TPS

キヤノン「RF70-200mm F4 L IS USM」に電子式フルタイムマニュアルフォーカス機能を追加

キヤノンが、望遠ズームレンズ「RF70-200mm F4 L IS USM」のファームウェアVer.1.1.0を2021年12月2日に公開した。機能向上と修正が盛り込まれている。

RF70-200mm F4 L IS USM

 

変更内容は以下のとおり。

RF70-200mm F4 L IS USM ファームウエア Version 1.1.0

  1. 電子式フルタイムマニュアルフォーカス機能 (ワンショットAF / サーボAF両方で、常に手動ピント調整ができる機能) を追加。「EOS R5」「EOS R6」「EOS R3」との組み合わせにおいて、この機能が有効になる。
  2. 手ブレ補正モード「MODE 2」または「MODE 3」でゆっくり流し撮りすると、背景が流れずに止まってしまうことがある現象を改善。

ファームウェアのダウンロードはこちらから。

写真家・倉本GORIが撮る“ナチュラルで等身大な素の明日花キララ” 写真集『SUGAR HIGH』発売

タレントの明日花キララが写真集『SUGAR HIGH』を12月25日(土)に発売する。撮影を担当したのは写真家の倉本GORIだ。

男女ともに見とれてしまうお顔に誰もが憧れるパーフェクトボディ、そしてしなやかな笑顔から儚い表情など抜群の表現力を持ち合わせる明日花。

撮影は沖縄で行われ、今までに見せた事のない“まだ知らなかった表情”が収録されている。

▽先行ギャラリー(タップで拡大して見られます)

また電子版では本誌未公開のアザーカットを収録した特典版も収録。
明日花のお気に入りのカットを詰め込んだ特典版は、電子書籍だけでしか見ることが出来ないので、合わせての購入がおすすめ。

美しく、可愛く、ときどきあざとい。
女の子の「なりたい」を体現し続ける明日花キララの美しき記録をおさめた一冊だ。

 

明日花キララ プロフィール

モデル・タレント。2018年に雑誌『S Cawaii!』で発表された「なりたい顔ランキング」では、若手女優やモデルといった女性芸能人を押さえ1位を獲得。2019年6月にスタイルブック『neo nude・・・』(主婦の友社)を発売すると、限定版は即完売するほどの人気を博す。

 

この投稿をInstagramで見る

 

明日花キララ(@asukakiraran)がシェアした投稿

 

倉本GORI プロフィール

写真家
1983年 生まれ。2014年 PygmyCompany設立。雑誌媒体、俳優・著名人の写真集など多方面で撮影を手がける。代表作に、秋元真夏2nd写真集 『しあわせにしたい』(2020年/竹書房) 欅坂46渡邉理佐1st写真集 「無口」(2019年/集英社) AAA宇野実彩子写真集 about time(2018年/小学館)などがある。

 

この投稿をInstagramで見る

 

kuramoto gori(@gori_kuramoto_work)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

kuramoto gori(@gori_kuramoto_work)がシェアした投稿

 

書籍情報

『SUGAR HIGH』
価格:3,960円(税込)
判型:A4変判
発売日:2021年12月25日

史上初! 現役高校生が最高賞を受賞「第69回 ニッコールフォトコンテスト」作品展は12/7から開催

第69回 ニッコールフォトコンテストの最高賞である「長岡賞」が、現役高校生の川原玲音さんに決定した。

第69回ニッコールフォトコンテスト長岡賞
第69回 ニッコールフォトコンテスト 長岡賞「Spring Song」川原玲音さん (秋田県)

 

ニッコールフォトコンテストは、国内でも有数の規模と歴史を誇るフォトコンテストだ。2021年度の第69回は「第1部モノクローム」「第2部カラー」「第3部ネイチャー」「第4部TopEye&Kids」の4部門に合計26,603点の作品が応募され、各部門のニッコール大賞の中から、審査員7名によって最高賞の「長岡賞」が決定した。栄えある長岡賞を受賞したのは、16歳の高校生である川原玲音さん (秋田県) の『Spring Song』(単写真)。高校生の受賞はニッコールフォトコンテスト史上初である。

授賞式において、川原さんは次のようにコメントしている。
「このたびはニッコールフォトコンテストの長岡賞という名誉ある賞をいただき、本当にうれしい気持ちでいっぱいです。コロナ禍が続く中、この写真を通して、明るく温かい華やかな雰囲気と春の活気を感じ取ってもらえれば幸いです。今回の受賞を励みとして、これからはより一層、自分の表現を追求していこうと思っています」

審査員を務めたニッコールクラブアドバイザーの小林紀晴さんは、授賞式の総評の中で「若い方が長岡賞を受賞したのは喜ばしいことだと思っています」と述べ、さらに受賞作についてこう続けた。「未来や希望を感じさせてくれる力に溢れた良い作品です。このような時代だからこそ、多くの人に強く訴えかけるのではないかと思います」

川原さんには、総額80万円 (第4部TopEye&Kids ニッコール大賞 賞品券10万円、長岡賞 賞品券70万円) が贈呈された。なお、第69回ニッコールフォトコンテスト授賞式の動画が、YouTubeのニコンイメージングジャパン公式チャンネルで配信されている。

第69回ニッコールフォトコンテスト入賞作品展は、2021年12月7日から開催。

第69回 ニッコールフォトコンテスト入賞作品展

<東京>

会期
■第1部モノクローム、第2部カラー
2021年12月7日 (火) 〜20日 (月)

■第3部ネイチャー、第4部 TopEye&Kids
2021年12月21日 (火) 〜2022年1月10日 (月)

会場 ニコンプラザ東京 THE GALLERY
住所 東京都新宿区西新宿1-6-1 新宿エルタワー28F
時間 10:30〜18:30 (最終日は15:00まで)
休館日 日曜、12月29日〜1月4日
料金 無料
問い合わせ THE GALLERY (TEL 0570-02-8080)

<大阪>

会期
■第1部モノクローム、第2部カラー
2022年1月27日 (木) 〜2022年2月2日 (水)

■第3部ネイチャー、第4部 TopEye&Kids
2022年2月3日 (木) 〜9日 (水)

会場 ニコンプラザ大阪 THE GALLERY
住所 大阪市中央区博労町3-5-1 御堂筋グランタワー17F
時間 10:30〜18:30 (最終日は15:00まで)
休館日 日曜
料金 無料
問い合わせ THE GALLERY (TEL 0570-02-8080)

 

〈文〉鬼沢幸江

史上初! 現役高校生が最高賞を受賞「第69回 ニッコールフォトコンテスト」作品展は12/7から開催

第69回 ニッコールフォトコンテストの最高賞である「長岡賞」が、現役高校生の川原玲音さんに決定した。

第69回ニッコールフォトコンテスト長岡賞
第69回 ニッコールフォトコンテスト 長岡賞「Spring Song」川原玲音さん (秋田県)

 

ニッコールフォトコンテストは、国内でも有数の規模と歴史を誇るフォトコンテストだ。2021年度の第69回は「第1部モノクローム」「第2部カラー」「第3部ネイチャー」「第4部TopEye&Kids」の4部門に合計26,603点の作品が応募され、各部門のニッコール大賞の中から、審査員7名によって最高賞の「長岡賞」が決定した。栄えある長岡賞を受賞したのは、16歳の高校生である川原玲音さん (秋田県) の『Spring Song』(単写真)。高校生の受賞はニッコールフォトコンテスト史上初である。

授賞式において、川原さんは次のようにコメントしている。
「このたびはニッコールフォトコンテストの長岡賞という名誉ある賞をいただき、本当にうれしい気持ちでいっぱいです。コロナ禍が続く中、この写真を通して、明るく温かい華やかな雰囲気と春の活気を感じ取ってもらえれば幸いです。今回の受賞を励みとして、これからはより一層、自分の表現を追求していこうと思っています」

審査員を務めたニッコールクラブアドバイザーの小林紀晴さんは、授賞式の総評の中で「若い方が長岡賞を受賞したのは喜ばしいことだと思っています」と述べ、さらに受賞作についてこう続けた。「未来や希望を感じさせてくれる力に溢れた良い作品です。このような時代だからこそ、多くの人に強く訴えかけるのではないかと思います」

川原さんには、総額80万円 (第4部TopEye&Kids ニッコール大賞 賞品券10万円、長岡賞 賞品券70万円) が贈呈された。なお、第69回ニッコールフォトコンテスト授賞式の動画が、YouTubeのニコンイメージングジャパン公式チャンネルで配信されている。

第69回ニッコールフォトコンテスト入賞作品展は、2021年12月7日から開催。

第69回 ニッコールフォトコンテスト入賞作品展

<東京>

会期
■第1部モノクローム、第2部カラー
2021年12月7日 (火) 〜20日 (月)

■第3部ネイチャー、第4部 TopEye&Kids
2021年12月21日 (火) 〜2022年1月10日 (月)

会場 ニコンプラザ東京 THE GALLERY
住所 東京都新宿区西新宿1-6-1 新宿エルタワー28F
時間 10:30〜18:30 (最終日は15:00まで)
休館日 日曜、12月29日〜1月4日
料金 無料
問い合わせ THE GALLERY (TEL 0570-02-8080)

<大阪>

会期
■第1部モノクローム、第2部カラー
2022年1月27日 (木) 〜2022年2月2日 (水)

■第3部ネイチャー、第4部 TopEye&Kids
2022年2月3日 (木) 〜9日 (水)

会場 ニコンプラザ大阪 THE GALLERY
住所 大阪市中央区博労町3-5-1 御堂筋グランタワー17F
時間 10:30〜18:30 (最終日は15:00まで)
休館日 日曜
料金 無料
問い合わせ THE GALLERY (TEL 0570-02-8080)

 

〈文〉鬼沢幸江

SNSで話題沸騰!猫と家族のユーモアたっぷりな日常が一冊に フォトエッセイ『今日も猫だまり』発売

籍『今日も猫だまり』が2021年12月1日(水)に発売された。

著者は、Twitterフォロワー数10万人以上のなみそさん。4匹の猫と家族の日常をユーモアたっぷりに綴るTwitter投稿が、度々話題となっている。そんな、なみそ家の猫ぐらしがフォトエッセイになった。

猫4匹、ときどきこども。毎日愛が連鎖する猫と家族の記録。
これまで反響の大きかった写真も多数掲載されている。

▽先行ギャラリー(タップで拡大して見られます)

 

テレビやネットニュースで相次いで紹介され、猫愛にあふれる小学生の息子さんによる猫切り絵作品とその制作風景も収録されている。

猫づくしの一家による、かわいくて、笑えて、じんわり心が温まる共感必至の一冊だ。

なみそ プロフィール

4匹の猫、3人の子ども、夫とともに福岡で暮らす。猫と家族の日常をほのぼの綴るTwitterが大人気。長男の猫切り絵にもファン多数。

書籍情報

『今日も猫だまり』
著者:なみそ
発行:株式会社KADOKAWA
定価:1,320円(税込)
発売日:2021年12月1日
判型:A5変形判
総ページ数:112ページ

キヤノンがソニーとのガチ対決を制した! 一眼カメラ売れ筋トップ10

ヨドバシカメラ売れ筋ベストテン「デジタル一眼カメラ」2021年11月下期ランキング

ショッピングサイト「ヨドバシ・ドット・コム」と全国24店舗のヨドバシカメラでの売れ筋を集計した11月下期の「デジタル一眼カメラ」ランキング。対象期間は、2021年11月16日~11月30日。

チラホラと雪の便りも聞かれ始めた11月下期のランキング首位は、キヤノン「EOS R6」。2か月半ぶりに首位を奪い返した。注目された「EOS R3」は、初登場4位にとどまっている。また、ソニー「α1」が、5月上期以来のトップ10入り。メーカー別ではソニーが4機種6モデル、キヤノンが4機種と、2社の熾烈な対決となっている。

■キヤノン「EOS R6」が久々に首位奪還!「EOS R3」は4位発進

ランキングトップを制したのはキヤノン「EOS R6」。9月上期以来となる2か月半ぶりの首位奪還を果たした。11月27日発売の「EOS R3」は初登場4位で、キャッチフレーズの“無双”にはやや物足りない印象の出足となった。人気機種ゆえの在庫不足を抱えてのスタートで、しばらくは在庫不足に悩まされることになりそう。しかし、キヤノン勢の強力な援軍となるのは間違いなさそうだ。キヤノン勢では7位に「EOS RP・RF24-105 IS STM レンズキット」、9位に「EOS R5」がランクインして4機種が揃い踏み。「EOS R5」の前回4位からの急落がやや気になるが、「EOS R6」の連覇、「EOS R3」の今後のランクアップに大いに期待したい。

■ソニー「α1」が半年ぶりにランキング返り咲き

ソニー勢のトップは2位の「α7 III」ボディ。3位には前回首位の「α7C」ボディが続く。さらに5位に「α1」、6位に「α7R IV」が続き、8位に「α7C ズームレンズキット」、10位に「α7 III レンズキット」と4機種6モデルがトップ10入りを果たした。5位の「α1」は、深刻な在庫不足から5月上期以来となる約半年ぶりのトップ10返り咲き。本格的にランキングの常連機種となるのか、今後の動向が気になるところだ。ソニー勢では、Vlogミラーレス「VLOGCAM ZV-E10」やCinema Lineの「FX3」もランク外に控えているなど、ラインナップが豊富。層の厚さではキヤノンよりも一枚上をいくだけに、首位争いを含めた両社の攻防にも注目していきたい。

■師走を迎えてまだまだ波乱が予想される今後のデジカメランキング

ここにきてソニー「α7 IV」の国内発売が発表された。“新世代のベーシックモデル”と謳う機種だけに、性能も操作性も進化したフルサイズミラーレスカメラだ。ズームレンズキットは2022年春以降の発売予定となっているが、ボディは年内にの12月17日に発売される。ランキング上位に登場してくるのは時間の問題だろう。

また、年内発売予定のニコン「Z 9」の存在も見逃せない。ソニー「α1」、キヤノン「EOS R3」と各社主力の大物が出揃うことになるだけに、ランキングへの影響は小さくない。その一方で、半導体不足や部品供給の滞りに悩まされている機種も多い。年末商戦や各社のキャンペーンも絡み、師走から年明けのランキングは、目が離せない状況となりそうだ。

データ集計期間 : 2021年11月16日~11月30日

 

第1位 キヤノン EOS R6 ボディ

第1位 キヤノン EOS R6 ボディ

 

第2位 ソニー α7 III ボディ

第2位 ソニー α7 III ボディ

 

第3位 ソニー α7C ボディ

第3位 ソニー α7C ボディ (シルバー)

第3位 ソニー α7C ボディ (ブラック)

 

第4位 キヤノン EOS R3 ボディ

第4位 キヤノン EOS R3 ボディ

 

第5位 ソニー α1 ボディ

第5位 ソニー α1 ボディ

 

第6位 ソニー α7R IV ボディ

第6位 ソニー α7R IV ボディ

 

第7位 キヤノン EOS RP・RF24-105 IS STM レンズキット

ボディ + RF24-105mm F4-7.1 IS STM

第7位 キヤノン EOS RP・RF24-105 IS STM レンズキット

 

第8位 ソニー α7C ズームレンズキット

ボディ + FE 28-60mm F4-5.6

第8位 ソニー α7C ズームレンズキット (シルバー)

第8位 ソニー α7C ズームレンズキット (ブラック)

 

第9位 キヤノン EOS R5 ボディ

第9位 キヤノン EOS R5 ボディ

 

第10位 ソニー α7 III レンズキット

ボディ + FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS

第10位 ソニー α7 III レンズキット

 

ショッピングサイト「ヨドバシ・ドット・コム」およびヨドバシカメラ全国24店舗での売れ筋ランキングを発表する「ヨドバシカメラ売れ筋ベストテン」。「デジタル一眼カメラ (一眼レフ+ミラーレス一眼)」「コンパクトデジタルカメラ」「デジタル一眼カメラ用交換レンズ」3カテゴリーでの販売状況を、毎月上期と下期の2回に分けてお届けします。

<参考URL>

■第1位 キヤノン EOS R6 ボディ
https://www.yodobashi.com/product/100000001005719572/

■第2位 ソニー α7 III ボディ
https://www.yodobashi.com/product/100000001003833560/

■第3位 ソニー α7C ボディ
シルバー https://www.yodobashi.com/product/100000001005823699/
ブラック https://www.yodobashi.com/product/100000001005823698/

■第4位 キヤノン EOS R3 ボディ
https://www.yodobashi.com/product/100000001006527879/

■第5位 ソニー α1  ボディ
https://www.yodobashi.com/product/100000001005971929/

■第6位 ソニー α7R IV ボディ
https://www.yodobashi.com/product/100000001006119423/

■第7位 キヤノン EOS RP・RF24-105 IS STM レンズキット
https://www.yodobashi.com/product/100000001005506281/

■第8位 ソニー α7C ズームレンズキット
シルバー https://www.yodobashi.com/product/100000001005823701/
ブラック https://www.yodobashi.com/product/100000001005823700/

■第9位 キヤノン EOS R5 ボディ
https://www.yodobashi.com/product/100000001005719571/

■第10位 ソニー α7 III レンズキット
https://www.yodobashi.com/product/100000001003833561/

第1位 キヤノン EOS R6 ボディ 第2位 ソニー α7 III ボディ 第3位 ソニー α7C ボディ (シルバー) 第3位 ソニー α7C ボディ (ブラック) 第4位 キヤノン EOS R3 ボディ 第5位 ソニー α1 ボディ 第6位 ソニー α7R IV ボディ 第7位 キヤノン EOS RP・RF24-105 IS STM レンズキット 第8位 ソニー α7C ズームレンズキット (シルバー) 第8位 ソニー α7C ズームレンズキット (ブラック) 第9位 キヤノン EOS R5 ボディ 第10位 ソニー α7 III レンズキット

 

協力 : 株式会社ヨドバシカメラ

ありそうでなかった新・焦点域のズームレンズ2本を使い倒して実写チェック!

伊達淳一のレンズパラダイス『CAPA』2021年12月号 Other Shots

伊達淳一のレンズパラダイス Other Shots 2021年12月号

伊達淳一カメラマンがさまざまなレンズを使い倒しレビューする『CAPA』本誌人気連載の「レンズパラダイス」。2021年12月号の「レンズパラダイス」Other Shotsでは、マイクロフォーサーズマウント用に登場した、広角~標準の幅広い焦点域をF4通しでカバーするOM SYSTEMの「M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO」と、開放F1.7の明るさを実現したパナソニックの中望遠ズーム「LEICA DG VARIO-SUMMILUX 25-50mm / F1.7 ASPH.」をチェック。実写作例で描写性能を見ていこう。

OM SYSTEM M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO

M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO
スペック
[最大径×長さ] φ77×88.5mm [重さ] 411g [レンズ構成] 10群16枚 [最短撮影距離] 0.23m [最大撮影倍率] ワイド端 0.07倍、テレ端 0.21倍 [絞り羽根枚数] 7枚  [フィルター径] φ72mm
参考価格 136,480円 (税込)

少し絞るだけでパンフォーカス的表現ができる

千葉県佐倉市のふるさと広場。フルサイズと比べれば、マイクロフォーサーズは被写界深度が深いので、広角レンズであればちょっと絞るだけでパンフォーカス的な撮影ができるのが強み。手前のコスモスから奥の風車まで、小絞りボケで解像が鈍ることなく、くっきりシャープな描写だ。

M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO 作例
OM SYSTEM OM-D E-M1X M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO 絞り優先オート F7.1 1/1600秒 -0.7補正 ISO200 WB : 太陽光 10mm域 (20mm相当)
M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO 作例
部分拡大

画面中央から周辺まで高い解像とコントラスト

佐倉ふるさと広場の風車“リーフデ”をワイド端で撮影。換算16mm相当の画角なので、標準ズームでは後ろに下がらないと画面に収まらない大きな被写体も近くから撮影できる。画面中央から周辺まで一貫して高い解像とコントラストが得られている。

M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO 作例
OM SYSTEM OM-D E-M1X M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO 絞り優先オート F5.6 1/1250秒 ISO200 WB : 太陽光 8mm域 (16mm相当)
M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO 作例
部分拡大

ゴーストは悪目立ちせず、フレアは少なめ

逆光耐性と光条の出方をチェックするため、太陽を画面内に入れ、絞り込んで撮影。わずかにゴーストは出るが、それほど悪目立ちせず、フレアは少なめ。光条の線も比較的細めだ。F22まで絞ったほうが光条は伸びるが、小絞りボケで解像が明らかに低下するので、F14あたりがベストだ。

M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO 作例
OM SYSTEM OM-D E-M1X M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO 絞り優先オート F14 1/500秒 -0.7補正 ISO200 WB : 太陽光 8mm域 (16mm相当)
M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO 作例
部分拡大

テレ端の後方微ボケは柔らかく、自然な奥行き感

テレ端開放でコスモスを撮影。換算50mm相当の画角までカバーする超広角ズームなので、標準ズームに付け換える頻度が少なくて済むのは便利。被写体にかなり近づかないと、前後を大きくぼかせないが、後方の微ボケは柔らかで、自然な奥行きが感じられる。

M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO 作例
OM SYSTEM OM-D E-M1X M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO 絞り優先オート F4 1/640秒 ISO200 WB : 太陽光 25mm域 (50mm相当)
M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO 作例
部分拡大

フレアは少なく逆光でもクリアな描写

花びらの色がきれいなコスモスだったので、逆光からローアングルで狙ってみた。花びらの透明感を出すため、太陽の周りが白トビするのを覚悟で大胆にプラスの露出補正をかけているが、フレアはそれほど多くなく、青空を背景にハイキーな仕上がりにすることができた。

M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO 作例
OM SYSTEM OM-D E-M1X M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO 絞り優先オート F4.5 1/1600秒 +1.3補正 ISO200 WB : 太陽光 8mm域 (16mm相当)
M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO 作例
部分拡大

フィルターが装着できて便利

河口湖湖畔の大石公園にて。輝度差を補うため、KANI「Dual Purpose GND 0.9」のソフト側をかけて撮影しているが、撮って出しでこの仕上がり。72mmのフィルターが装着できるので、円形フィルターや100mm幅の角形フィルターが使えるのはありがたい。

M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO 作例
OM SYSTEM OM-D E-M1X M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO 絞り優先オート F18 1/250秒 ISO200 WB : 太陽光 8mm域 (16mm相当)
M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO 作例
部分拡大

高感度NRをかけても解像感の低下が少ない

横浜関内の猫カフェ Miysisにて。開放F4なので室内撮影で被写体ブレを避けるにはかなり高感度になってしまい、マイクロフォーサーズ的にはちょっと厳しいシチュエーション。しかし、解像とコントラストが高いレンズなので、高感度NRがかかっても、しっかりエッジが残り、解像感の低下は少なめだ。

M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO 作例
OM SYSTEM OM-D E-M1X M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO シャッター優先オート 1/40秒 F4.5 +0.7補正 ISO3200 WB : オート 9mm域 (18mm相当)
M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO 作例
部分拡大

少し絞ればテレ端でもパンフォーカス表現が可能

河口湖大石公園のコキア。広角に見えるかもしれないが、実はテレ端の50mm相当の画角。ごく近景を入れていないので、F9.0まで絞れば手前のコキアから富士山まで、ピクセル等倍でチェックしても、ほぼパンフォーカスで撮影できていて、周辺までビシッとシャープな解像だ。

M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO 作例
OM SYSTEM OM-D E-M1X M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO シャッター優先オート 1/200秒 F9.0 -0.3補正 ISO200 WB : 太陽光 25mm域 (50mm相当)
M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO 作例
部分拡大

光条と解像のバランスはF14あたりがベスト

解像性能的にはF5.6~8がベストな絞り値だが、光条は短めで線も太め。F11まで絞ると光条の線が細く長くなり、F22まで絞るともっともシャープな光条が得られる。ただ、光の回折の影響による小絞りボケが顕著になり、拡大してみるとコキアの葉っぱがぼやけていて、コントラストも低下している。F16でも小絞りボケの影響は残るが、F22よりはだいぶマシ。個人的にはF14あたりが光条と解像のバランスがよいと思う。KANI「Dual Purpose GND 0.9」ハード側を使用。

■光条と小絞りボケの比較 (F8)

M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO 作例

M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO 作例
部分拡大

■光条と小絞りボケの比較 (F11)

M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO 作例

M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO 作例
部分拡大

■光条と小絞りボケの比較 (F16)

M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO 作例

M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO 作例
部分拡大

■光条と小絞りボケの比較 (F22)

M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO 作例

M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO 作例
部分拡大

パナソニック LEICA DG VARIO-SUMMILUX 25-50mm / F1.7 ASPH.

LEICA DG VARIO-SUMMILUX 25-50mm / F1.7 ASPH.
スペック
[最大径×長さ] φ87.6×約127.6mm [重さ] 約654g [レンズ構成] 11群16枚 [最短撮影距離] ワイド端 0.28m、テレ端 0.31m [最大撮影倍率] 0.21倍 [絞り羽根枚数] 9枚 [フィルター径] φ77mm
参考価格 242,000円 (税込)

絞り開放でも周辺減光は少なくピント面も安定した解像

テレ端開放で撮影。F1.7と開放F値が明るいので、屋外ではメカシャッター上限の1/8000秒を超えてしまうが、GH5IIやE-M1Xなどの機種は電子シャッターを使えば1/8000秒を超える高速シャッターが切れるので、NDフィルターを使うことなく絞り開放撮影が楽しめる。絞り開放でも周辺減光は少なく、ピント面にもにじみはなく、安定した解像だ。

LEICA DG VARIO-SUMMILUX 25-50mm / F1.7 ASPH. 作例
パナソニック LUXMIX GH5II LEICA DG VARIO-SUMMILUX 25-50mm / F1.7 ASPH. 絞り優先オート F1.7 1/10000秒 ISO200 WB : 太陽光 50mm域 (100mm相当)
LEICA DG VARIO-SUMMILUX 25-50mm / F1.7 ASPH. 作例
部分拡大

後方微ボケがやや二線ボケ傾向

色づき始めたコキアで前後のボケをチェック。開放F1.7でもピント面はキリッとシャープで、にじみや解像の乱れもなく、解像度の高さをうかがわせる線の細い描写。後方の微ボケは少し二線ボケ傾向が見られるが、マイクロフォーサーズとしては被写界深度が浅いので、概ねフワッと柔らかくぼかすことができる。

LEICA DG VARIO-SUMMILUX 25-50mm / F1.7 ASPH. 作例
パナソニック LUXMIX GH5II LEICA DG VARIO-SUMMILUX 25-50mm / F1.7 ASPH. 絞り優先オート F1.7 1/6400秒 ISO200 WB : 太陽光 47mm域 (94mm相当)
LEICA DG VARIO-SUMMILUX 25-50mm / F1.7 ASPH. 作例
部分拡大
LEICA DG VARIO-SUMMILUX 25-50mm / F1.7 ASPH. 作例
部分拡大

大口径ズームの開放とは思えない近接撮影時の解像力

最短撮影距離はズーム全域で28センチなので、テレ端で撮影すれば換算100mmの画角で28センチまで近寄れる。しかも開放F1.7と明るいので、近接撮影時の被写界深度はかなり浅い。ピント合わせには苦労するが、ピントの合っている面はキレのよい解像で、大口径ズームの開放描写とは思えないほどだ。

LEICA DG VARIO-SUMMILUX 25-50mm / F1.7 ASPH. 作例
パナソニック LUXMIX GH5II LEICA DG VARIO-SUMMILUX 25-50mm / F1.7 ASPH. 絞り優先オート F1.7 1/3200秒 +1補正 ISO200 WB : 太陽光 50mm域 (100mm相当)
LEICA DG VARIO-SUMMILUX 25-50mm / F1.7 ASPH. 作例
部分拡大

暗所において速いシャッターが切れるのは強み

横浜関内の猫カフェMiysisにて。キャットタワーの下から覗き込むように撮影。開放F1.7と明るいので、あまり明るくはない室内撮影でもそれほど高感度にせずに、速いシャッターが切れる。ピントが合った目やヒゲはくっきり、それでいて猫のフワッとした毛並みの再現もうまく両立できている。

LEICA DG VARIO-SUMMILUX 25-50mm / F1.7 ASPH. 作例
パナソニック LUXMIX GH5II LEICA DG VARIO-SUMMILUX 25-50mm / F1.7 ASPH. 絞り優先オート F1.7 1/320秒 +0.7補正 ISO1600 WB : オート 33mm域 (66mm相当)
LEICA DG VARIO-SUMMILUX 25-50mm / F1.7 ASPH. 作例
部分拡大

前後のボケに色づきはなくスッキリとした描写

ワイド端絞り開放で撮影。テレ側よりも被写界深度が深いとはいえ、開放F1.7でこの距離の撮影では、目にピントを合わせると鼻先はかろうじて被写界深度でカバーできるが、耳はわずかにボケ始めている。白い毛並みやヒゲの描写を見ればわかるように、前後のボケに色づきはなく、スッキリとしたボケ描写だ。

LEICA DG VARIO-SUMMILUX 25-50mm / F1.7 ASPH. 作例
パナソニック LUXMIX GH5II LEICA DG VARIO-SUMMILUX 25-50mm / F1.7 ASPH. 絞り優先オート F1.7 1/100秒 +1.3補正 ISO1600 WB : オート 25mm域 (50mm相当)
LEICA DG VARIO-SUMMILUX 25-50mm / F1.7 ASPH. 作例
部分拡大

F5.6まで絞っても画質向上は少ないが高い解像を維持

熱帯スイレンの花と手前の葉っぱの両方を被写界深度内に収めるため、F5.6まで絞って撮影。開放絞りでも十分な画質なので、絞ったからといって急激に画質が向上するわけではないが、必要な被写界深度を得るためには適切な絞り値まで絞ることも大切だ。ただ、絞り過ぎるとせっかくの解像性能が低下してくるので、絞り過ぎには気を付けよう。

LEICA DG VARIO-SUMMILUX 25-50mm / F1.7 ASPH. 作例
パナソニック LUXMIX GH5II LEICA DG VARIO-SUMMILUX 25-50mm / F1.7 ASPH. 絞り優先オート F5.6 1/125秒 -0.3補正 ISO1000 WB : 太陽光 50mm域 (100mm相当)
LEICA DG VARIO-SUMMILUX 25-50mm / F1.7 ASPH. 作例
部分拡大

高い解像感と柔らかいボケが両立した描写性能

雨の植物園を散策。雨粒の付いた葉っぱがフォトジェニックだったので、適切な画角にズーム調整して、ポイントとなる一連の葉っぱがぼけすぎないように1段ちょっと絞って撮影。解像感の高さとボケの柔らかさが見事に両立していて、葉っぱや水滴の質感がリアルに感じられる。

LEICA DG VARIO-SUMMILUX 25-50mm / F1.7 ASPH. 作例
パナソニック LUXMIX GH5II LEICA DG VARIO-SUMMILUX 25-50mm / F1.7 ASPH. 絞り優先オート F2.8 1/250秒 -0.7補正 ISO200 WB : 太陽光 33mm域 (66mm相当)
LEICA DG VARIO-SUMMILUX 25-50mm / F1.7 ASPH. 作例
部分拡大

速いシャッターが切れ、前後を大きくぼかせるのは強み

同じく雨の植物園で、雨粒に濡れた秋バラを撮影。花びらにクリスタルビーズを散りばめたようにキラキラと光ってキレイだが、実際はかなり薄暗く、どんよりとした小雨模様。しかし、開放F1.7と明るいので、基準感度のISO200でも速いシャッターが切れ、浅い被写界深度で前後を大きくぼかすことができている。

LEICA DG VARIO-SUMMILUX 25-50mm / F1.7 ASPH. 作例
パナソニック LUXMIX GH5II LEICA DG VARIO-SUMMILUX 25-50mm / F1.7 ASPH. 絞り優先オート F1.7 1/1300秒 ISO200 WB : 太陽光 46mm域 (92mm相当)
LEICA DG VARIO-SUMMILUX 25-50mm / F1.7 ASPH. 作例
部分拡大

前後をぼかしたマクロ的な表現も可能

ハイビスカスの雌しべにピントを合わせようとしたが、開放F1.7の近接撮影は思いのほか被写界深度が浅く、狙っていたピント位置よりもわずかに後ピン気味。ただ、手前の雄しべの花粉にうまくピントが来ているので、全体のバランスとしてはまずまずの仕上がりだろう。このようにフワッと前後をぼかしたマクロ的な撮影も楽しめる。

LEICA DG VARIO-SUMMILUX 25-50mm / F1.7 ASPH. 作例
パナソニック LUXMIX GH5II LEICA DG VARIO-SUMMILUX 25-50mm / F1.7 ASPH. 絞り優先オート F1.7 1/200秒 +1補正 ISO200 WB : 太陽光 48mm域 (96mm相当)
LEICA DG VARIO-SUMMILUX 25-50mm / F1.7 ASPH. 作例
部分拡大

MFTとしては巨大だがそれだけの価値はある

テレ端開放で最短撮影距離付近で撮影。花のどこにピントを合わせるべきか、泣きたくなるほど被写界深度が浅い。悩んだ末、黄色いシベにピントを合わせつつ、上の紫色のつぼみにもある程度ピントが来る角度を探して撮影した。マイクロフォーサーズとしては巨大だが、それだけの価値はあるレンズだ。

LEICA DG VARIO-SUMMILUX 25-50mm / F1.7 ASPH. 作例
パナソニック LUXMIX GH5II LEICA DG VARIO-SUMMILUX 25-50mm / F1.7 ASPH. 絞り優先オート F1.7 1/125秒 -0.3補正 ISO320 WB : 太陽光 50mm域 (100mm相当)
LEICA DG VARIO-SUMMILUX 25-50mm / F1.7 ASPH. 作例
部分拡大

 

伊達淳一のレンズパラダイス Other Shots 2021年12月号 M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO 作例 M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO 作例 M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO 作例 M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO 作例 M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO 作例 M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO 作例 M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO 作例 M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO 作例 M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO 作例 M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO 作例 M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO 作例 M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO 作例 M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO 作例 M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO 作例 M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO 作例 M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO 作例 M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO 作例 M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO 作例 M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO 作例 M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO 作例 M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO 作例 M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO 作例 M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO 作例 M.ZUIKO DIGITAL ED 8-25mm F4.0 PRO 作例 LEICA DG VARIO-SUMMILUX 25-50mm / F1.7 ASPH. LEICA DG VARIO-SUMMILUX 25-50mm / F1.7 ASPH. 作例 LEICA DG VARIO-SUMMILUX 25-50mm / F1.7 ASPH. 作例 LEICA DG VARIO-SUMMILUX 25-50mm / F1.7 ASPH. 作例 LEICA DG VARIO-SUMMILUX 25-50mm / F1.7 ASPH. 作例 LEICA DG VARIO-SUMMILUX 25-50mm / F1.7 ASPH. 作例 LEICA DG VARIO-SUMMILUX 25-50mm / F1.7 ASPH. 作例 LEICA DG VARIO-SUMMILUX 25-50mm / F1.7 ASPH. 作例 LEICA DG VARIO-SUMMILUX 25-50mm / F1.7 ASPH. 作例 LEICA DG VARIO-SUMMILUX 25-50mm / F1.7 ASPH. 作例 LEICA DG VARIO-SUMMILUX 25-50mm / F1.7 ASPH. 作例 LEICA DG VARIO-SUMMILUX 25-50mm / F1.7 ASPH. 作例 LEICA DG VARIO-SUMMILUX 25-50mm / F1.7 ASPH. 作例 LEICA DG VARIO-SUMMILUX 25-50mm / F1.7 ASPH. 作例 LEICA DG VARIO-SUMMILUX 25-50mm / F1.7 ASPH. 作例 LEICA DG VARIO-SUMMILUX 25-50mm / F1.7 ASPH. 作例 LEICA DG VARIO-SUMMILUX 25-50mm / F1.7 ASPH. 作例 LEICA DG VARIO-SUMMILUX 25-50mm / F1.7 ASPH. 作例 LEICA DG VARIO-SUMMILUX 25-50mm / F1.7 ASPH. 作例 LEICA DG VARIO-SUMMILUX 25-50mm / F1.7 ASPH. 作例 LEICA DG VARIO-SUMMILUX 25-50mm / F1.7 ASPH. 作例 LEICA DG VARIO-SUMMILUX 25-50mm / F1.7 ASPH. 作例

 

※参考価格は記事執筆時点の量販店価格です。

最大3万円キャッシュバック! キヤノンのミラーレスをこの冬お得にゲットしよう

キヤノンマーケティングジャパンが、ミラーレスカメラ「EOS R6」「EOS RP」「EOS Kiss M2」の購入者に最大30,000円をキャッシュバックする「欲しい!をかなえる Winter Campaign」を実施中です。対象購入期間は2022年1月11日まで。

欲しい!をかなえる Winter Campaign

 

キャンペーン期間中、対象製品を購入して応募した全員に、機種に応じて30,000円から8,000円分のVISAギフトカードをプレゼント。さらに「EOS R6」の購入者には、もれなくキヤノンのフォトブックサービス「PhotoJewel S」レイフラット製本タイプのクーポン5,000円分もプレゼントされます。

EOS RP
EOS RP

対象製品とキャッシュバック金額は以下のとおり。

■EOS R6

  • ボディ (30,000円)
  • RF24-105 IS STM レンズキット (30,000円)

<プレゼント>
PhotoJewel S クーポン 5,000円分

■EOS RP

  • ボディ (15,000円)
  • RF24-105 IS STM レンズキット (25,000円)
  • RF35 MACRO IS STM レンズキット (20,000円)

※ブラックのみ対象。

■EOS Kiss M2

  • ボディ (8,000円)
  • EF-M15-45 IS STM レンズキット (8,000円)
  • ダブルレンズキット (10,000円)
  • ダブルズームキット (10,000円)

※すべてのカラーが対象。

キヤノン 欲しい!をかなえる Winter Campaign 概要

購入期間
2021年11月19日 (金) ~2022年1月11日 (火)

応募締切
2022年1月31日 (月) 消印有効

応募方法
キヤノンユーザー向け会員サイト CANON iMAGE GATEWAY」(キヤノンイメージゲートウェイ) にて製品登録後に表示されるキャンペーンバナーから、応募フォームにアクセスして応募。応募の際はキヤノンイメージゲートウェイへの無料会員登録が必要。

備考
EOS RP GOLD」「EOS RP・RF24-240 IS USM レンズキット」「EOS RP・RF35 MACRO IS STM マウントアダプターキット」「EOS RP マウントアダプターキット」は対象外。

問い合わせ
欲しい!をかなえる Winter Campaign事務局
TEL 050-555-90097
(9:00〜17:00 / 土・日・祝日・12月29日~1月4日を除く2022年3月31日まで)

キャンペーンサイト
https://cweb.canon.jp/eos/campaign/eos-winter2021/

 

〈文〉佐藤陽子

最大3万円キャッシュバック! キヤノンのミラーレスをこの冬お得にゲットしよう

キヤノンマーケティングジャパンが、ミラーレスカメラ「EOS R6」「EOS RP」「EOS Kiss M2」の購入者に最大30,000円をキャッシュバックする「欲しい!をかなえる Winter Campaign」を実施中です。対象購入期間は2022年1月11日まで。

欲しい!をかなえる Winter Campaign

 

キャンペーン期間中、対象製品を購入して応募した全員に、機種に応じて30,000円から8,000円分のVISAギフトカードをプレゼント。さらに「EOS R6」の購入者には、もれなくキヤノンのフォトブックサービス「PhotoJewel S」レイフラット製本タイプのクーポン5,000円分もプレゼントされます。

EOS RP
EOS RP

対象製品とキャッシュバック金額は以下のとおり。

■EOS R6

  • ボディ (30,000円)
  • RF24-105 IS STM レンズキット (30,000円)

<プレゼント>
PhotoJewel S クーポン 5,000円分

■EOS RP

  • ボディ (15,000円)
  • RF24-105 IS STM レンズキット (25,000円)
  • RF35 MACRO IS STM レンズキット (20,000円)

※ブラックのみ対象。

■EOS Kiss M2

  • ボディ (8,000円)
  • EF-M15-45 IS STM レンズキット (8,000円)
  • ダブルレンズキット (10,000円)
  • ダブルズームキット (10,000円)

※すべてのカラーが対象。

キヤノン 欲しい!をかなえる Winter Campaign 概要

購入期間
2021年11月19日 (金) ~2022年1月11日 (火)

応募締切
2022年1月31日 (月) 消印有効

応募方法
キヤノンユーザー向け会員サイト CANON iMAGE GATEWAY」(キヤノンイメージゲートウェイ) にて製品登録後に表示されるキャンペーンバナーから、応募フォームにアクセスして応募。応募の際はキヤノンイメージゲートウェイへの無料会員登録が必要。

備考
EOS RP GOLD」「EOS RP・RF24-240 IS USM レンズキット」「EOS RP・RF35 MACRO IS STM マウントアダプターキット」「EOS RP マウントアダプターキット」は対象外。

問い合わせ
欲しい!をかなえる Winter Campaign事務局
TEL 050-555-90097
(9:00〜17:00 / 土・日・祝日・12月29日~1月4日を除く2022年3月31日まで)

キャンペーンサイト
https://cweb.canon.jp/eos/campaign/eos-winter2021/

 

〈文〉佐藤陽子

ソニー「α1」「α9 II」「ZV-E10」の最新ファームウェア公開、「ZV-E10」は動画撮影時の瞳AFが動物に対応

ソニーが、ミラーレスカメラ「α1」「α9 II」「ZV-E10」の最新ファームウェアを2021年12月2日に公開した。

VLOGCAM ZV-E10
VLOGCAM ZV-E10

 

変更内容は以下のとおり。

ソニー α1 (ILCE-1) ファームウェア Ver.1.20

  1. アクティブモードのFTP転送に対応。
  2. 動作安定性の改善。

ファームウェアのダウンロードはこちらから。

ソニー α9 II (ILCE-9M2) ファームウェア Ver.3.20

  1. アクティブモードのFTP転送に対応。
  2. 動作安定性の改善。

ファームウェアのダウンロードはこちらから。

ソニー VLOGCAM ZV-E10 ファームウェア Ver. 2.00

  1. 動画撮影中の瞳AFが動物にも対応。
  2. タッチシャッターが動作しない場合がある事象の修正。
  3. 動作安定性の改善。

ファームウェアのダウンロードはこちらから。

ソニー「α1」「α9 II」「ZV-E10」の最新ファームウェア公開、「ZV-E10」は動画撮影時の瞳AFが動物に対応

ソニーが、ミラーレスカメラ「α1」「α9 II」「ZV-E10」の最新ファームウェアを2021年12月2日に公開した。

VLOGCAM ZV-E10
VLOGCAM ZV-E10

 

変更内容は以下のとおり。

ソニー α1 (ILCE-1) ファームウェア Ver.1.20

  1. アクティブモードのFTP転送に対応。
  2. 動作安定性の改善。

ファームウェアのダウンロードはこちらから。

ソニー α9 II (ILCE-9M2) ファームウェア Ver.3.20

  1. アクティブモードのFTP転送に対応。
  2. 動作安定性の改善。

ファームウェアのダウンロードはこちらから。

ソニー VLOGCAM ZV-E10 ファームウェア Ver. 2.00

  1. 動画撮影中の瞳AFが動物にも対応。
  2. タッチシャッターが動作しない場合がある事象の修正。
  3. 動作安定性の改善。

ファームウェアのダウンロードはこちらから。

写真家・福島裕二、小林れいが2度目の写真展を開催 テーマは「完全変態」

写真展「小林れい×福島裕二写真展『完全変態-Holometabolism』」が東京都渋谷区にある「Atelier Y-青山-」で開催される。
会期は2021年12月3日から12日まで。入場無料だ。

小林れいと写真家・福島裕二がタッグを組む写真展は2019年12月に開催された『羽化』以来、今回が2度目。
モデル在廊日の他に、11月29日に誕生日を迎える小林の生誕祭イベントが12月4日写真展会場にて開催される。

『羽化』から『完全変態』へ成長する小林の姿は必見だ。

▽先行ギャラリー(タップで拡大して見られます)

 

小林れいのコメント
「この度、福島裕二さんと写真展を開催させて頂くことになりました!2年前の写真展『羽化』振りにご一緒させて頂きます! 福島さんとは何の因果かわかりませんが、前回はグループ卒業を発表したタイミング、今回は長年お世話になった事務所を退所し新たな環境でスタートするタイミングと、2回とも私の人生の中で大きな決断をした節目に撮って頂いています。なので個人的にも、とても思入れの深い写真展になっています。今回のテーマは『完全変態』です。卵から幼虫、蛹、成虫へと変化していく様に、様々な私をカメラに収めて頂きました。是非、会場でご覧下さい!」

小林れい(コバヤシレイ)プロフィール

1997年11月29日生まれ。埼玉県出身。ティーンファッション誌「ピチレモン」の専属モデルとして12でデビュー。その後、人気アイドルグループ「夢みるアドレセンス」のメンバーとして活動、2019年末の卒業後は女優・モデルとして、舞台やTV他で活躍中。

 

この投稿をInstagramで見る

 

小林れい(@rei.kobayashi)がシェアした投稿

福島裕二(フクシマユウジ)プロフィール

長野県出身。写真家の上野勇氏に師事し1997年独立。2003年に写真事務所ハーベストタイムを設立。女性を主題とした撮影を得意とし、商業撮影や雑誌など多数の媒体にて活躍。その撮影手法は多岐に及ぶ。写真ギャラリー「Atelier Y」を都内2か所(青山、恵比寿)で運営し、精力的に写真展を行っている。

 

この投稿をInstagramで見る

 

福島裕二(@yug_hitorigoto)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

福島裕二(@yug_hitorigoto)がシェアした投稿

写真展会期情報

2021年12月3日(金)〜12月12日(日)
入場料:無料
休館日:火・水・木曜日
営業時間
平日:13:00〜20:00
土日祝:11:00〜20:00

会場情報
Atelier Y -青山-
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-5-2 EFビルB1
TEL: 090-2666-1134

今注目の写真展に行こう!東京で開催中の写真展をピックアップ

東京のおすすめ写真展をピックアップしてご紹介します。新型コロナウイルス感染症の影響もありますが、感染対策にも留意しつつ出かけてみるのはいかがでしょうか?

ミニチュアのような不思議な都市風景を独自の手法で表現した ナガタダイスケ写真展「view from the desktop」


ナガタダイスケさんは、撮影した写真をPC上で拡大し、テクスチャーをなめらかにするなどの処理を施すことで、この独特な表現を実現。写真らしい見え方からは遠ざかりながらも、写真的な要素を残しているという不思議な魅力がある作品だ。

会期 2021年11月26日 (金) 〜12月8日 (水)
会場 エプソンスクエア丸の内 エプサイトギャラリー
住所 東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル1F
▼詳細ページ
https://capa.getnavi.jp/pickup/211126nagata/

 

写真家2人が白と黒の緊張感を美しく描く アキラ・タカウエ&柴田祥写真展「Duo Exhibition 〜contrast〜」

建築士、そして写真家として双方の視点から世界の都市風景・土木建築構造物を撮影しているアキラ・タカウエさんと、青森・津軽地方を中心に自然風景や鉄道風景などを撮影している写真家の柴田祥さんの写真展。

会期 2021年12月1日 (水) 〜9日 (木)
会場 CO-CO PHOTO SALON (ココフォトサロン)
住所 東京都中央区銀座3-11-14 ルート銀座ビル4F
▼詳細ページ
https://capa.getnavi.jp/pickup/211201coco/

 

キヤノンのラグビーチームに密着、迫力の写真で魅力を伝える「横浜キヤノンイーグルス写真展2021 Photo by Takahito Mizutani」

水谷たかひとさんは、同チームのオフィシャルフォトグラファーとして2012年から撮影を行ってきた。本展では、大きな節目を前に行われた2021年シーズンのキヤノンイーグルスの戦いや、新リーグに向けて始動した横浜キヤノンイーグルスの練習風景を捉えた写真約50点を展示する。

会期 2021年11月10日 (水) ~12月10日 (金)
会場 キヤノンオープンギャラリー2
住所 東京都港区港南2-16-6 キヤノンSタワー2F
▼詳細ページ
https://capa.getnavi.jp/pickup/211110mizutani/

 

ノスタルジックな尾道の風景が旅情をかき立てる 大浦タケシ写真展「Now and then ─1984_Onomichi─」

予定も立てず尾道へ向かい、カメラバッグの中のモノクロフィルム全15本を撮り切るまで滞在した37年前の大浦さんの記録。ノスタルジックな風景に、旅情をかき立てられる写真展だ。

会期 2021年11月24日 (水) ~12月6日 (月)
会場 ケンコー・トキナーギャラリー
住所 東京都中野区中野5-68-10 KT中野ビル2F
▼詳細ページ
https://capa.getnavi.jp/pickup/211124ohura/

 

日本の“生産と消費”をひとつの空間に混成させた 土田ヒロミ写真展「ウロボロスのゆくえ」

作品はシリーズごとに4×5判のポジとネガのフィルムで撮り分けられており、その色の特徴を生かしたデジタルプリントで仕上げた。展示数は約160点に及ぶ。生産と消費、その独特なイメージが一つの空間に浮かび上がる。

会期 2021年11月29日 (月) ~2022年1月17日 (月)
会場 キヤノンギャラリー S
住所 東京都港区港南2-16-6 キヤノンSタワー2F
▼詳細ページ
https://capa.getnavi.jp/pickup/211129tsuchida/

 

世界中にコレクターを持つ写真家・井津建郎の活動50周年記念展「もののあはれ」

井津さんは世界の聖地やアンコール遺跡などを被写体に選び、多くの作品を制作してきた。14×20インチの大判カメラで撮影し、独自のプリント技法で生み出された作品は美しく、圧倒的な存在感を持つ作品ばかりだ。

会期 2021年11月24日 (木) 〜2022年1月21日 (金)
会場 PGI
住所 東京都港区東麻布2-3-4 TKBビル3F
▼詳細ページ
https://capa.getnavi.jp/pickup/211123izu/

 

ショーの舞台裏を撮影した ギャビン・ボンド写真展「BACK STAGE」

ギャビン・ボンドは、ニューヨークを拠点とし、ロサンゼルスやロンドンを行き来しながら活動する写真家。
本展ではアメリカのファッション・ランジェリーブランド「ヴィクトリアズ・シークレット」のセクシーなショーなどの舞台裏を撮影したシリーズ「BACK STAGE」に焦点を当てた。

会期 2021年11月15日 (月) 〜2022年1月22日 (土)
会場 Art Gallery M84
住所 東京都中央区銀座4-11-3 ウインド銀座ビル5F
▼詳細ページ
https://capa.getnavi.jp/pickup/211115bond/

 

今注目の写真展に行こう!東京で開催中の写真展をピックアップ

東京のおすすめ写真展をピックアップしてご紹介します。新型コロナウイルス感染症の影響もありますが、感染対策にも留意しつつ出かけてみるのはいかがでしょうか?

ミニチュアのような不思議な都市風景を独自の手法で表現した ナガタダイスケ写真展「view from the desktop」


ナガタダイスケさんは、撮影した写真をPC上で拡大し、テクスチャーをなめらかにするなどの処理を施すことで、この独特な表現を実現。写真らしい見え方からは遠ざかりながらも、写真的な要素を残しているという不思議な魅力がある作品だ。

会期 2021年11月26日 (金) 〜12月8日 (水)
会場 エプソンスクエア丸の内 エプサイトギャラリー
住所 東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル1F
▼詳細ページ
https://capa.getnavi.jp/pickup/211126nagata/

 

写真家2人が白と黒の緊張感を美しく描く アキラ・タカウエ&柴田祥写真展「Duo Exhibition 〜contrast〜」

建築士、そして写真家として双方の視点から世界の都市風景・土木建築構造物を撮影しているアキラ・タカウエさんと、青森・津軽地方を中心に自然風景や鉄道風景などを撮影している写真家の柴田祥さんの写真展。

会期 2021年12月1日 (水) 〜9日 (木)
会場 CO-CO PHOTO SALON (ココフォトサロン)
住所 東京都中央区銀座3-11-14 ルート銀座ビル4F
▼詳細ページ
https://capa.getnavi.jp/pickup/211201coco/

 

キヤノンのラグビーチームに密着、迫力の写真で魅力を伝える「横浜キヤノンイーグルス写真展2021 Photo by Takahito Mizutani」

水谷たかひとさんは、同チームのオフィシャルフォトグラファーとして2012年から撮影を行ってきた。本展では、大きな節目を前に行われた2021年シーズンのキヤノンイーグルスの戦いや、新リーグに向けて始動した横浜キヤノンイーグルスの練習風景を捉えた写真約50点を展示する。

会期 2021年11月10日 (水) ~12月10日 (金)
会場 キヤノンオープンギャラリー2
住所 東京都港区港南2-16-6 キヤノンSタワー2F
▼詳細ページ
https://capa.getnavi.jp/pickup/211110mizutani/

 

ノスタルジックな尾道の風景が旅情をかき立てる 大浦タケシ写真展「Now and then ─1984_Onomichi─」

予定も立てず尾道へ向かい、カメラバッグの中のモノクロフィルム全15本を撮り切るまで滞在した37年前の大浦さんの記録。ノスタルジックな風景に、旅情をかき立てられる写真展だ。

会期 2021年11月24日 (水) ~12月6日 (月)
会場 ケンコー・トキナーギャラリー
住所 東京都中野区中野5-68-10 KT中野ビル2F
▼詳細ページ
https://capa.getnavi.jp/pickup/211124ohura/

 

日本の“生産と消費”をひとつの空間に混成させた 土田ヒロミ写真展「ウロボロスのゆくえ」

作品はシリーズごとに4×5判のポジとネガのフィルムで撮り分けられており、その色の特徴を生かしたデジタルプリントで仕上げた。展示数は約160点に及ぶ。生産と消費、その独特なイメージが一つの空間に浮かび上がる。

会期 2021年11月29日 (月) ~2022年1月17日 (月)
会場 キヤノンギャラリー S
住所 東京都港区港南2-16-6 キヤノンSタワー2F
▼詳細ページ
https://capa.getnavi.jp/pickup/211129tsuchida/

 

世界中にコレクターを持つ写真家・井津建郎の活動50周年記念展「もののあはれ」

井津さんは世界の聖地やアンコール遺跡などを被写体に選び、多くの作品を制作してきた。14×20インチの大判カメラで撮影し、独自のプリント技法で生み出された作品は美しく、圧倒的な存在感を持つ作品ばかりだ。

会期 2021年11月24日 (木) 〜2022年1月21日 (金)
会場 PGI
住所 東京都港区東麻布2-3-4 TKBビル3F
▼詳細ページ
https://capa.getnavi.jp/pickup/211123izu/

 

ショーの舞台裏を撮影した ギャビン・ボンド写真展「BACK STAGE」

ギャビン・ボンドは、ニューヨークを拠点とし、ロサンゼルスやロンドンを行き来しながら活動する写真家。
本展ではアメリカのファッション・ランジェリーブランド「ヴィクトリアズ・シークレット」のセクシーなショーなどの舞台裏を撮影したシリーズ「BACK STAGE」に焦点を当てた。

会期 2021年11月15日 (月) 〜2022年1月22日 (土)
会場 Art Gallery M84
住所 東京都中央区銀座4-11-3 ウインド銀座ビル5F
▼詳細ページ
https://capa.getnavi.jp/pickup/211115bond/

 

バッグに入る超小型からグンと伸びる! カメラとスマホ両対応のスタンド「Coleman マルチスタンド ロング」

ハクバ写真産業は、Velbon (ベルボン) とアウトドアブランド Coleman (コールマン) のコラボレーションによるロングスタンド「Coleman マルチスタンド ロング」を発売した。価格はオープンで、参考価格は7,980円 (税込)。

Coleman マルチスタンド ロング

 

ポール先端をひねって伸ばすウルトラロックを採用した6段のスタンドで、縮長は345mmとコンパクトながら、全高1540mmまで伸ばすことができる。

Coleman マルチスタンド ロング

 

グリップ径は36mmとなっており、ポールと脚部はメタル製で、強度と安定性を高めるステーを装備する。不用意にスタンドが開かないようにストッパー機構も備えられている。

Coleman マルチスタンド ロング

 

カメラネジ付きの一体型ティルト雲台を装備し、軽量カメラやLEDなどのアクセサリーをセットすることが可能。推奨積載質量は500g。

Coleman マルチスタンド ロング

 

縦・横対応のスマートフォンホルダーが付属する。

Coleman マルチスタンド ロング

Velbon Coleman マルチスタンド ロング 主な仕様

全高 1540mm
縮長 345mm
段数 6段
脚径 24 / 20.7 / 18.3 / 15.9 / 13.5 / 11.1mm
グリップ径 36mm
質量 565g
推奨積載質量 500g
雲台 一体型 (ティルトヘッド 上下方向のみ)
付属品  スマートフォンホルダー

4か所から出し入れOK、スリングやダッフルバッグにもなるバックパック「PL マルチローダー バックパック M」

ヴァイテックイメージングが、Manfrotto (マンフロット)「PRO Light」コレクションのカメラバックパック「マルチローダー バックパック M」を2021年11月24日に発売しました。希望小売価格は43,750円 (税込)。

PL マルチローダー バックパック M

 

「PRO Light」コレクションは、写真撮影と動画撮影の両方を考慮し、機材の保護性能にこだわったシリーズ。最新の衝撃吸収システムを本体や仕切りに採用しています。「マルチローダー バックパック M」は、3通りの持ち方、4か所からの機材の出し入れが可能です。

PL マルチローダー バックパック M

 

ハーネスとストラップの組み合わせ方次第で、バックパック、スリングバッグ、ダッフルバッグの3通りで使うことができます。

PL マルチローダー バックパック M

 

開口部は、大きく開くフロント、素早い取り出しに便利な両サイド、トップの計4か所が設けられています。メインコンパートメントにはTSAロックで施錠が可能。

PL マルチローダー バックパック M

 

望遠レンズと縦位置グリップを装着した一眼カメラ、交換レンズ3本、ストロボなどを収納できます。

PL マルチローダー バックパック M

 

内部には、薄手でも衝撃吸収性に優れる高密度EVA発泡体のパッドを利用した「M-Guard」を採用。EVAは、ポリエチレンよりも軽量で柔軟性・弾力性に優れ、環境にも優しい素材です。さらに、底面は粘弾性メモリーフォーム「SAS-TEC」で補強し衝撃吸収特性もアップ。仕切りのレイアウトはカスタマイズ可能なので、機材を保護しつつ効率的に収納できます。

PL マルチローダー バックパック M

 

ノートPCは15インチまで収納可能。

PL マルチローダー バックパック M

 

サイドとフロントに、三脚や小型ライティングスタンドを固定できる取り付け用ストラップが設けられています。

PL マルチローダー バックパック M

 

肩と腰に荷重を分散するハーネスシステムには、通気性の高いEVAメッシュパネルを採用。ショルダーストラップやウエストベルト、チェストベルトなど、すべて長さ調節が可能なので長時間の移動も快適です。雨と直射日光の両方から中身を守る「DuoFaceカバー」が付属します。

PL マルチローダー バックパック M

PL マルチローダー バックパック M PL マルチローダー バックパック M PL マルチローダー バックパック M PL マルチローダー バックパック M PL マルチローダー バックパック M PL マルチローダー バックパック M PL マルチローダー バックパック M

Manfrotto PRO Light マルチローダー バックパック M 主な仕様

品番 MB PL2-BP-ML-M
カラー ブラック
外寸 H54×W35.5×D26cm
内寸 H47×W26×D15.5cm
重量 2.16kg
材質 ナイロン、合成繊維

 

〈文〉佐藤陽子

元人気YouTuber・にじみんをマッハ佐藤が激撮したDVD発売イベント開催! 当日は撮影会も

女優、コスプレイヤー、グラビアアイドルとして活躍中の元・人気YouTuber「にじみん」こと宮越虹海さんのDVD『にじみんまみれ』発売記念イベントが、2021年12月4日にソフマップAKIBAで開催される。

にじみんまみれ

 

『にじみんまみれ』は竹書房Greenレーベルから発売中だ。Amazonの売れ筋ランキングおよび新着ランキングでも4位になるなど健闘中。このDVDは山岸伸カメラマンのアシスタントでもあるマッハ佐藤さんが撮影監督を務めていることにも注目したい。「ぜひ、彼女とマッハを応援してやってください」と山岸さん。

DVD発売記念イベントは、12月4日 (土) 16時よりソフマップAKIBA パソコン・デジタル館で行われる。当日は撮影会も開催。にじみんに会いにいこう!

なお、イベントの参加にはDVDを購入する必要がある。申し込みはWEBサイトより。

イベント内容

■参加特典
サイン入りDVDジャケットお渡し (購入枚数分) + 水着個人撮影タイム

■2枚購入特典
参加特典 + 水着2ショットチェキ + 2着目水着個人撮影タイム

■3枚購入特典
2枚購入特典 + 2着目水着2ショットチェキ + 私物サイン1点 + 一言動画メッセージ

宮越虹海『にじみんまみれ』DVD発売記念イベント 概要

日時 2021年12月4日 (土) 16:00~17:00
会場 ソフマップAKIBA パソコン・デジタル館8F
定員 50名
参加方法 対象商品をパスマーケットにて購入または予約した人に先着でイベント参加券を配布。参加券が余った場合は会場にて当日受付あり。
申し込み WEBサイトより
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/024c267k25121.html

問い合わせ 竹書房 (TEL 03-3234-6381)

 

 

〈文〉稲葉利二

最大3万円キャッシュバック! フルサイズミラーレス「SIGMA fp」シリーズとレンズがこの冬お得

シグマが、フルサイズミラーレスカメラ「SIGMA fp」シリーズと交換レンズの購入者に最大30,000円をキャッシュバックする「SIGMA 60th Anniversary キャッシュバックキャンペーン」を実施しています。

SIGMA fp + 45mm F2.8 DG DN | Contemporary
SIGMA fp

 

キャンペーン期間中、「SIGMA fp」「SIGMA fp L」および対象の交換レンズを購入して応募した全員に30,000円から5,000円がキャッシュバックされます。キャンペーン対象購入期間は2022年1月12日まで。

対象製品とキャッシュバック金額は以下のとおり。

■30,000円キャッシュバック

■20,000円キャッシュバック

■10,000円キャッシュバック

■5,000円キャッシュバック

SIGMA 60th Anniversary キャッシュバックキャンペーン 概要

購入期間
2021年10月28日 (木) ~2022年1月12日 (水)

応募締切
2022年1月18日 (火) 消印有効

応募方法
応募専用封筒に必要書類を貼付して送付する。応募専用封筒はWEBサイトよりダウンロード可能。

問い合わせ
SIGMA 60th Anniversaryキャッシュバックキャンペーン事務局
TEL 0120-746-406
(10:00〜18:00 / 土・日・祝日・12月30日~1月3日を除く2022年2月18日まで)

キャンペーンサイト
https://www.sigma-global.com/jp/news/2021/10/19/16898/

 

〈文〉佐藤陽子

コンパクトに持ち運べる軽量で簡単操作の三脚「Velbon ファミリー三脚 EX-444 II」

ハクバ写真産業は、Velbon (ベルボン) のファミリー三脚「EX-444 II」を発売した。価格はオープンで、参考価格は5,980円 (税込)。

Velbonファミリー三脚 EX-444 II

 

ファミリー三脚EXシリーズの中型モデルで、軽量なズームレンズを装着したミラーレスカメラに適したサイズの4段三脚。補強ステーにより開脚時の剛性を高め、確実な安定感を得ることができる。

伸縮比の高い4段EXパイプの採用により、全高は1530mm (エレベーターを含む) ながら縮長は485mmと、50cm以下を実現。コンパクトに持ち運びできる。質量も1290gと軽量で、三脚に不慣れでも扱いやすい。なお、補強ステーがあるためローポジション撮影はできない。

Velbonファミリー三脚 EX-444 II

 

脚の伸縮操作はレバーロック式。エレベーターはクランクハンドルによるギヤ式となっている。

Velbonファミリー三脚 EX-444 II

 

三脚の水平がしっかり確認でき、視認性の良い丸型水準器を標準装備する。

Velbonファミリー三脚 EX-444 II

 

一体型の雲台は、カメラの上下・左右・縦位置をそれぞれ独立した操作ができる3Wayタイプで、両側からカメラ台をしっかり支える安定性の高い「両持ち構造」を採用する。

Velbonファミリー三脚 EX-444 II

 

ワンタッチ着脱式クイックシューを搭載し、シュープレートはカメラやレンズ座の形状に合わせて、縦・横どちらの向きでも取り付けることができる。推奨積載質量は1.5kg (脚最大荷重3kg)。キャリングケースが付属する。

Velbonファミリー三脚 EX-444 II

Velbon EX-444 II 主な仕様

全高 1530mm (EV含む)
EVスライド 263mm (ギヤ式)
最低高 455mm (ローポジション不可)
縮長 485mm
段数 4段
脚径 23 / 20 / 17 / 14mm
質量 1290g
推奨積載質量 1.5kg (脚最大荷重3kg)
雲台 一体型 (クイックシュー QB-46)
本体・脚部詳細 丸型水準器、EXパイプ、レバーロック式、ゴム石突
付属品  ケース

こんなモバイルノートPCが欲しかった! クリエイター向け14インチノートPC「raytrek X4-T」をポートレート撮影で使ってみた

サードウェーブのクリエイター向けパソコン raytrek (レイトレック) シリーズから、14インチのモバイルノートPC「raytrek X4-T」が発売された。ハウススタジオで行なったポートレート撮影で、さっそく「raytrek X4-T」の使い心地をチェックしてみた。

raytrek X4-T レビュー

「raytrek X4-T」とは?

raytrek X4-T レビュー

2021年11月18日発売の「raytrek X4-T」は、インテル Core i7-1165G7プロセッサーを採用。14インチの液晶モニターは、sRGBカバー率約99%の広色域をカバーするフルHD液晶で、クリエイティブワークに対応する。16GBメモリ、512GBのNVMe SSD、Thunderbolt 4ポートを搭載と必要十分以上のスペックを搭載したモデルだ。三方向からのヘアライン加工“トリニティ・ストライプ”を天板に施した高級感ある金属製シャーシを採用しており、カラーは Black (ブラック) とRose Gold (ローズゴールド) の2色をラインナップする。

raytrek X4-T レビュー

OS Windows 11 Home64ビット
CPU インテル Core i7-1165G7 (2.80GHz-4.70 GHz/4コア/8スレッド)
グラフィックス インテル Iris Xeグラフィックス(CPU内蔵)
メモリ 16GB LPDDR4 (PC4-25600)
ストレージ 512GB NVMe SSD (M.2スロット 2280)
ディスプレイ : 14.0インチ フルHD 非光沢ワイド液晶 (1920×1080ドット表示)
ディスプレイ色域 sRGBカバー率約99% (sRGB比約100%) / AdobeRGBカバー率約74% (AdobeRGB比約74%)
入出力ポート [USB Type-C] Thunderbolt4 x2 (PD対応充電 / DisplayPort Alt Mode 映像出力) [USB Type-A] USB3.2 Gen2 x1、USB3.2 Gen1 x1、USB2.0 x1
サウンド端子 マイク入力・ヘッドフォン出力 共用端子 x1 (3.5mm Audio Jack / CTIA)
映像出力端子 HDMI1.4a x1
バッテリー リチウムイオンバッテリー (約11.0時間 JEITA 2.0)
本体サイズ 幅323.5×奥行219.5×高さ18.9mm
重量 約1.5kg

→ 詳しい性能を見る

また、同一筐体をベースにした兄弟機として、一般向けノートPC「THIRDWAVE F-14TG」も同時発売。こちらはラピスブルーと販売台数限定のSAKURA (サクラ)の2色展開となっている。

raytrek X4-T レビュー

14インチノートPCはカメラバッグに収まる手頃なサイズ

スチル撮影がメインのロケでは、カメラ以外にも三脚やストロボ、レフ板など、持ち運ぶ機材は少なくない。それだけに、「カメラバッグに収まるサイズの携帯性に優れたノートPCがあったらいいのに」と思うことは少なくない。もちろん、写真編集に最適なスペックを備えていて欲しい。そんなユーザーのためのノートPCが「raytrek X4-T」だ。

raytrek X4-T レビュー

 

ロケや取材では、画像のチェックやデータの一時保存用など、ノートPCを使う機会が多い。タブレットでは物足りないが、腰を据えて作業する時間も場所もないといった場面で、ノートPCの登場となる。ポートレートの撮影では、モデルとのコミュニケーションツールとして、画像を見せながら撮影するテザー撮影をあえて行なったりすることもある。大画面でピントチェックをしながら撮影するなど、ノートPCが活躍する場面は意外と多いのだ。

raytrek X4-T レビュー

 

14インチのノートPCは、一般的なカメラバッグならすっぽり収まるサイズ。飛行機を使って移動するようなロケの場合には、空港の保安検査場で必ずノートPCを毎回取り出すことになるため、携帯しやすいだけでなく、バッグからすぐに取り出せるサイズというのはありがたい。

raytrek X4-T レビュー

 

raytrek X4-T」はクリエイター向けのノートPCながら、14インチとコンパクトなサイズになっている。実はこのサイズ、raytrekのノートPCでは最小クラスで、初めて投入されるサイズだ。RAW現像・レタッチパソコンとしてラインナップされている15.6インチディスプレイの「raytrek R5-TA6 写真&動画編集向けモデル」、パワーとモビリティを両立して快適な創作環境を実現する17.3インチディスプレイの「raytrek R7-TA」などがあり、いずれも性能の高さは十分すぎるほどだが、どちらも重さ2kgを超えるノートPCであり、自宅で使用する分には気にならないが、撮影機材と一緒に持ち歩きするのは、少々重く感じるかもしれない。「raytrek X4-T」はモニターサイズが小さいこともあって、重量約1.5kg。そんな点もメリットの一つだ。

大画面の外付けモニターとしても使える

raytrek X4-T レビュー

シャッター音の小さいミラーレスカメラとズームレンズを使った撮影では、どんな風に撮られているのかがモデルに伝わりにくく、なかなか撮影のリズムに乗りにくい。そこで撮影開始直後には、「こんなふうに撮れているよ」と撮った画像を見せるのが手っ取り早い。「raytrek X4-T」は、ほぼリアルタイムでサクサク画像が表示されるので、撮影のリズムを乱されるようなこともない。ちょっとしたことだが、それだけで撮影の意図を的確に伝えることができ、モデルの表情もどんどん良くなっていく。

raytrek X4-T レビュー

raytrek X4-T レビュー raytrek X4-T レビュー raytrek X4-T レビュー raytrek X4-T レビュー raytrek X4-T レビュー raytrek X4-T レビュー raytrek X4-T レビュー

 

テザー撮影では、7インチの外部モニターを使っている人も多いが、画像の大きさの差は歴然だ。スリムベゼルの「raytrek X4-T」なら、14インチのモニターで撮影しながら画像をチェックすることができるので、効率的に撮影が進められる。しかもsRGBカバー率が約99%と広色域のモニターなので、色味の確認もほぼ問題なくできてしまう。動画撮影をするわけではないと割り切れば、フルHDの解像度で十分。反射を抑えたノングレア液晶も視認性が高い。

raytrek X4-T レビュー

 

撮影後の画像セレクトとチェックでも、14インチあればモデルと並んで画面を見るのも問題ないサイズ。画像を拡大して見るピントチェックや大量の画像の読み出しもストレスなくでき、効率化が図れそうだ。

raytrek X4-T レビュー

撮影後の編集作業でも小さすぎると感じることはない

データのバックアップは欠かせない作業だが、できればスタジオを出る前に済ませたい作業でもある。いつまでもカメラの中にデータを置いておくのは、フィルムを入れっぱなしにしているようで落ち着かない。カードリーダー搭載のドッキングステーションでデータを外部ストレージのSSDに保存した。「raytrek X4-T」は、USB Type-CのThunderbolt 4を2基搭載する。約400カット (9.82GB) の画像をコピーするのにかかった時間は、5分程度。転送時間は接続するデバイスやケーブルによっても変わるが、機材の片付けをしながらあっという間に終えることができた。

raytrek X4-T レビュー

 

肌の調子を整えるといったような簡単なレタッチなど、「Adobe Photoshop Lightroom Classic」だけでできてしまうことも増えてきた。とはいえ、レイヤーが必要な画像編集は「Adobe Photoshop」で行う必要がある。いずれにしても「raytrek X4-T」ならマシンパワーを気にせずサクッと作業できる。設定画面を見ると、モニターの細かい設定ができないので、キャリブレーションをキチンとやっておく必要はあるが、sRGBのほぼ全部をカバーしているので、仕上がりに近い印象で確認できる。

raytrek X4-T レビュー

 

いくつかのカットで、RAW現像も試してみた。ここではRAW現像に「Adobe Photoshop」を使ったので、「Adobe Bridge」も利用した。手の込んだ編集作業を撮影現場ですることは少ないが、編集者に仕上がりイメージを伝えたい場合や先に送ったJPEG画像で構成を決めてもらっている間に、先行して作業を進めることはある。早い段階で色味やトーンの方向性がある程度決まれば、その後の作業はずっと楽になる。それも信頼できるモニターのクオリティがあってこそだ。2画面で比較する場合でも画面が小さいと感じることはなく、作業を待たされることもないので、作業効率も上がりそうだ。

raytrek X4-T レビュー

オンライン会議でも使える!

オンライン会議が増えたこともあって、ノートPCを選ぶときにはWEBカメラのクオリティを気にする人も多い。「raytrek X4-T」には、HD画質のWEBカメラがモニター上部に搭載されているので、心配は無用だ。セレクトした画像データを送って、編集部と打ち合わせをしてみたたが、画質的にまったく問題なかった。

raytrek X4-T レビュー

「raytrek X4-T」の基本性能をおさらい

raytrek X4-T」は、OSにWindows 11 Home 64ビットを搭載。CPUにはIntel Core i7-1165G7を採用する。またIntel Iris XeグラフィックスをCPU内蔵で搭載し、メモリは16GB、ストレージには512GBのNVMe SSDを採用。「Adobe Photoshop Lightroom」の推奨システム構成を満たしている。複雑なレタッチが必要なら、デスクトップPCに作業を引き継げばいいわけだ。ノートPCの性能アップは、効率化にも大きく貢献してくれる。

※VRAMの設定によって変動する場合があります。
※Windows 11の場合、Adobe Photoshop、Bridge、Illustratorにて互換性の問題によりUIの不具合がでる可能性があります。
※Windows 11の場合はAdobe CC 2022をインストール必須。

入出力ポートは、USB Type-CのThunderbolt4 ×2 (PD対応充電 / DisplayPort Alt Mode 映像出力)、さらにUSB Type-AのUSB3.2 Gen2 ×1とUSB3.2 Gen1 ×1、USB2.0 ×1を搭載。マイク入力・ヘッドフォン出力共用端子 ×1 (3.5mmオーディオジャック) とHDMI映像出力端子 (1.4a) ×1を搭載する。

raytrek X4-T レビュー
本体右側面
raytrek X4-T レビュー
本体左側面

 

クリエイター向けのPCとして、唯一不満を感じたのがカードスロット。microSDのスロットしかないため、デジタルカメラでもっとも多く採用されているSDカードを含めて、データの読み出しにカードリーダーが必要になる。

raytrek X4-T レビュー

 

キーボードは、JIS規格準拠のキー配列と19mmの十分なキーピッチを確保。キーストロークがやや深めだ。撮影の合間にするメールチェックやネット検索は日常的な作業だし、外出先で原稿を書いたり記事を校正することもちょくちょくあるので、しっかり押し応えのあるタイピングができるのはありがたい。キーボードにはLEDバックライトが付いており、暗い場所でも文字が見やすいというのも便利だ。

raytrek X4-T レビュー

 

バッテリーはリチウムイオンバッテリーを搭載する。駆動時間は約11時間で、1日程度のロケなら、こまめに電源のオンオフを繰り返す必要はない。カメラマンにとっては不足のない駆動時間だろう。約1.5kgの重量は、14インチのノートPCとしては軽い方でないものの、それだけ容量の大きいバッテリーを搭載していると思うと納得できる。

raytrek X4-T レビュー

セキュリティにも死角なし

タッチパッド左上には、Windows Hello (指紋認証) に対応した指紋センサーが搭載されている。指先を軽く置くだけで、パスワードを入力することなくログインすることができるというものだ。発売前の製品など、モノによっては見られたくない画像もあったりするので、セキュリティは強固でありながら、簡単にアクセスできるのは何かと便利だ。

raytrek X4-T レビュー

 

また、本体左側にWEBカメラとマイクのスイッチが設けられている。物理的にオン / オフすることができるので、確実だ。

raytrek X4-T レビュー

撮影から編集作業までを一台で! 一貫した作業をこなせる「写真編集も普段使いもできるノートPC」

14インチの「raytrek X4-T」は、一言で言えば「写真編集も普段使いもできるノートPC」だ。外部モニター代わりにもなるし、データの保存やレタッチ作業もできる。14インチという手頃なサイズは、フルスペックの大きくて重いノートPCとは違って、外出時に手軽に持ち運べ、メールのチェックやオンライン会議も好きなところでできる。スペックを抑えたとはいえ、クリエイター向けのraytrekシリーズだけに、カメラマンが必要とする機能・性能はしっかり押さえられている。また、Thunderbolt 4のポートはケーブル1本で、多くの機器に接続可能だ。4ポートを搭載し、持ち運ぶ機材を減らすことにも貢献してくれる。タブレットよりも扱いやすいモバイルノートPC。デスクトップのサブ機として、撮影の現場でも大いに活躍してくれそうだ。

raytrek X4-T レビュー

■「raytrek X4-T」の詳しい性能はこちらをチェック!

→ Black
→ Rose Gold

 

〈協力〉株式会社サードウェーブ
〈モデル〉相澤菜々子 (アイズ)