。強い日差しがあり、輝度差の大きいシーンでも、パープルフリンジを抑え、クリアな描写が得られる。

TTArtisan APO-M 35mm f/2 ASPH.
「TTArtisan APO-M 35mm f/2 ASPH.」で撮影。
TTArtisan APO-M 35mm f/2 ASPH.
非アポクロマート設計のレンズで撮影。輝度差の大きい部分にパープルフリンジが発生。

 

TTArtisan APO-M 35mm f/2 ASPH.
使用例

<作例>

TTArtisan APO-M 35mm f/2 ASPH.

TTArtisan APO-M 35mm f/2 ASPH. TTArtisan APO-M 35mm f/2 ASPH. TTArtisan APO-M 35mm f/2 ASPH. TTArtisan APO-M 35mm f/2 ASPH.

銘匠光学 TTArtisan APO-M 35mm f/2 ASPH. 主な仕様

マウント ライカM
対応撮像画面サイズ 35mmフルサイズ
フォーカス MF (マニュアルフォーカス) ※距離計連動型
焦点距離 35mm
開放絞り F2
最小絞り F22
レンズ構成 9群12枚 (EDレンズ3枚、非球面レンズ1枚)
絞り羽根枚数 10枚
最短撮影距離 0.7m
フィルター径 φ52mm
最大径×長さ φ60×77mm (マウント部を除く)
質量 約510g
付属品 角型フード、精密ドライバー (レンズの距離計連動カム微調整用)

無料貸し出しやワークショップも! 一眼レフをガッツリ楽しめる「PENTAX体験会スペシャル」大阪と札幌で開催

リコーイメージングが、「PENTAX体験会スペシャル」を大阪と札幌で開催します。日程は、大阪が2022年8月27日・28日の2日間、札幌が9月10日・11日の2日間。一部のコーナーは事前予約が必要です。

PENTAX K-3 Mark III
PENTAX K-3 Mark III

 

「PENTAX体験会」は、デジタル一眼レフカメラ「PENTAX K-3 Mark III」「PENTAX K-1 Mark II」の無料貸し出しや無料点検、写真家によるワークショップ、物販コーナー、製品展示といった多彩なプログラムが行われるイベント。2022年5月から全国各地で開催されている「PENTAX一眼レフ体験会」の特別版です。

カメラの貸し出しと無料点検、ワークショップの参加申し込みはWEBサイトから。いずれも先着順です。

PENTAX K-1 Mark II
PENTAX K-1 Mark II

PENTAX一眼レフ体験会

「PENTAX K-3 Mark III」とレンズ2本のセット、または「PENTAX K-1 Mark II」とレンズ2本のセットを4時間無料で借り、自由に撮影を楽しむことができます。手持ちのレンズを持参したり、撮影データの持ち帰りもOK。カメラの操作方法は事前に動画でチェックできるので、「PENTAX K-3 Mark III」「PENTAX K-1 Mark II」を使ったことがない人も安心です。

開催日時
大阪 2022年8月27日 (土)・28日 (日)
札幌 2022年9月10日 (土)・11日 (日)

受付期間
大阪 開催日2日前まで
札幌 2022年8月26日 (金) 10:00から開催日2日前まで

大阪の貸出し予定機材・定員
PENTAX K-3 Mark III + HD PENTAX-D FA 21mmF2.4ED Limited DC WR + HD PENTAX-DA 70mmF2.4 Limited (各日5名)
PENTAX K-1 Mark II + HD PENTAX-D FA 21mmF2.4ED Limited DC WR + HD PENTAX-FA 77mmF1.8 Limited (各日5名)

札幌の貸出し予定機材・定員
PENTAX K-3 Mark III + HD PENTAX-DA★11-18mmF2.8ED DC AW + HD PENTAX-DA 40mmF2.8 Limited (各日5名)
PENTAX K-1 Mark II + HD PENTAX-FA 31mmF1.8 Limited + HD PENTAX-D FA★50mmF1.4 SDM AW (各日5名)

備考
申し込みは1人1回まで。

無料点検サービス

手持ちのPENTAX製カメラ・レンズを無料で点検してもらえます。所要時間の目安は約1時間半。申し込み時に希望の時間帯を選択できます。

開催日時
大阪 2022年8月27日 (土)・28日 (日) 10:00~14:00
札幌 2022年9月10日 (土)・11日 (日) 10:00~14:00

受付期間
大阪 開催日1日前まで
札幌 2022年8月26日 (金) 10:00から開催日1日前まで

備考
申し込みは1人1回、カメラボディ1台、レンズ1点まで。

ワークショップ

「PENTAX K-3 Mark III」とレンズ2本を貸し出し、写真家と一緒に街中を撮り歩きます。講師は、大阪が岡本尚也さん、札幌が佐々木啓太さん。撮影後には作品の講評も実施。参加者同士の交流も楽しめそうです。

開催日時
大阪 2022年8月28日 (日) 10:00~14:00
札幌 2022年9月11日 (日) 10:00~14:00

講師
大阪 岡本尚也
札幌 佐々木啓太

定員
各回10名

大阪の貸出し機材
PENTAX K-3 Mark III + HD PENTAX-DA 16-85mmF3.5-5.6ED DC WR + HD PENTAX-FA 43mmF1.9 Limited

札幌の貸出し機材
PENTAX K-3 Mark III + HD PENTAX-DA 20-40mmF2.8-4ED Limited DC WR + HD PENTAX-DA 70mmF2.4 Limited

受付期間
大阪 受付中
札幌 2022年8月26日 (金) 10:00から

出張リコーイメージングストア

イベント期間中、常時開催。リコーイメージングストアが出張出店し、オリジナルグッズやアウトレット品などを販売します。思わぬ掘り出し物も登場するかも…? とのことなので、お見逃しなく。

J limitedコーナー

イベント中、常時開催。デジタル一眼レフカメラの限定カスタムモデル「J limited」シリーズの展示が行われます。さらに、“怪しくディープで訳のわからないもの” まで展示されたり、“非公式プレゼンテーション”も行われるとか。「なんじゃそりゃ?」と少しでも好奇心をそそられたらぜひ現地でチェックを!

PENTAX体験会スペシャル in 大阪 / 札幌 概要

<大阪>

開催日時
2022年8月27日 (土)・28日 (日) 各日10:00~16:00

会場
OMMビル E2ホール
(大阪市中央区大手前1-7-31)

申し込み
WEBサイトより
https://pentaxofficial.com/event/15546/

札幌

開催日時
2022年9月10日 (土)・11日 (日) 各日10:00~16:00

会場
札幌駅前ビジネススペース
(北海道札幌市中央区北5条西6丁目1-23 第二北海道通信ビル2階カンファレンスルーム2A)

申し込み
WEBサイトより
https://pentaxofficial.com/event/15545/

 

 

〈文〉佐藤陽子

ノートPCを優しく守る「Chululu PCインナーケース&マルチポーチ」に気分を上げる爽やか柄が仲間入り

ハクバ写真産業が、「Chululu PCインナーケース 13.3インチ&マルチポーチ」の新柄3種類を2022年7月28日に発売しました。価格はオープンで、参考価格は2,990円 (税込)。

Chululu PCインナーケース 13.3インチ&マルチポーチ

 

Chululu (チュルル) は北欧のトナカイをイメージしたブランド。今回追加された新柄は、涼し気な「ウォータードロップスグリーン」、グラデーションカラーが印象的な「オーロラピンク」、爽やかな配色の花柄「フラワーガーデンブルー」。Chululuの森をイメージしたデザインです。発売済のラベンダー、パステルピンク、ブラック、ブルー、メランジグレーと合わせて8種類の色・柄から選べるようになりました。

Chululu PCインナーケース 13.3インチ&マルチポーチ
ウォータードロップスグリーン (上)、オーロラピンク (左下)、フラワーガーデンブルー (右下)

 

PCインナーケースには、13.3インチまでのノートPCを収納可能。マルチポーチにはACアダプターやマウスなどの周辺アクセサリーをまとめて収納することができます。

Chululu PCインナーケース 13.3インチ&マルチポーチ

 

弾力性と伸縮性に優れ、ウェットスーツにも使われるクロロプレンゴムをクッション材に採用。中身を傷や衝撃から保護します。PCインナーケースは、内側に柔らかな起毛素材を使用。

Chululu PCインナーケース 13.3インチ&マルチポーチ

 

ファスナーには、開閉時にPCを傷つけないようファスナーガードが付いています。ダブルスライダー式で、出し入れもラクラク。実用性とカワイイが詰まったPCケースとポーチで、バッグから取り出すたびに気分が上がりそうです。

Chululu PCインナーケース 13.3インチ&マルチポーチ

Chululu PCインナーケース 13.3インチ&マルチポーチ Chululu PCインナーケース 13.3インチ&マルチポーチ Chululu PCインナーケース 13.3インチ&マルチポーチ Chululu PCインナーケース 13.3インチ&マルチポーチ Chululu PCインナーケース 13.3インチ&マルチポーチ

Chululu PCインナーケース 13.3インチ&マルチポーチ 主な仕様

カラー フラワーガーデンブルー、オーロラピンクラベンダー、ウォータードロップスグリーン、ラベンダー、パステルピンク、ブラック、ブルー、メランジグレー

PCインナーケース

外寸 約W355×H255×D25mm
参考収容寸法 約W325×H230×D20mm
重量 約170g
材質 ポリエステル、ポリクロロプレン

マルチポーチ

外寸 約W170×H90×D60mm
内寸 約W160×H80×D50mm
重量 約80g
材質 ポリエステル、ポリクロロプレン

 

〈文〉佐藤陽子

スマホからレンズの機能をカスタマイズできる「TAMRON Lens Utility Mobile」開発発表

タムロンは、Android OSに対応するアプリ「TAMRON Lens Utility Mobile」の開発を2022年8月4日に発表した。

TAMRON Lens Utility Mobile

発表時点の対応レンズは「28-75mm F/2.8 Di III VXD G2」と「35-150mm F/2-2.8 Di III VXD」の2本。対応OSとバージョンはAndroid 6〜12で、2022年中のリリースを予定している。

レンズをカスタマイズできる「TAMRON Lens Utility」のモバイル版

「TAMRON Lens Utility Mobile」は、タムロンレンズの機能をカスタマイズできる機能を撮影現場でも使いたいという要望に応えて、2021年10月にリリースされたパソコン専用ソフトウェア「TAMRON Lens Utility」のモバイル版として開発された。別売りの「TAMRON Connection Cable」でレンズをスマートフォンやタブレットと繋ぐことで、レンズのカスタマイズができるようになる。

なお、モバイル版ということで、スマートフォンやタブレットからレンズの操作ができる機能を新たに追加したが、レンズのファームアップには対応していない。ファームウェアのアップデートは、パソコン用の「TAMRON Lens Utility」で行う必要がある。また、Android OS用のため、iOS搭載のiPhoneには対応していない点にも注意が必要だ。

「TAMRON Lens Utility Mobile」の主な機能

Android OS搭載のスマートフォンやタブレットを使ったリモート操作をはじめ、レンズのカスタムスイッチ、フォーカスセットボタン、フォーカスリングのカスタマイズができる。

■リモート操作

スマートフォン専用の機能を使える「リモートセットボタン」を設定して、被写体から被写体へスムーズにフォーカスを移動させる「A-Bフォーカス」と、設定したピント位置にフォーカスを素早く移動させる機能「フォーカスプリセット」のリモート操作ができる。どちらの機能もフォーカス移動の時間を0.1秒単位で指定可能だ。また「リモートセットボタン」は、フォーカスセットボタンが搭載されていないレンズでも使用できる。

■カスタムスイッチとフォーカスセットボタンのカスタマイズ

カスタムスイッチやフォーカスセットボタンに機能を割り当てることができる。「A-Bフォーカス」「フォーカスプリセット」のほかに、フォーカスセットボタン でAF/MFを切り替えるようにできる「AF/MF切り替え」、フォーカスリングを絞りリングに切り替える「フォーカス/絞り リング機能切り替え」、カメラボディで割り当てた機能をフォーカスセットボタンで使うことができるようにする「カメラボディ機能割り当て」などの設定が可能となっている。また、カスタマイズ設定を使わない場合には、フォーカスセットボタンを無効にすることもできる。

■フォーカスリングのカスタマイズ

フォーカスリングの回転方向を設定できる「MF回転方向」、ピントの移動方式を設定できる「MFレスポンス」のカスタマイズが可能だ。

今後も機能の拡充を進めていく

今後も「TAMRON Lens Utility Mobile」のさらなる機能拡充を予定しているとのこと。なお、アプリケーションの画面は開発中のもののため、デザインなどが変更される場合があるとしている。iOS用の登場も期待したいところだ。年内リリース予定ということなので、まずは操作性はどんなものなのか、リリースを待ちたい。

夏よりアツい首位攻防戦! 波乱が続くコンデジ売れ筋トップ10【ヨドバシカメラ売れ筋ランキング】

ヨドバシカメラ売れ筋ベストテン「コンパクトデジタルカメラ」2022年7月下期ランキング

ショッピングサイト「ヨドバシ・ドット・コム」と全国24店舗のヨドバシカメラでの売上を集計した7月下期の「コンパクトデジタルカメラ」ランキング。対象期間は、2022年7月16日~7月31日。

前回、トップの座をオリンパス「Tough TG-6」に譲った常勝ソニーの「VLOGCAM ZV-1 シューティンググリップキット」が、再び首位を奪い返してトップに立った。「Tough TG-6」は2位に後退するも、まだ首位奪還を諦めたわけではないだろう。前回2位のリコー「GR IIIx」が今回ランク外という波乱の展開もみられた。メーカー/ブランド別ではソニーが4機種5モデルで今回もトップ。キヤノンとリコーが2機種ずつ、オリンパスが1機種という結果になっている。

■ソニーのVlogコンデジが1位に返り咲き

1位は、ソニー「VLOGCAM ZV-1 シューティンググリップキット」。前回、オリンパス「Tough TG-6」に首位を奪われて4位まで後退したものの、わずか半月で首位の座に返り咲いた。このままトップを守り続けることになるのか、首位攻防戦は今後のランキングの注目ポイントの一つだ。

ソニーの勢いはとどまらない。3位の「WX500」は前回10位から、4位の 「RX100 VII」は前回8位から、それぞれ大幅ランクアップとなっている。さらに6位に「RX100 VII シューティンググリップキット」、10位に「RX100 III」と、今回も4機種5モデルがランクイン。ランキングの半数をソニーが占める結果となっている。機種の豊富なソニーだけに、この勢いはしばらく続きそうだ。

■オリンパス「Tough TG-6」の首位奪還はあるか?

2位は防水モデルのオリンパス「Tough TG-6」。前回「VLOGCAM ZV-1 シューティンググリップキット」から首位を奪ったものの、わずか半月で奪い返されてしまった。それでも2位に踏みとどまって、再び首位奪還を狙う。

■キヤノンは画質重視の2機種がランクイン

5位はキヤノン「PowerShot G7 X Mark II」。裏面照射型1インチCMOSセンサーと24〜100mm相当の大口径レンズを搭載した2016年4月発売のモデルだ。9位には「PowerShot G5 X Mark II」もランクインしている。こちらは積層型1インチCMOSセンサーに24〜120mm相当の大口径レンズを搭載したモデル。画質重視の2機種だけに、今後のランクアップに期待したい。

■リコー「GR IIIx」の後退は特別モデルの発売が影響?

7位はリコー「GR III」で、前回と同順位をキープした。前回5位の防水モデル「WG-80」も8位につける。「GR IIIx」は前回の2位からランク外となってしまったが、どうやら7月22日に発売されたメタリックグレーの特別仕様モデル「GR IIIx Urban Edition」が影響しているようだ。想定を大幅に上回る予約があり、納品に時間がかかるとアナウンスされており、「GR IIIx」の通常モデルと人気を二分する存在になりそう。そうなると首位奪還への影響も小さくない。どんな順位でランキングに登場してくるのか、注目したい。

データ集計期間 : 2022年7月16日~7月31日

 

第1位 ソニー VLOGCAM ZV-1 シューティンググリップキット

第1位 ソニー VLOGCAM ZV-1 シューティンググリップキット

 

第2位 オリンパス Tough TG-6

第2位 オリンパス Tough TG-6 (レッド)

第2位 オリンパス Tough TG-6 (ブラック)

 

第3位 ソニー Cyber-shot WX500

第3位 ソニー Cyber-shot WX500 (ブラック)

第3位 ソニー Cyber-shot WX500 (レッド)

第3位 ソニー Cyber-shot WX500 (ホワイト)

 

第4位 ソニー Cyber-shot RX100 VII

第4位 ソニー Cyber-shot RX100 VII

 

第5位 キヤノン PowerShot G7 X Mark II

第5位 キヤノン PowerShot G7 X Mark II

 

第6位 ソニー Cyber-shot RX100 VII シューティンググリップキット

第6位 ソニー Cyber-shot RX100 VII シューティンググリップキット

 

第7位 リコー GR III

第7位 リコー GR III

 

第8位 リコー WG-80

第8位 リコー WG-80 (オレンジ)

第8位 リコー WG-80 (ブラック)

 

第9位 キヤノン PowerShot G5 X Mark II

第9位 キヤノン PowerShot G5 X Mark II

 

第10位 ソニー Cyber-shot RX100 III

第10位 ソニー Cyber-shot RX100 III

 

ショッピングサイト「ヨドバシ・ドット・コム」およびヨドバシカメラ全国24店舗での売れ筋ランキングを発表する「ヨドバシカメラ売れ筋ベストテン」。「デジタル一眼カメラ (一眼レフ+ミラーレス一眼)」「コンパクトデジタルカメラ」「デジタル一眼カメラ用交換レンズ」3カテゴリーでの販売状況を、毎月上期と下期の2回に分けてお届けします。

<参考ページ>

■第1位 ソニー VLOGCAM ZV-1 シューティンググリップキット ブラック | ホワイト

■第2位 オリンパス Tough TG-6 レッド | ブラック

■第3位 ソニー Cyber-shot WX500 ブラック | レッド | ホワイト

■第4位 ソニー Cyber-shot RX100 VII

■第5位 キヤノン PowerShot G7 X Mark II

■第6位 ソニー Cyber-shot RX100 VII シューティンググリップキット

■第7位 リコー GR III

■第8位 リコー WG-80 オレンジ | ブラック

■第9位 キヤノン PowerShot G5 X Mark II

■第10位 ソニー Cyber-shot RX100 III

 

第1位 ソニー VLOGCAM ZV-1 シューティンググリップキット (ブラック) 第1位 ソニー VLOGCAM ZV-1 シューティンググリップキット (ホワイト) 第2位 オリンパス Tough TG-6 (レッド) 第2位 オリンパス Tough TG-6 (ブラック) 第3位 ソニー Cyber-shot WX500 (ブラック) 第3位 ソニー Cyber-shot WX500 (レッド) 第3位 ソニー Cyber-shot WX500 (ホワイト) 第4位 ソニー Cyber-shot RX100 VII 第5位 キヤノン PowerShot G7 X Mark II 第6位 ソニー Cyber-shot RX100 VII シューティンググリップキット 第7位 リコー GR III 第8位 リコー WG-80 (オレンジ) 第8位 リコー WG-80 (ブラック) 第9位 キヤノン PowerShot G5 X Mark II 第10位 ソニー Cyber-shot RX100 III

 

協力 : 株式会社ヨドバシカメラ

飾ってもオシャレ! 小さなタイプライターみたいなポータブル感熱紙プリンター「LetSketch」

MKトレードが、手のひらサイズの感熱紙プリンター「LetSketch」(レットスケッチ) 販売プロジェクトをクラウドファンディングサイトのMakuakeにて開始しました。カラーはグリーンとレッドの2色。All in方式のため、プロジェクト終了日の2022年8月30日までに支払いを完了した時点で購入が成立。製品は2022年12月末までに発送予定です。

LetSketch
 

「LetSketch」は、スマートフォンの写真やオリジナルラベルなどを印刷できる小型のポータブルプリンター。レシートタイプやラベルタイプの用紙も用意されています。

LetSketch
昔懐かしのタイプライターを小さくしたようなレトロデザイン。キーの部分には「RETRO PRINTER」と刻印されています。インテリアとして飾ってもオシャレ!

 

スマートフォンに専用の無料アプリをダウンロードし、本体とBluetooth接続して画像を選択すれば、簡単に300dpiの高解像度でモノクロ写真をプリントできます。アプリにはさまざまなテンプレートが入っており、自分でレイアウトしたりテキストを追加したりしてオリジナルの絵柄を作ることも可能。ラベルタイプの用紙に印刷すれば、ノートに貼ったり瓶などのラベルとして活用することができます。

LetSketch

 

印刷には感熱紙を使用するため、トナーやインクは不要。感熱紙は保管状況により印刷した画像が褪せていきますが、空気や光にできるだけ触れないようにすると長持ちさせることができます。

LetSketch
保管の目安は正常な環境で3~5年。

 

本体にはレシートタイプ1巻が付属するほか、「52mm幅 レシートタイプ 3個入り」「52mm幅 切れ目なし ラベルタイプ 3個入り」「幅40×高さ60mm ラベル片ロール紙 3個入り」「幅40×高さ30mm ラベル片ロール紙 3個入り」のリターンも選択できます。

LetSketch
紹介動画より

■SNSキャンペーンも実施

過去にMKトレードのクラウドファンディングプロジェクトを利用したことがあり、さらに「LetSketch」を応援購入した場合、「シェア支援リンク」を自身のSNSでシェアしたうえで応募すると「切れ目なしラベル紙 3個入り」1パックがプレゼントされます。

初めてMKトレードのクラウドファンディングプロジェクトを利用する人は、「LetSketch」を応援購入して「シェア支援リンク」を自身のSNSでシェアしたうえで応募すると、「レシートタイプロール紙 3個入り」1パックがプレゼントされます。締め切りはいずれも2022年8月30日。応募はプロジェクトページの「実行者へ問合せ」ボタンから。

支援額 (税・送料込)

  • LetSketch 1個 6,800円 (お得割) 限定500台
  • LetSketch 2個 11,950円 (ペア割) 限定200セット
  • 追加ロール紙 レシートタイプ 3個入り 1パック 890円
  • 追加ロール紙 ラベルタイプ 3個入り 1パック 1,190円
  • 追加ロール紙 4種類セット 3個入り 4パック 4,200円

LetSketch 主な仕様

カラー グリーン、レッド
印刷方法 感熱印刷
印刷解像度 300dpi
接続方式 Bluetooth 5.0
バッテリー容量 1,000mAhリチウム充電式電池
充電方式 USB充電
入力 5V/1A
アプリ対応OS iOS9.0 / Android6.0 以上
サイズ 135×92×60mm
重量 256g
素材 ABS

 

〈文〉佐藤陽子

水中写真が美しく仕上がる! RAW現像ソフトの特別セット「SILKYPIX Developer Studio Pro11 〜Package for Marine〜」

市川ソフトラボラトリーは、高画質RAW現像ソフトと水中写真の調整方法に特化したマリンガイドブックをセットにした「SILKYPIX Developer Studio Pro11 〜Package for Marine〜」を2022年8月4日に発売した。参考価格は23,870円 (税込)。

SILKYPIX Developer Studio Pro11 〜Package for Marine〜

 

汎用性の高いRAW現像ソフト「SILKYPIX (シルキーピックス)」の最新版となる「SILKYPIX Developer Studio Pro11」に、水中写真の調整方法に特化した専用の「マリンガイドブック」、ロゴ入りの「SILKYPIXオリジナルマリンバッグ」(容量5リットル) がセットになった特別パッケージ。

SILKYPIX Developer Studio Pro11 〜Package for Marine〜
「SILKYPIX Developer Studio Pro11 〜Package for Marine〜」のパッケージ内容

 

ソフト自体は通常の「SILKYPIX Developer Studio Pro11」と同じ。「Developer Studio Pro11」の数ある機能の中で、「マリンコントローラ機能」など水中写真を美しく仕上げるのに必要な機能・操作を解説したガイドブックが付属する点が、通常版との違い。

マリンコントローラ機能

■水中オートホワイトバランス

画像を解析して青みを取り除く方向でホワイトバランスを自動的に決定し、色温度と色偏差、色深度、水中色偏差を適切に設定できる。

■水中グレーバランスツール

写真の中に白いもの (あるいは無彩色のもの) が写っている場合、その部分を指定するだけで自動的にホワイトバランス、色深度、水中色偏差を適切に設定する。

■色深度

水深に対応したホワイトバランスを手動で調整する。

■水中色偏差

水の色により、緑がかったり、青みがかったりした画像を手動で調整する。

■色復元

水深が深くなるほど色の鮮やかさが失われ、色の変化が大きくなるが、色復元を調整することで、水中で失われがちな赤色や、それに伴って変化する色の復元を行う。

■濁り除去

水中のチリや浮遊物により、コントラストが低下する場合、光の散乱を除去し、濁りを緩和する。

 

SILKYPIX Developer Studio Pro11 〜Package for Marine〜
操作画面

水中写真向け基本機能

■水中用テイスト (プリセット)

「テイスト」というプリセットを水中用に5種類搭載。好みの「テイスト」をメニューから選択するだけで、調整できる。

■RAW/JPEG/TIFF対応

独自の技術「SILKYPIX RAW Bridge」機能により、JPEGやTIFFの画像データをRAWデータに近い状態に拡張することで的確な補正が可能。

■ファインカラーコントローラ

8つに分けられた色ごとにそれぞれ「色相」「彩度」「明度」の調整を行う。

■スポッティングツール

水中の浮遊物やイメージセンサーに付着したゴミの写り込みの自動消去や指定した場所をコピーして修正できる。

SILKYPIX Developer Studio Pro11 動作環境

<Windows>

  • Windows 11/10/8.1 64bit版 (Windows 10タブレットモード、32bit版には非対応)
  • Intel Core 2 Duo以上 またはAMD Athlon 64 X2以上のプロセッサー
  • DirectX 10以上に対応したグラフィックボード
  • 4GB以上のRAM (8GB以上を推奨)
  • 20GB以上の空き容量があるハードディスク
  • 1024×768以上の画面解像度をサポートするディスプレイ

<macOS>

  • macOS 10.15/11/12
  • Intel Core 2 Duo以上のプロセッサー
  • 4GB以上のRAM (8GB以上を推奨)
  • 20GB以上の空き容量があるハードディスク
  • 1024×768以上の画面解像度をサポートするディスプレイ

オールドレンズの前玉をガードする真鍮製のカブセ式メタルレンズキャップ

ユーエヌは、オールドレンズ向けの「メタルレンズキャップ (カブセ式)」を2022年8月5日に発売した。

メタルレンズキャップ

 

「メタルレンズキャップ (カブセ式)」には、36mm用シルバー、39mm用シルバー/ブラック、41mm用シルバー、43mm用シルバー/ブラックがある。素材は真鍮で、シルバータイプはメッキ、ブラックタイプは塗装。それぞれ対応するレンズがアナウンスされている。価格はオープン。全モデルとも参考価格は3,300円 (税込)。

ユーエヌ メタルレンズキャップ (カブセ式) 36mm

真鍮製の36mmカブセ式レンズキャップ。シルバーのアルマイト処理が施されたシルバーモデル (UNX-8711) のみ。内側はシルバー塗装。高級感のある仕上がりになっている。サイズは約φ38.7×10.5mm。重量は9.1g。

メタルレンズキャップ

メタルレンズキャップ
エルマー 50mm F3.5 装着例

<適合レンズ>
エルマー 35mm F3.5、エルマー 50mm F3.5 (スクリューマウント)、エルマー 90mm F4 (No.153000まで)、エルマー 135mm F4.5、ヘクトール 28mm F6.3、ヘクトール 50mm F2.5、ヘクトール 135mm F4.5(No.14160000まで)、ズマロン 28mm F5.6、ズマロン 35mm F3.5

ユーエヌ メタルレンズキャップ (カブセ式) 39mm

真鍮製の39mmカブセ式レンズキャップ。シルバータイプ (UNX-8712) はアルマイト処理が施され、内側はシルバー塗装。ブラックタイプ (UNX-8713) はアルマイト処理を施したうえでブラック塗装を施している。サイズは約φ40.5×9.9mm。重量は13.35g。

メタルレンズキャップ

メタルレンズキャップ
ズミクロン 50mm F2 (シルバー) 装着例
メタルレンズキャップ
ズミクロン 50mm F2 (ブラック) 装着例

<適合レンズ>
エルマー 50mm F2.8、エルマー 50mm F3.5 (バヨネットマウント)、エルマー 90mm F4 (No.153001より)、ズミクロン 35mm F2、ズミクロン 50mm F2、ズミクロン 35mm F2.8、ズミクロン 35mm F3.5、ズマロン 35mm F2.8、ズマロン 35mm F3.5、エルマリート90mm F2.8、テレエルマー 135mm F4、スーパーアンギュロン 21mm F4

ユーエヌ メタルレンズキャップ (カブセ式) 41mm

真鍮製の41mmカブセ式レンズキャップ。シルバーのアルマイト処理が施されたシルバーモデル (UNX-8714) のみ。内側はシルバー塗装。レンズのデザイン性を損なわない高級感のある仕上がりになっている。サイズは約φ46×6.3mm。重量は11.9g。

メタルレンズキャップ

メタルレンズキャップ
ズマリット 50mm F1.5 装着例

<適合レンズ>
ズマリット 50mm F1.5

ユーエヌ メタルレンズキャップ (カブセ式) 43mm

真鍮製の43mmカブセ式レンズキャップ。シルバータイプ (UNX-8715) はアルマイト処理が施され、内側はシルバー塗装。ブラックタイプ (UNX-8716) はアルマイト処理を施したうえでブラック塗装を施している。サイズは約φ48×11.5mm。重量は15.5g。

メタルレンズキャップ

メタルレンズキャップ
ズミルックス 50mm F1.4 (シルバー) 装着例
メタルレンズキャップ
ズミルックス 50mm F1.4 (ブラック) 装着例

<適合レンズ>
ズミルックス 50mm F1.4、オリンパスペンF用レンズ (38mm F1.8、38mm F2.8、40mm F1.4、70mm F2)、オリンパスペンD

写真家・根本好伸が淡路島で撮る“夏休み” グラビア雑誌『BOMB』9月号発売

グラビア雑誌『BOMB』9月号が8月8日に発売される。
撮影を担当したのは、写真家の根本好伸やグラビア界の第一線で活躍する写真家たちだ。

根本が撮影する表紙のNMB48・川上千尋と上西怜は、淡路島ロケの水着グラビアに挑戦。

まぶしい太陽の下、ビーチではしゃぐ2人。旅館でかき氷、畳でごろごろ、夏休み感全開に楽しむ様子を表現した。

浴衣に着替えたら温泉に入りしっとりと。まるで姉妹のような2人の水着満載グラビアが楽しめる。

▽ギャラリー(タップで拡大して見られます)

裏表紙にはグラビアで勢いが止まらないNMB48・本郷柚巴が、ボム初ソロ水着グラビアに登場。

ふとした瞬間に魅せる大人っぽい表情や、明るく健康的な笑顔とセクシーボディを披露した。

13ページロンググラビアでは色々な表情の本郷が詰め込まれている。

根本好伸 プロフィール

写真家。
東京都出身。麻布スタジオ、集英社の専属カメラマンを経て独立。主に雑誌、写真集グラビアの撮影を多数手掛けている。代表作に阿部華也子1st写真集『Sweet Journey』(2018年/小学館)、女の子がかわいく見えちゃう55の撮り方(2015年/玄光社)、工藤晴香写真集『910hr』(2018年/講談社)などがある。

書籍情報

ボム 22年9月号
特別定価:1,098円(税込)
発売日:2022年8月8日
判型:AB

●別冊付録
両面超BIGポスター
川上千尋・上西怜/本郷柚巴(NMB48)

【登場タレント】
川上千尋(NMB48)
上西 怜(NMB48)
本郷柚巴(NMB48)
その他

【今週の人気記事ランキング】今、写真家が撮りたい“5人の女優”注目の写真展が開催(7/31~8/6)

日々、カメラや写真に関するさまざまな情報を、CAPA CAMERA WEBではお届けしています。しかし、中には見過ごしてしまった「出会い」もあるのでは……と、ここでは先週(7/31~8/6)に公開した記事から、人気だったものをまとめてみました。

第1位:“今撮りたい女優”5人を写真家5人が撮り下ろす「私が撮りたかった女優展」Vol.4は上白石萌歌・三吉彩花・藤原さくら・河合優実・川栄李奈が登場

私が撮りたかった女優展 Vol.4

フォトグラファー5名が撮り下ろした女優5名の写真展「私が撮りたかった女優展 Vol.4」が、2022年8月11日から開催される。

>>記事はこちら

第2位:超小型アクションカメラ「DJI Action 2」が30%OFF! セキドが「DJI レイトサマーセール」開催

セキドが、公式オンラインストアにてアクションカメラ「DJI Action 2」が30%OFFになる「DJI レイトサマーセール」を開始しました。数量限定のプレゼントも用意されています。セール期間は2022年8月15日まで。

>>記事はこちら

第3位:ネコ好きにはたまらない! 岩合光昭さんの新作写真展「岩合光昭の日本ねこ歩き」スタート

岩合光昭さんの新作写真展「岩合光昭の日本ねこ歩き」が、2022年8月2日より札幌三越、8月3日より新潟伊勢丹で開催される。

>>記事はこちら

第4位:開発中の新マクロレンズとカスタムイメージを初公開!「PENTAX ミーティング オンライン 2022 夏」レポート

ペンタックスのオンラインイベント「PENTAX ミーティング オンライン 2022 夏」が、2022年7月31日に開催された。オープンしたばかりの「PENATXクラブハウス」からライブ配信されたもので、新製品に関するお知らせもいくつかあったので、ピックアップしてお伝えしよう。

>>記事はこちら

第5位:APO-LANTHAR 35mm F2 ニコンZマウントで鉄道を実写! シャープ感と階調表現力が凄い

軸上色収差を徹底的に抑え、フォクトレンダー史上最高性能を実現した「APO-LANTHAR 35mm F2 Aspherical」がニコンZマウントで登場。最新ミラーレスカメラの画質性能を引き出す準広角レンズを携えて、鉄道撮影に出かけた。

>>記事はこちら

おまけ:まとめ担当者のおすすめ記事

最新スマホ写真は肉眼を超えた! 夜景ポトレで“ドラマチックな1枚”に挑戦した「Galaxy×CAPA」撮影会レポート

兵庫県神戸市・メリケンパークにて2022年7月16日に『Galaxy×CAPA モデル&夜景撮影会 in 神戸』が開催されました。参加者は最新スマートフォンを用いて、美しい夕焼けや神戸の夜景撮影を、プロカメラマンのレクチャーのもとに楽しみました。

>>記事はこちら

またまた首位交代、好調ソニーをキヤノンが追う! いま売れてるレンズTOP10【ヨドバシカメラ売れ筋ランキング】

ヨドバシカメラ売れ筋ベストテン「デジタル一眼カメラ用交換レンズ」2022年7月下期ランキング

ショッピングサイト「ヨドバシ・ドット・コム」と全国24店舗のヨドバシカメラでの売上を集計した7月下期の「交換レンズ」ランキング。対象期間は、2022年7月16日~7月31日。

レンズランキングを制したのは、ソニー「FE 24-70mm F2.8 GM II」。前回、ニコン「NIKKOR Z 400mm f/4.5 VR S」に奪われたトップを奪い返した。2位はキヤノン「RF14-35mm F4 L IS USM」、3位はタムロン「28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXD」(Eマウント)。前回1位の「NIKKOR Z 400mm f/4.5 VR S」はランク外となっている。

メーカー別では、ソニーが4機種でトップ。キヤノンが3機種、シグマが2機種、タムロンが1機種という結果で、前回とは大きく様変わりしている。

■大口径標準ズームが1位に返り咲き、4機種ランクインで好調のソニー

1位は、ソニー「FE 24-70mm F2.8 GM II」。前回、ニコン「NIKKOR Z 400mm f/4.5 VR S」に1位を奪われ3連覇を逃したが、わずか半月で首位に返り咲いた。6位には、前回9位の大口径望遠ズーム「FE 70-200mm F2.8 GM OSS II」がランクアップしてつける。さらに9位に電動広角ズーム「FE PZ 16-35mm F4 G」、10位に大口径標準単焦点「FE 50mm F1.2 GM」と、3本のGマスターレンズと1本のGレンズがトップ10入りしたソニー。首位攻防戦はもちろん、Gレンズの動きからも目が離せそうにない。

■キヤノンの広角ズームが2位にランクアップ

2位には、キヤノン「RF14-35mm F4 L IS USM」が前回の5位からランクアップして、首位をうかがう位置につける。4位の「RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM」、7位の「RF24-70mm F2.8 L IS USM」は、いずれもランク外からの返り咲きで、トップ10入りは3機種に増えた。ただし、前回7位だった「RF70-200mm F2.8 L IS USM」は今回ランク外と、安定供給にはあと一歩といったところ。次回、トップ10入りする機種が増えるのか、首位奪取はあるのかに注目だ。

■タムロンの高倍率ズームも3位にランクアップ

3位は、前回6位のタムロン「28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXD」(Eマウント)。着実に順位を上げてトップ3に入った。一方、前回4位の「35-150mm F/2-2.8 Di III VXD」(Eマウント) は今回ランク外と、大きく順位を落としている。こちらも不安定な供給が要因だろうか。今後の動向が注目される。

■シグマが1か月ぶりにランクイン

5位はシグマ「100-400mm F5-6.3 DG DN OS | Contemporary」(Eマウント)。8位に「28-70mm F2.8 DG DN | Contemporary」(Eマウント)もランクインした。いずれもランク外からの返り咲きで、シグマのトップ10入りは、6月下期の「16-28mm F2.8 DG DN | Contemporary」(Eマウント) からひと月ぶりとなる。まだまだ安定供給といかないようだ。次回どんな機種がトップ10入りするのかが注目ポイントだ。

データ集計期間 : 2022年7月16日~7月31日

 

第1位 ソニー FE 24-70mm F2.8 GM II

第1位 ソニー FE 24-70mm F2.8 GM II

 

第2位 キヤノン RF14-35mm F4 L IS USM

第2位 キヤノン RF14-35mm F4 L IS USM

 

第3位 タムロン 28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXD (Eマウント)

第3位 タムロン 28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXD (Eマウント)

 

第4位 キヤノン RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM

第4位 キヤノン RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM

 

第5位 シグマ 100-400mm F5-6.3 DG DN OS | Contemporary (Eマウント)

第5位 シグマ 100-400mm F5-6.3 DG DN OS | Contemporary (Eマウント)

 

第6位 ソニー FE 70-200mm F2.8 GM OSS II

第6位 ソニー FE 70-200mm F2.8 GM OSS II

 

第7位 キヤノン RF24-70mm F2.8 L IS USM

第7位 キヤノン RF24-70mm F2.8 L IS USM

 

第8位 シグマ 28-70mm F2.8 DG DN | Contemporary (Eマウント)

第8位 シグマ 28-70mm F2.8 DG DN | Contemporary (Eマウント)

 

第9位 ソニー FE PZ 16-35mm F4 G

第9位 ソニー FE PZ 16-35mm F4 G

 

第10位 ソニー FE 50mm F1.2 GM

第10位 ソニー FE 50mm F1.2 GM

 

ショッピングサイト「ヨドバシ・ドット・コム」およびヨドバシカメラ全国24店舗での売れ筋ランキングを発表する「ヨドバシカメラ売れ筋ベストテン」。「デジタル一眼カメラ (一眼レフ+ミラーレス一眼)」「コンパクトデジタルカメラ」「デジタル一眼カメラ用交換レンズ」3カテゴリーでの販売状況を、毎月上期と下期の2回に分けてお届けします。

<参考ページ>

■第1位 ソニー FE 24-70mm F2.8 GM II

■第2位 キヤノン RF14-35mm F4 L IS USM

■第3位 タムロン 28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXD (Eマウント)

■第4位 キヤノン RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM

■第5位 シグマ 100-400mm F5-6.3 DG DN OS | Contemporary (Eマウント)

■第6位 ソニー FE 70-200mm F2.8 GM OSS II

■第7位 キヤノン RF24-70mm F2.8 L IS USM

■第8位 シグマ 28-70mm F2.8 DG DN | Contemporary (Eマウント)

■第9位 ソニー FE PZ 16-35mm F4 G

■第10位 ソニー FE 50mm F1.2 GM

 

第1位 ソニー FE 24-70mm F2.8 GM II 第2位 キヤノン RF14-35mm F4 L IS USM 第3位 タムロン 28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXD (Eマウント) 第4位 キヤノン RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM 第5位 シグマ 100-400mm F5-6.3 DG DN OS | Contemporary (Eマウント) 第6位 ソニー FE 70-200mm F2.8 GM OSS II 第7位 キヤノン RF24-70mm F2.8 L IS USM 第8位 シグマ 28-70mm F2.8 DG DN | Contemporary (Eマウント) 第9位 ソニー FE PZ 16-35mm F4 G 第10位 ソニー FE 50mm F1.2 GM

 

協力 : 株式会社ヨドバシカメラ

1つの海岸を舞台にした「和歌山県・南紀」の魅力を伝えるアート写真集『志原海岸-SHIHARA COAST-』発売

写真家・丸山由起の写真集「志原海岸-SHIHARA COAST-」が一般発売された。

十万年かけて生み出された自然の造形美の魅力を伝えたい

このプロジェクトは、自然をこよなく愛するアウトドア施設オーナー南畑の「奥深い志原海岸の魅力をさらに多くの人に伝えたい」という熱い思いを発信すべく、スタートした。

その思いを持ってグランピング施設「In the Outdoor白浜志原海岸」をオープンし、地元写真家の丸山とタッグを組み、ただ「景色を見る」以上の魅力を伝えるためのアート写真集の出版に至った。

現代に生きる大人や子供たちに「見る」だけでは見えない景色を見せたい

今回のアート写真集では、あえて志原の自然「だけ」を主役にし、写真集を通して、ただ「見る」だけでは見えない景色を見て欲しい、イメージを膨らませ古代から未来まで「見えないものが見える」経験を現代に生きる大人や子供たちにしてもらうことを狙いとしている。

このプロジェクトを通じて、地域内外の人に「南紀にはこんなにも素晴らしい自然があるんだ!」ということを知ってもらい、南紀を好きになり、南紀を訪れるきっかけを創出したいという思いが込められている。

▽ギャラリー(タップで拡大して見られます)

製作者コメント

写真家「丸山由起」(画像左)

和歌山県・南紀の魅力を写真で発信する紀南フィルムリーダー。2021年6月に刊行された熊野のフォトブック『南紀熊野ROUTE42』、「街に美少女を増やそう」というコンセプトで作られた街のリアルな写真集『和歌山美少女図鑑』の撮影を担当。写真を通して、和歌山県の人や風景の魅力発信に尽力中。

「光栄にも私の写真を信じて志原海岸と向き合い思いのまま撮らせていただく機会に感動と感謝をしています。また写真に向き合う者として、新しい視点をもつに至る大きな機会になりました。ご興味持っていただいた方にはぜひ写真集を手に取っていただきたいです。」

アウトドア施設オーナー「南畑義明」(画像右)

OUTDOOR TRIP株式会社代表取締役社長。先代から譲り受けたキャンプ場「リゾート大島」に加え、関西発の国立公園内のグランピング施設「In the Outdoor白浜志原海岸」お土産や体験が可能な「橋杭ICO」、アウトドアアクティビティ「KUMANO OUTDOOR TRIP」などを手掛ける。

「南紀熊野には橋杭岩や那智の滝や瀞峡などの素晴らしい自然景観があります。ですがそれらと比べても志原海岸は主役級の魅力がある場所だと感じています。ぜひ丸山由起さんの素晴らしい写真集を手にとっていただき、また現地にも足を運んでいただけると嬉しいです。」

書籍情報

書名:「志原海岸-SHIHARA COAST-」
写真:丸山由起
発売日:2022年8月1日
定価:3850円(税込)
仕様:本文28ページ(カラー)/A4判+表紙上製本

新品がいい? 中古を選ぶ? 2022夏の狙い目カメラをプロ写真家に聞いた!

かつては考えられなかったことですが、半導体不足などによりカメラ業界も製品がすっかり品薄になってしまいました。また、原材料価格の高騰や円安といった世界情勢の影響により、メーカー希望小売価格の値上げも続々と発表されています。そんな2022年夏、カメラの在庫はどうなっているのでしょうか? 新品だけでなく、中古カメラの動きは? カメラ店レポートで多くのお店を巡っている写真家の藤井智弘さんに、カメラ店を取材して感じた現場の状況をお聞きしました。

2022夏の狙い目カメラ

品薄状態は少しずつ回復基調へ

コロナ禍で半導体不足の影響もあり、長く品薄状態が続いていたカメラ販売業界。まだ十分とはいえないものの少しずつ解消されてきている気配を感じる。イベントや旅行なども徐々に再開され、撮影機会が増えているのも嬉しい。販売店も活気づいてきたようだ。ただし「キヤノン EOS R3」や「ニコン Z 9」などは相変わらず入荷が乏しく、カメラ店では、欲しい人がいても販売できないというもどかしさも垣間見える。

ミラーレス全盛の今、一眼レフは中古という選択肢も

新品、中古を通して、どのショップも売れ線はミラーレスだ。ほんの数年前まで「本格派は一眼レフ」という意識を持っている人が多数だったが、それもついに変わってきたようだ。とはいえ、すべてのユーザーが突然システムをミラーレスに変更するなどということはない。まだまだ一眼レフの需要も少なくない。特に中古だと手軽にシステムアップできるため、積極的に中古にも目を向けてみると、良いモノを賢く購入できそうだ。

ミラーレスは一世代前のモデルが狙い目

ソニー α7 III」や「オリンパス OM-D E-M1 Mark III」「富士フイルム X-T3」など、一世代前のモデルを狙うのもお財布に優しい方法だ。たしかに最新モデルは進化しているが、実際には旧モデルでも十分な性能を持っていることが多い。そのぶんレンズに予算をまわすという選択肢も悪くないはず。最新モデルにこだわらなければ、選択の幅は大きく広がっていく。その中から、自分の撮影スタイルや予算に合った機種を選ぼう。

藤井カメラマンの注目モデルはコレ!

リコー GR III

リコー GR III
新品参考価格 123,750円
中古価格 75,000円前後

スナップカメラの定番コンパクト。APS-Cサイズながらポケットに入るサイズ感と、フィルムの「GR 1」から受け継ぐデザインがGRならではの魅力。なお「GR III」の新品は手に入るが、中古は品薄。あってもすぐ売れてしまうので欲しい人は逃さないように。APS-Cになった初代GRなら45,000円前後。「GR II」は5万円前後だ。やはり数は少ない。

キヤノン EOS 6D Mark II

キヤノン EOS 6D Mark II
新品参考価格 192,500円 (ボディ)
中古価格 115,000円前後

フルサイズ一眼レフながら小型軽量で、女性にも扱いやすい。初めてのフルサイズ機としてオススメ。中古でも探しやすい。またEFレンズの中古も豊富なので、手軽にシステムアップができる。

ソニー α7 II

ソニー α7 II
中古価格 9万円前後

発売から8年が経つため、中古の価格も下がっている。状態によっては8万円台前半で購入可能だ。手ブレ補正も内蔵され、実力は高い。初めてのフルサイズミラーレスやオールドレンズのベースボディに。

ペンタックス K-3 Mark III

ペンタックス K-3 Mark III
新品参考価格 219,590円 (ボディ)
中古価格 175,000円前後

APS-Cサイズとは思えないほど視認性の高い光学ファインダーやキレの良いシャッター、扱いやすい操作性など、一眼レフの魅力を満載。「やっぱりレンズ交換式は一眼レフ」とこだわる人にイチオシ。

ニコン Z 50

ニコン Z 50
新品参考価格 119,900円 (ボディ)
中古価格 75,000円前後

小型軽量ながらニコンらしいガッチリした造りと、視認性に優れたEVFが魅力のAPS-Cミラーレス。これから本格的に写真を始めるビギナーに使ってほしい。レンズキットの新品は12万円前後、中古は10万円前後だ。

中古の狙い目モデルはコレ!

2022夏の狙い目カメラ

富士フイルム GFX 50S

富士フイルム GFX 50S
中古価格 23万円前後

ラージフォーマット機がフルサイズ機と競合できる価格帯に

フルサイズ機ユーザーでも中判デジタルを遠い存在に思っている人はまだ多いだろう。しかしGFXシリーズは、中判を身近な存在にしている。33×44ミリの撮像素子から得られる画質は、フルサイズ機をしのぐ豊かな仕上がり。風景やポートレートにぜひ使ってみてほしい。新たな世界が開けるはずだ。

オリンパス PEN-F

オリンパス PEN-F
中古価格 10万円前後

独自の雰囲気にあふれたPEN-Fも今なら買いやすい

かつてのハーフサイズ一眼レフ「ペン F」を彷彿させるクラシカルなスタイル。PENシリーズで唯一EVFを搭載し、特別感のあるカメラだ。デザインだけでなく、カラープロファイルやモノクロプロファイルで自分好みの仕上がりに追い込めるのも特徴。スタイリッシュにカメラを持ち歩きたい人は注目だ。

 

※価格はすべて取材時の税込価格です。中古品の在庫や価格は変動するため、記事で紹介した製品が店頭にない場合があります。

 

2022夏の狙い目カメラ リコー GR III キヤノン EOS 6D Mark II ソニー α7 II ペンタックス K-3 Mark III ニコン Z 50 2022夏の狙い目カメラ 富士フイルム GFX 50S オリンパス PEN-F

10000mAhモバイルバッテリーが千円台! 7日間限りのお得なベルキンAmazonセール

ベルキンが、モバイルバッテリーを含む5製品のセールをAmazonで開催します。期間は2022年8月8日~14日。最大30%OFFのお買い得価格でゲットするチャンスです。

ベルキンAmazonセール

■BOOST↑CHARGE 3ポートモバイルバッテリー 10000mAh + USB-A to USB-Cケーブル付き

「BOOST↑CHARGE 3ポートモバイルバッテリー 10000mAh + USB-A to USB-Cケーブル付き」は、通常価格2,390円のところ、セール中は30%OFFの1,673円 (いずれも税込) に。カラーはピンク、ブラック、ブルーが用意されています。

BOOST↑CHARGE 3ポートモバイルバッテリー 10000mAh + USB-A to USB-Cケーブル付き

厚さ15mmのスリムサイズに15W USB Type-Cポート1つと12W USB Type-Aポート2つを搭載しています。Type-Cポートは急速充電規格 USB PD (Power Delivery) に対応し、3台同時充電も可能。さらにUSB-A to USB-Cケーブルも同梱して千円台という、驚異的なコスパの高さです。

[カラー] ピンク、ブラック、ブルー [容量] 10000mAh [外寸] 6.8×13.1×1.5cm [重さ] 222g [付属品] USB-A to USB-Cケーブル (15cm)

■BOOST↑CHARGE USB-C PDパワーバンク 10K + USB-Cケーブル

モバイルバッテリー「BOOST↑CHARGE USB-C PDパワーバンク 10K + USB-Cケーブル」は、通常価格3,490円のところ、セール中は20%OFFの2,792円 (いずれも税込) に。カラーはブラックとホワイトが用意されています。

BOOST↑CHARGE USB-C PDパワーバンク 10K + USB-Cケーブル

18W USB Type-Cポートと12W USB Type-Aポートを1つずつ搭載し、2台同時充電が可能。USB Type-CポートはUSB PDに対応し、iPhoneを30分で0%から50%まで充電することができます。

[カラー] ブラック、ホワイト [容量] 10000mAh [外寸] 7.4×14.3×1.6cm [重さ] 249g [付属品] USB-C to USB-Cケーブル (15cm)

 

そのほか、ワイヤレスイヤフォン3製品もセール期間中は最大20%OFFになります。

ベルキン Amazonセール 概要

開催期間
2022年8月8日 (月)~14日 (日)

セール価格 (税込)

  • Belkin BOOST↑CHARGE 3ポートモバイルバッテリー 10000mAh + USB-A to USB-Cケーブル付き 1,673円 (30%OFF)
  • Belkin BOOST↑CHARGE USB-C PDパワーバンク 10K + USB-Cケーブル 2,792円 (20%OFF)
  • Belkin SOUNDFORM Immerse ノイズキャンセリングイヤフォン 16,983円 (15%OFF)
  • Belkin SOUNDFORM Rise 完全ワイヤレスイヤフォン 4,784円 (20%OFF)
  • Belkin SOUNDFORM Play 完全ワイヤレスイヤフォン 3,184円 (20%OFF)

 

〈文〉佐藤陽子

超望遠ズームレンズ「タムロン 150-500mm F/5-6.7 Di III VC VXD」の手ブレ補正と流し撮り時の安定性が向上

タムロンが、超望遠ズームレンズ「150-500mm F/5-6.7 Di III VC VXD」(ソニーEマウント) のファームウェアVer.2を2022年8月3日に公開した。

150-500mm F/5-6.7 Di III VC VXD

 

変更内容は以下のとおり。

タムロン 150-500mm F/5-6.7 Di III VC VXD ファームウェア Ver.2

手ブレ補正機能および流し撮り撮影時の安定性向上。

 

ファームウェアのダウンロードはこちらから。

写真家・岡本武志が撮る“夏らしさ全開”のグラビア!大久保桜子が表紙の「週刊FLASH」発売

雑誌『週刊FLASH』が発売された。

撮影を担当したのは、写真家の岡本武志など第一線で活躍する写真家たちだ。

表紙を担当したのはスーパー戦隊シリーズでドラマデビューし、最近ではウェブドラマでも活躍している大久保桜子。

ヨーヨー釣りやスイカ割りのシチュエーションで無邪気な顔を見せたかと思えば、屋内では一転してドキッとする表情と大胆なカットを披露。

「恥ずかしがり屋で、お遊戯会でもずっと後ろの方に隠れているタイプでした」と幼少期を語っているほか、今月初挑戦する舞台への意気込みや、仕事への取り組み方などを明かした。真面目な一面が垣間見えるインタビューも必見の内容となっている。

▽ギャラリー(タップで拡大して見られます)

『FLASH』グラビアページに登場したのは、アイドルとしても活動する花咲ひより。
制服やコスプレ、水着や大人びた姿など、さまざまな衣装に身を包み、弾ける笑顔から妖艶な表情まで、幅広く表現している。

岡本武志 プロフィール

東京都出身。武蔵野美術大学卒業。スタジオFOBOS勤務後、熊谷貫氏に師事。2010年独立後、雑誌グラビア、写真集など人物ポートレート撮影のジャンルで活躍中。齊藤京子1st写真集『とっておきの恋人』(主婦と生活社/2021)、天木じゅん写真集『あまのじゃく』(徳間書店/2021)、ゆきぽよ3rd写真集『はじめまして。』(光文社/2021)、武田玲奈2ndフォトブック『タビレナtrip2』(東京ニュース通信社/2018)などがある。

書籍情報

「週刊FLASH」
発売:光文社
発売日:毎週火曜日
特別定価:490円(税込み/8月2日(火)発売号)